タグ:コガタスズメバチ ( 4 ) タグの人気記事

■ スズメバチにご用心!   14.9.7

雨が降ったりやんだりの曇り空、また季節は秋にすすんだのか。

この夏の猛暑の影響もあるのか、スズメバチが大発生?園内の各所に「ハチに注意!」の掲示が掲げられている。とくにヤブカラシの花には、スズメバチが吸蜜にやってくる虫を狩ろうと、ブンブン飛びまわっているので要注意です。
ハチ自身が吸蜜をしている時は撮影のチャンスだが、いつこちらを敵視して攻撃に転じるかわからないので、恐る恐るカメラを向けています。「良い子は真似をしないように!」


キイロスズメバチ?   14.8.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/800,F4.5
e0070891_17404994.jpg



コガタスズメバチ?   〃   〃 1/850,F5.6
e0070891_17442525.jpg
e0070891_17443396.jpg
e0070891_17444370.jpg



オオスズメバチ?   9.2   〃 1/640,F8
e0070891_1749463.jpg
        コガタスズメバチとオオスズメバチの識別は、現場で 「大きい!」と感じるかどうか、で決めているので
        いいかげんです。
[PR]
by higirinikki | 2014-09-07 17:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ リョウブの花   13.6.23

今日は田んぼグループ「やとに会」の作業日。一体となった2グループと一緒に「草取り」作業。はびこったコナギの除去に精出して、「炊き出し」のおにぎりと「谷戸鍋」で腹一杯になった。

おとといの雨中の散策、「もみじ広場」のリョウブの白い花が満開で綺麗だった。お目当てのトラフシジミはいなかったが、アオスジアゲハと怖いスズメバチがいた。


リョウブの白い花   13.6.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/240,F5
e0070891_22393360.jpg
        ちょっと白がトビ気味だが、雰囲気は綺麗でしょ。


アオスジアゲハ
e0070891_22533267.jpg
        雨が降っていても花粉だか蜜だかを求めてやってきた、のだろうか。


スズメバチ
e0070891_22553957.jpg
e0070891_22561394.jpg
        この日は、ほかの小さな虫や蝶は来ていなかったが、
        ふだんなら、小さな虫を狩りに来る怖いハチがブンブン飛んでいる。
        この日ハ「コガタスズメバチ」が獲物を探して飛びまわっていた。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-23 22:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ハチ3種   09.8.23   (コガタスズメバチ、クロアナバチ、オオハラナガツチバチ)

今日は朝晩にお仕事。昼間は休養としました。高校野球決勝は、日本文理高ー中京高、と決まりました。

19日の散策からです。そろそろ在庫写真がなくなりそうです。


コガタスズメバチ   09.8.19   PENTAX K20D 100mm/macro ISO800 1/640,F8
e0070891_17301657.jpg
        ヤブガラシの花の上を行ったり来たり。
        吸蜜ではなく狩りに?さすがに正面顔は怖くて撮れませんでした。


クロアナバチ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_17335013.jpg
        「小谷戸屋」横の花壇を超スピードで飛びまわっているハチ。
        やっと写しとめたのは、黒い毛が特徴のクロアナバチでした。


オオハラナガツチバチ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_17363139.jpg
        古民家裏庭のハッカの花を撮影しているところにやってきたハチは?
        腹の長さが特徴のハチです。
[PR]
by higirinikki | 2009-08-23 17:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ヤブガラシに集まるハチ 2種   07.7.17

中越地方に無情の雨が降っているという。
大地震がいつどこで起きても不思議はない、活断層とプレートの沈み込み帯に囲まれた傷だらけの日本列島。首都直下型地震や東海・東南海地震がいつまでも襲わないでくれることを願うのみです。

舞岡公園では草刈りを受けない垣などで、ヤブガラシの花が盛りです。甘い蜜に誘われて小さい虫が集まってきます。その虫を狩りに来る虫もいます。
きのうの散策で「きざはしの谷戸」の垣で二種のハチを見つけました。


コガタスズメバチ   07.7.16   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO400 1/250,F8
e0070891_2029485.jpg
        やや小型で黒い腹・まぎれもないスズメバチ顔、のハチが
        何度もヤブガラシの花に舞い戻っては花の上を歩き回っていました。
        黒いカメラボディに襲ってこないように、イボタの葉陰からレンズを向けました。

        「怖いもの見たさ」の性分なのでしょうか、スズメバチの仲間をとりあげてきました。
         オオスズメバチの狩り  06.6.5
         05.9.26  スズメバチにご注意!   (キイロスズメバチ)
        ウツギの花に集まるイチモンジチョウほか  06.5.25   (ヒメスズメバチ)



キバネオオベッコウ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_20435733.jpg
        隣りのヤブガラシには見慣れぬ黄色いハチが忙しく飛びまわっていました。
        帰宅後、画像を確認したらカメムシも吸蜜中でした。
        このハチは、昔の名前でいうと「ベッコウバチ」でした。
[PR]
by higirinikki | 2007-07-17 20:47 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)