タグ:コセンダングサ ( 9 ) タグの人気記事

■ 草の実   12.11.25   (ニラ、コセンダングサ、コスモス)

予報通りの晴天に、ただ気温が低く寒い。

10年近く、散策に出て写真撮影を続けているのに、いつも、あまり狙いを定めて被写体を探すのではなく、行き当たりばったり、出会った被写体を撮影している。もうすこしの努力で、質の高いブログになったり、写真展を開けるのだろうが、いまさら性分は変えられないと諦めている。

今日の3枚も、行き当たりばったりの収穫です。


ニラ   12.11.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm 1/30,F8
e0070891_18133623.jpg
        忘れていたら、果実がこぼれ始めてしまっていた。

       おすすめ過去記事


コセンダングサ   11.22   〃    1/450,F8
e0070891_18163274.jpg
        うっかり、足を踏み込めない、典型的な「くっつき虫」。

       おすすめ過去記事

コスモス   〃   〃    1/420,F9
e0070891_18174124.jpg
        先日、この小さな実を啄みにマヒワの大群がやってきていた(らしい)。

       おすすめ過去記事
[PR]
by higirinikki | 2012-11-25 18:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 秋が来た   11.10.12   (コスモス、柿の葉、コセンダングサ)

暑くなく寒くもない穏やかな秋が来た。3日続きの外出だったので、午前中はごろごろ。
3時頃、軽い運動のつもりで散策に。秋らしい光景に出会った。


コスモス   11.10.12   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/200,F8
e0070891_2134973.jpg
        狐久保の畑の際、近隣の小学校の1年生が種を撒いたコスモス。
        真夏の暑さがおわった途端に元気になって、ピンクや色とりどりの花が満開になっています。


柿の葉   〃   〃   1/80,F8
e0070891_21413027.jpg
        「きざはしの谷戸」の向かい、園路際の柿の木の葉が紅葉しています。
        柿の葉の紅葉は、虫食いの穴や緑色の部分が残っていたり、遠目でもわかります。


コセンダングサ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_2138624.jpg
        「みずき広場」の下に続く斜面にコセンダングサの群落がありました。
        ウラナミシジミが飛びまわっていました。
[PR]
by higirinikki | 2011-10-12 21:46 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 枯草のある風景   10.2.3   (セイタカアワダチソウ、コセンダングサ、イノコヅチ)

今日は「節分」。「恵方巻」とやらいう関西の風習が、商業ベースの宣伝に乗っかって関東地方でも流行っているとか。
イワシの頭を刺したヒイラギの枝を玄関に飾って、豆まきをする「鬼やらい」の習慣を護っているお宅はあるのでしょうか。


枯草のある風景   10.1.26   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/500,F8
e0070891_1834949.jpg
        北門手前の営農田んぼ沿いの園路際に枯草が残っています。
        年に数回の草刈りが行なわれるのですが、最後の草刈りの後に生えた草たちの末路の姿です。


セイタカアワダチソウ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_1871870.jpg


コセンダングサ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_188884.jpg


イノコヅチ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_1893916.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-02-03 18:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 色々の実 (3)   09.10.26   (コセンダングサ、ニラ、イヌホオズキ)

台風20号の前触れでしょうか、風雨が強くなってきました。きのうの疲れをとるには、好都合の悪天候で一日中家にいました。

23日の散策で見つけた「色々の実」のつづきです。


コセンダングサ   09.10.23   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F11
e0070891_18583173.jpg
        セイタカアワダチソウの花と並んでどちらが主役かわからない写真ですが、「日の丸構図」の典型で「ひっつきむし」のトゲをご覧ください。


ニラ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_1921172.jpg
        放射状に広がった花序の先端の実から黒い種子が顔を出していました。


イヌホオズキ   〃   〃    1/100,F8
e0070891_1945791.jpg
e0070891_1951715.jpg
        狐久保の奥の草原、強く草刈りされた縁で、イヌホオズキの花・実を見つけました。
        アメリカイヌホオズキの花序が一点から多数出ているのに対して、
        イヌホオズキでは交互に総状に出ています。数えてみると8本もありました。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-26 19:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 草の実 (6)   08.11.20   (ツルウメモドキ、ゲンノショウコ、コセンダングサ)

冬型の気圧配置がすすんで強めの風が寒いが日向は暖かい一日でした。    今日の散策記録は こちら


ツルウメモドキ   08.11.20   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/20,F8
e0070891_18172323.jpg
        おととい見上げたツルウメモドキの蔓が、2mくらいの高さに下がっていた。
        もう少し接近できたらな。


ゲンノショウコ   〃   〃   1/8,F8
e0070891_18201088.jpg
        古民家裏庭で群生していたゲンノショウコ。「喧嘩神輿」状態になっていた。


コセンダングサ   11.18   〃   1/45,F11
e0070891_18233091.jpg
        寒さがきつくなってきた季節、ベニシジミがじっととまっていた。
[PR]
by higirinikki | 2008-11-20 18:26 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ひっつき虫の花   07.9.14

ひさしぶりの青空、買い物に出ました。
きのうの散策では「ひっつき虫の花」が目につきました。


オナモミ   07.9.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F11
e0070891_18271039.jpg


コセンダングサ   〃   〃   1/30,F11
e0070891_1829463.jpg


アメリカセンダングサ   〃   〃   1/30,F11
e0070891_18303520.jpg


        “虫”になった姿は、こちらをご覧ください。
        ひっつきむし  06.10.30
        ひっつきむし Ⅱ  06.11.21
[PR]
by higirinikki | 2007-09-14 18:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 野の草  07.6.24

朝は晴れていたのに、昼過ぎから雨があ降り始めました。

見慣れた野の草たちです。


ワルナスビ   07.6.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F5.6
e0070891_2145380.jpg


コセンダングサ   〃   1/500,F5.6
e0070891_2153067.jpg


ウラジロチチコグサ   6.19   1/750,F4.5
e0070891_18555450.jpg


ケキツネノボタン   〃   1/750,F4.5
e0070891_18592131.jpg


トウバナ   〃   1/250,F6.7
e0070891_1952395.jpg


ウマノミツバ   〃   1/10,F11
e0070891_1962325.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-06-24 19:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

ひっつきむし  06.10.30

e0070891_1854079.jpg
たくさんの棒の先に、逆向きの棘がいっぱいついた二本の槍が伸びていますね。
「ひっつき」の原理がこれで判ります。
これは、10.19に取り上げた「コセンダングサ」の、花後の若い実を部分拡大したものです。


コセンダングサの実
e0070891_1893424.jpg
撮影データ 06.10.29 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8


シロノセンダングサ   同上 1/250,F5.6
e0070891_18122074.jpg
5枚の花弁が夕日を受けて透けてみえます。コセンダングサに花弁が伸びているのが、シロノセンダングサだとそうです。だから、実もよく似ています。
e0070891_18152162.jpg


アメリカセンダングサの実   06.10.26  1/180,F8
e0070891_1816257.jpg
上の2種に比べて、実の幅が広いですね。
[PR]
by higirinikki | 2006-10-30 18:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(14)

センダングサの仲間  06.10.19

外観がよく似た草、実はひっつきむし。この時期、それぞれに合った場所で繁茂していました。
どこが違うか、ようやくわかるようになりました。

シロノセンダングサ   06.10.19撮影 PENTAXistDs 100mm/macro
                       ISO200 1/350,F8
e0070891_1832108.jpg
やや湿り気のある道ばたや河原に生える1年草。9~10月、黄色の頭花をつける。
頭花は直径1cmほどで、ふつう外側に5個の舌状花があり、中心部に筒状花が集まっている。この白い花が見わけるポイント。


コセンダングサ   06.10.17撮影 ISO800 1/3000,F4
e0070891_18313559.jpg
原産地不明だが、明治時代に日本に入ってきた、という。花期は9~11月。
頭花には舌状花がなく、筒状花だけでできているので、花の最盛期でも目立たない。


アメリカセンダングサ   06.10.18撮影 ISO200 1/180,F8
e0070891_18332761.jpg
北アメリカ原産の1年草。川のそばや田んぼのふちなど、湿った所に多い。花期は9~10月。
頭花は黄色で、舌状花はあるが、ごく小さいのであまり目立たない。
頭花は葉のように見える総苞片に囲まれている。ここが、コセンダングサと見わけるポイント。
茎も暗紫色を帯びるので、さらに見わけやすい。
[PR]
by higirinikki | 2006-10-19 19:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)