タグ:コバネイナゴ ( 2 ) タグの人気記事

■ バッタの仲間3種   10.8.15   (コバネイナゴ、ショウリョウバッタ、ツユムシ)

南房総から帰宅したあとは疲れで外出は思いもやらず。高校野球TV観戦で癒す。

11日の散策で出会ったバッタの仲間です。


コバネイナゴ   10.8.15   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/200,F8
e0070891_107473.jpg
        「稲の子」というくらいですから、稲作の渡来とともに日本に渡って来たのでしょうか?
        ネットの網目もものともせず出入り自由です。
        幼い感じのする固体でした。


ショウリョウバッタ   〃   〃   1/50,F8
e0070891_10184940.jpg
        こちらも幼い感じがします。
        旧盆の頃よく見られるので「精霊」バッタと呼ばれるのだそうです。
        そういえば、旅先の「楽馬荘」の庭でも歩く足先から飛び立っていました。


ツユムシ幼虫?   〃   〃   1/40,F8
e0070891_1022892.jpg
        ススキの葉のあいだにいました。
        異様に長く見える触覚と肢を持て余すかのように、長々と伸ばしていました。
[PR]
by higirinikki | 2010-08-15 23:02 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 子孫を残せたかな?   07.11.14

今日も「小春日和」のおだやかな日でした。
先週の散策で見つけた虫たちの行動シーンを忘れないうちに紹介しておきます。


ツマグロヒョウモン   07.11.8   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_190528.jpg
        秋になって雌雄の遭遇接近シーンをよく見ていたツマグロヒョウモン、
        この日、一番田んぼの畦で交接しているところを初めて見ました。
        幼虫で越冬するのでしょうか?


ベッコウバエ   11.5   〃   1/20,F6.7
e0070891_1952780.jpg
        オニフスベの破片と思われる物に、飴色をしたハチに見えるペアを見つけました。
        前に見たことがあったのですが、名前を思い出せませんでした。
        帰宅後、やっとベッコウバエであることが判明しました。


コバネイナゴ   〃   〃   1/125,F87
e0070891_199778.jpg
        営農畑の近くで見つけました。
        上にいるのが♂ですよね。何だか微笑ましいシーンではありませんか?
[PR]
by higirinikki | 2007-11-14 19:11 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)