タグ:コンボウヤセバチ ( 6 ) タグの人気記事

■ ハチの仲間   14.9.30   (ベッコウアメバチモドキ、コンボウヤセバチ、オオフタオビドロバチ)

今日で9月はおわり。まだまだ「残暑厳しき折柄」という常套句が通用するのでしょうか。
ほぼ2カ月ぶりに高校同窓会のWEB委員会に出席してきました。東京の昼はほんとに暑かったです。

きのうの「虫の目」散策で出会ったハチの仲間です。上の2種は、ほんとに小さく動きが速く、動体視力(?)を駆使して追いかけないとすぐに見失いそうでした。


ベッコウアメバチモドキ   14.9.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/26,F8
e0070891_216191.jpg



コンボウヤセバチ ♀   〃   〃   1/200,F8
e0070891_2181535.jpg



オオフタオビドロバチ   〃   〃   1/1500,F8
e0070891_218598.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-09-30 21:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ コンボウヤセバチ ♀   14.8.17

暑い日が続いている。3時半からの小谷戸の里の会議にむけて、早目に家を出て少しでも観察しようという気力も湧かない。それでも念のためコンデジを持って行ったので、珍しい被写体に出会って時間を気にしながら撮影したのが、今日の画像です。

6年ぶりに出会った 「コンボウヤセバチ ♀」 です。7.22に紹介した 「ヒメコンボウヤセバチ ♀」 とくらべて、産卵管が長いこと!


コンボウヤセバチ ♀   14.8.17   FinePix F200EXR 6.4-32mm(trimming) ISO400 1/160,F3.3
e0070891_21381197.jpg
        北門脇のダミーの電信柱に開いた小さな穴を覗き込む小さなハチがいました。
        長い産卵管にピントを合わせて撮影するのは難しいですよ!
[PR]
by higirinikki | 2014-08-17 21:39 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ヒメコンボウヤセバチ   14.7.22

ほぼ平年なみ時期に「梅雨明け宣言」が出た。2日続けて散策したので、今日はお休み。

きのうは、ヤブカラシの花が咲き始めた藪で小さな虫を探した。ごく小さな虫がヤブカラシの花から吸蜜していた。


ヒメコンボウヤセバチ ♀   14.7.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/280,F8
e0070891_1815819.jpg
e0070891_18154083.jpg
        長い腹と、その先にある産卵管、それに長い後肢。よく見ると不思議な造形をしています。
        それには、それなりの理由があるのでしょう。

        立ち枯れた木の中にある虫の幼虫を探し出してこの産卵管を突き刺し、産卵・寄生させるのだそうです。


ヒメコンボウヤセバチ ♂   〃   〃   1/300,F8
e0070891_1813324.jpg
e0070891_18132658.jpg
        ♂ですから、当然、産卵管はありません。


        「ヒメ」(小さい) という名称がついているからには、「オオ」(大きい) という名称の 「(オオ)コンボウヤセバチ」 もいます。

コンボウヤセバチ ♀   08.8.29   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/500,F8
e0070891_18195695.jpg
        産卵管が長いですね。
[PR]
by higirinikki | 2014-07-22 18:14 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハチ3種   10.8.4   (アオスジハナバチ、コンボウヤセバチ、ジガバチ)

猛暑日つづきで、散策に出る気がおきず。在庫写真もいよいよ底を尽きそうです。
「毎日更新」の体裁を繕うばかりです。


ルリモンハナバチ →  アオスジハナバチ   10.7.23   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_1519986.jpg
        ワルナスビの花をとびまわるハチがいました。腹部が瑠璃色に光っていました。
        もっと綺麗に撮りたかったのですが、うまく向きを変えてくれませんでした。


コンボウヤセバチ   7.6   〃   1/160,F8
e0070891_15232295.jpg
        腹部が棍棒のような形をしています。
        ♀ にはさらに細長い産卵管がついているはずですが、この個体にはないので ♂ です。


ジガバチ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_15271494.jpg
        細長い腹部に黄色い縞があるジガバチ、飛翔中を撮りたいのですが、
        撮れるのは、いつもこんな写真ばかりです。
[PR]
by higirinikki | 2010-08-04 23:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ヒヨドリバナに来た虫   09.9.20   (キンケハラナガツチバチ、クロベッコウハナアブ、ほか)

5連休の二日目、きれいな秋晴れの爽やかな日。

ヒヨドリバナが咲き始めました。蜜が豊富なのでしょうか、いろいろな虫がやってきます。
その虫を狙ってスズメバチまでやってくる人気の花です。その花に来ていた虫の一部です。


キンケハラナガツチバチ   09.9.17   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_18285134.jpg
       胸・腹が金色に輝くハチ、ぶんぶん飛んでいても刺されることはなさそうです。


クロベッコウハナアブ   〃   〃   1/50,F8
e0070891_18322542.jpg
        あまり見かけないハナアブです。本当は背中側から撮ると紋様がよくわかるのですが。


コンボウヤセバチ   9.20   〃 (trimming)   1/500,F8
e0070891_18344722.jpg
e0070891_18351271.jpg
        腹も針も長い、こと。真横・真上から同一平面上に撮らないと、全体像を正確に表わすことができません。
[PR]
by higirinikki | 2009-09-20 18:39 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ハチ   08.8.29   (コンボウヤセバチ、クロアナバチ)

ひどい大雨のニュースに釘付けになりました。当地は暖湿気流の通り道のようです。
最近見つけたハチです。


コンボウヤセバチ   08.8.27   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F9.5
e0070891_18195695.jpg
        「きざはし谷戸」の木柵の影を小さな虫が忙しく飛んでいました。
        3年ぶりに再会した「コンボウヤセバチ」です。

        ハチ目 コンボウヤセバチ科
        大きさ 14-20mm
        時 期 5-8月
        分 布 北海道・本州・四国

        狩りバチなどの幼虫に卵を産みつける寄生バチの仲間だそうです。
        写真のような立ち枯れの中にいる幼虫を、まずは、触角で確かめます。
        そして、産卵管を差し込んでその幼虫に卵を生み付けるのです。
        という説明の通り、写真の個体は産卵管を持った♀です。


クロアナバチ   8.22   〃 ISO400 1/750,F5.6
e0070891_1827348.jpg
        園路南端のヤブガラシの花でいそがしく吸蜜している黒いハチを見つけました。

        ハチ目 アナバチ科
        大きさ 23-33mm
        分 布 北海道・本州・四国・九州

        ツユムシやクダマキモドキなどの大型バッタを専門に狩る狩り蜂。
        獲物に毒針で麻酔をかけ、穴に運んで産卵する。
        孵化した幼虫はバッタを食べ、成長する。
        成虫は花の蜜を吸います。特に、ヤブガラシの花が好きなようです。
[PR]
by higirinikki | 2008-08-29 18:32 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)