タグ:ゴウソ ( 2 ) タグの人気記事

■ 水際の草   09.5.11   (ゴウソ、イグサ、ハリイ)

今日は大きなマスクをつけて都心にお出かけ。暑い街中を歩いてきました。
谷戸の田んぼの水際には都会では見られない草が見られます。
いちおう都会のはずれで育った私、中学校の周辺には田んぼがあったのですが、こんな草には縁がありませんでした。


ゴウソ   09.5.5   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/100,F8
e0070891_20583140.jpg
        別名「鯛釣菅(タイツリスゲ)」というそうです。
        田んぼ脇の水路際で見つけました。釣り上げられた鯛を思わせる姿ですね。


イグサ   5.9   〃   1/250,F8
e0070891_21289.jpg
e0070891_2122289.jpg
        畳表になるイグサとは別物でしょうが、細い葉がいっぱい群がっています。


ハリイ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_2151469.jpg
e0070891_2145731.jpg
        22盤田んぼの脇の水路際にあるところを、事務所のKoさんに教えてもらいました。
        去年は、古民家横のビオトープで育っているところを撮影していました。
        名前の通り、針のように細いイグサの仲間です。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-11 21:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 水辺の草 (3)   08.7.19   (ヒメガマ、ゴウソ、オニスゲ)

いやー暑い、部屋の寒暖計が33℃を超えていました。それに追い討ちをかけるかのように、ご近所の公園のスピーカーから流れてくる「夏祭り」の大音響。
「水辺の草」シリーズ最終回です。


ヒメガマ   08.7.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_17465278.jpg
        ガマと似ているのですが、ご覧のように雄花の穂と雌花の穂の間が離れていることと、
        その穂もガマよりほっそりしています。

        「宮田池」の浅瀬に群生しています。

ゴウソ   〃   〃    1/180,F8
e0070891_17495749.jpg
        長い柄の先に太い小穂がぶらさがった姿から「タイツリスゲ(鯛釣菅)」ともいう。
        田んぼの畦や水辺に生える多年草。高さ40~70cm、葉は幅4~6mm。
        花期は5~6月、茎の先には雄花が集まった小穂がつき、その下に雌花の小穂が1~3個つく。

        20番田んぼ付近の園路側の流れの縁で、雌花の小穂が茶色く実ってぶらさがっていました。


オニスゲ   〃   〃    1/90,F8
e0070891_1753169.jpg
        水辺や湿地に生える多年草。高さは20~50cm、葉は幅4~8mm。
        花期は5~6月。茎の先に雄花が集まった線形の小穂が1個つき、
        その下に雌花の小穂がつく。雌小穂はふつう2個が接近してつく。
        果期には果実を包む果胞がふくらむ。

        6番田んぼの山側の流れの縁に群生していて、果実が膨らんでいました。
[PR]
by higirinikki | 2008-07-19 18:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)