タグ:ゴマダラチョウ ( 5 ) タグの人気記事

■ 熟柿に集まる虫   13.9.19   (アカボシゴマダラ、ゴマダラチョウ、スズメバチ)

まだ爽やかな秋空が続いている。3日間連続の散策で見つけた光景です。

熟した柿の実が落ちて甘い匂いを漂わせている木の下に見られる光景、なかなかの被写体が揃っています。
ブンブン羽音高く飛ぶスズメバチのすぐ傍でカメラを構えています。


アカボシゴマダラ   13.9.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/58,F8
e0070891_20394898.jpg
e0070891_2040490.jpg
e0070891_20402182.jpg
        甘い匂いに誘われたのか、どこから集まったのかと思うほど沢山のアカボシゴマダラが乱舞しています。
        熟柿の汁を吸おうというのか、黄色いストローが伸びています。

        ひとつの実に2頭がいたり、私のシャツにとまる個体まであらわれました。


ゴマダラチョウ   9.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/420,F8
e0070891_20502978.jpg
e0070891_20491558.jpg
e0070891_20494081.jpg
        驚いたことにアカボシゴマダラと生息環境を同じくするゴマダラチョウまでやってきました。
        はては、アカボシゴマダラと「仲良く」吸汁する仕末。 追っ払えよ!


コガタスズメバチ?   〃   〃   1/200,F8
e0070891_20564320.jpg
        チョウを撮影している目の前をブンブン飛んでいるスズメバチ。
        柿の実にやってくる虫を狩ろうというのか、あるいは、自分も甘い汁を吸おうというのか。
        ちょっかいを出さない限りは、こちらを襲うそぶりは見せない。
        が、これだけ接近するのは覚悟がいることだった。
[PR]
by higirinikki | 2013-09-19 21:00 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ また、きょうのチョウは?   11.6.7   (ゴマダラチョウ、オオミズアオ)

午前中は小谷戸の里で会議、午後は歯医者。4時過ぎに暗くなるまで散策。
ゼフには会えなかったが、また大型のチョウ、蛾に出会った。


ゴマダラチョウ   11.6.7   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/40,F8
e0070891_18343112.jpg
e0070891_18344571.jpg
        下草の上に白黒模様のチョウが翅を広げていました。
        翅を立てないかといじってみたが、広げたまま飛ぼうともしない。
        当公園では、アカボシゴマダラと共存しているようです。


オオミズアオ   〃   〃   1/40,F8
e0070891_18382144.jpg
e0070891_1838405.jpg
e0070891_1839350.jpg
        ご覧のように目の高さの位置の枝先に大型のガがついています。
        「なにか不自然だな」と思ったら、近くで羽化したばかりの個体を誰かがここに移したらしい。


        追記  蝶と蛾の違い
        蝶と蛾は同じ「鱗翅目」の仲間です。見かけの違いで一発で説明することはできないようです。
        分類学上で蝶と蛾を区別するには、「科」で分けることになる。
        セセリチョウ科、アゲハチョウ科、シロチョウ科、シジミチョウ科、シジミタテハ科、タテハチョウ科に
        属するものを「蝶」と呼び、そのほかを「蛾」と呼びます。
[PR]
by higirinikki | 2011-06-07 18:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 犬も歩けば・・・   09.5.21   (ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ、アカシジミ)

4日連続の散策。5月の風が気持ちよい。
「虫の目」を凝らしてゆっくりと歩く。「犬」ではないが、幸運の女神もいるものです。


ゴマダラチョウ   09.5.21   PENTAX K20D 100mm/macro ISO800 1/500,F8
e0070891_16465038.jpg
e0070891_1647633.jpg
e0070891_16472151.jpg
        山側の田んぼの畦道を歩く。目の前のヤマグワの葉っぱに白黒のチョウがじっとしている。
        アカボシゴマダラと生存競争をしているゴマダラチョウです。
        この後、隣りのエノキの大木に沿って舞い上がり、細い枝にとまって産卵活動を繰り返していた。


アカボシゴマダラ   〃   〃(trimming)   1/4000,F8
e0070891_16505598.jpg
        そのアカボシゴマダラの♀の春型がスイースイーと高い空を飛んでいた。


アカシジミ   〃   〃   1/30,F11
e0070891_1653117.jpg
        おととい見つけたアカシジミ、園路沿いの藪の低い位置で見つけました。こんな所で?と思われる場所です。
        羽化に失敗したのでしょうか、誰かに襲われたのか、翅が傷んでいます。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-21 16:55 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ゴマダラチョウ 今年も健在なり   08.7.30   (アカボシゴマダラ、ゴマダラチョウ)

この Blog で何度も取り上げている 「アカボシゴマダラ」 の夏型 ♀ を目撃しました。


アカボシゴマダラ   08.7.30   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_18583061.jpg
        アカボシゴマダラが、放蝶マニアと呼ばれる人によって神奈川県南部に放たれて繁殖域を広げている
        困った 「外来種」 であることは、この Blog で何回か取り上げてきました。
        05.9.12  アカボシゴマダラ-外来種について

        困らされている被害者は 「ゴマダラチョウ」 です。


ゴマダラチョウ   7.26   〃   1/90,F8
e0070891_1954870.jpg
        4日前の散策での今年初見の 「ゴマダラチョウ」 です。
        なぜ、こまっているのかは 05.12.21  ゴマダラチョウ幼虫 → アカボシゴマダラの幼虫 でも説明していますが、
        幼虫の食草が「エノキ」の葉で競合すること、そしてアカボシゴマダラの幼虫が
        ゴマダラチョウの幼虫を排除してしまう、ことにあります。

産卵するゴマダラチョウ   7.30   〃   1/690,F8
e0070891_19121145.jpg
e0070891_19123590.jpg
e0070891_191302.jpg
        今日30日の散策でエノキの葉に産卵するゴマダラチョウを撮影しました。
        この木にアカボシゴマダラが産卵することなく、ゴマダラチョウの成虫が飛び立てることを祈りましょう。

        去年の記事です ゴマダラチョウ健在なり!   07.8.9

        (追加説明)
        卵は手前の葉の後方・青緑色の玉が、今産み付けられた卵です。
        その他のつぶつぶは、思うに葉についた虫こぶ、おそらく「エノキハイボフシ」でしょう。
        フジダニの一種によって葉に形成される袋状のえいで、葉表に不規則な形に突出します。
[PR]
by higirinikki | 2008-07-30 19:16 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

■ ゴマダラチョウ 健在なり!   07.8.9

今日の午前、炎天下の谷戸を散策しました。
収穫いっぱいだったのですが、今日の話題はこれにします。


ゴマダラチョウ   07.8.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/90,F4
e0070891_21403268.jpg
        園内某所を歩いていた時、道の木蔭に動くものの影が見えました。
        エノキの若木の上を黒白まだらの中型のチョウがヒラヒラと飛んでいました。
        葉陰を飛んでは、枝にとまったり葉にお尻を擦りつけたりしています。
        紅い星が見えない、ということはゴマダラチョウ!

        エノキは、ゴマダラチョウとアカボシゴマダラの両方の幼虫の食草です。
        ここに産卵したということは、もしアカボシゴマダラも産卵しているとすれば、
        将来、幼虫同士が角逐を果たさなければならない運命にあります。 
        この辺の経緯は次の記事を参照してください。 05.12.21  ゴマダラチョウ幼虫 → アカボシゴマダラの幼虫


        10日ほど前にも見ています。がんばれ!ゴマダラチョウ!   7.31 1/180,F5.6
e0070891_21532786.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-08-09 21:55 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)