タグ:ゴマフリドクガ ( 4 ) タグの人気記事

■ 冬の蛾   14.3.1   (ハイイロフユハマキ、ゴマフリドクガ幼虫、、)

また寒い冬に戻ってしまった。小谷戸の里では、雛祭りにちなんで甘酒がふるまわれるというのに、来園者が少ない。

3月になればフユシャクの姿も見えなくなるようだ。目をこらして見つけた蛾の仲間です。


ハイイロフユハマキ   14.2.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F5.6
e0070891_22102264.jpg
        この季節に見られるから、一見するとフユシャクの仲間かと思ってしまう。
        かつてはフユシャクモドキと呼ばれたとか。


ゴマフリドクガ幼虫   〃   〃   1/320,F5.6
e0070891_22124643.jpg
        寒さものかわ、動き回っている姿をよく見ます。
        色とりどりのデザインが綺麗です。成虫は見たことがない。


   3.1   〃   1/320,F5.6
e0070891_22142860.jpg
        いつもの山道の木柵で見つけた。
        フユシャクではないようですが、まさかシジミチョウではないでしょうね。
[PR]
by higirinikki | 2014-03-01 22:15 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 木柵にいた虫   12.12.29   (ヒゲナガサシガメ幼虫、ゴマフリドクガ幼虫、)

さすがに大晦日近くなって散策に出るのも気が引ける。家事のこまごましたことを手伝ったりして一日が過ぎた。夕方、あんがい寒くなかったので、庭の草取りをしてさっぱりした。

21日の散策で、木柵にいた虫たちです。寒い中、けっこう幼虫が動いているものです。


ヒゲナガサシガメ幼虫   12.12.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/450,F8
e0070891_20505553.jpg
        見慣れぬ虫でしたが、すっかり「ナナフシ」の仲間と思い込んでいた。
e0070891_20513563.jpg
        散策仲間のKoさんのブログを見てビックリ。「ヒゲナガサシガメ」の幼虫、だとのこと。
        サシガメのイメージとは全く結びつかない姿です。


ゴマフリドクガ幼虫   〃   〃   1/125,F8
e0070891_20563651.jpg
        小さいけれど、綺麗な彩りの毛虫です。
        凍っているのかな?と思ってつついてみたら動きました。
e0070891_2058485.jpg



?蜘蛛   〃   〃   1/200,F8
e0070891_210558.jpg
        こんな所にクモがいるのかな?と思って撮ってはみたものの。
        はなから同定は諦め、画像もよくは見ていなかった。
e0070891_2132690.jpg
        あらためて拡大画像を見てビックリ。
        脱皮?小蜘蛛を捕えて食事している?まさか交接中?
        とにかく、もっと小さな虫を抱え込んでいるようだ。
[PR]
by higirinikki | 2012-12-29 21:06 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 晩秋の虫たち   09.12.3   (ゴマフリドクガ、ウスモンミドリカスミカメ、キクキンウワバ)

今日は夜半からずっと10℃くらいの雨降り冬日。
昨日、一昨日の散策で見た虫たちです。


ゴマフリドクガ 幼虫   09.12.2   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/15,F8
e0070891_17374015.jpg
        「宮田池」に降りて行く山道の柵の上で見つけました。
        こんな薄ら寒い所で繭をつくっているとは。ホントに蛹になって羽化できるのか、観察を続けられるでしょうか。


ウスモンミドリカスミカメ   12.1   〃    1/125,F8
e0070891_1743985.jpg
        散策同行した A さんが見つけました。ハルジオンの花の上に2匹もいました。
        「ここにいるよ」と教えられても見えませんでした。眼鏡を替えなくては、マクロ撮影ができそうにありません。


キクキンウワバ   〃   〃    1/60,F8(strobo)
e0070891_17545225.jpg
        この日お会いしたFさんに「(某所)に行ってみると、ガが見られますよ」と教えられました。
        4時半すぎ、すでに薄暗くなっている建物白壁にとまっていました。
        頭方向からの光線で尾の方が暗く・ボケてしまいました。
[PR]
by higirinikki | 2009-12-03 17:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ イシミカワ   07.11.7

明日は立冬、だから今日は最後の「秋晴れ」の日でした。
「松原越休憩所」上の薮の中で、イシミカワの不思議な色合いをした実が、強い陽射しに輝いていました。
でも、かなり傷んでいました。近くに2種類の虫が吸汁に励んでいたので、原因はこれだと推定しました。


イシミカワ   07.11.7   PENTAXistDs 100mm/macro ISO800 1/750,F8
e0070891_19555353.jpg



ゴマフリドクガ幼虫   〃   〃 (trimming)  1/1000,F8
e0070891_1959245.jpg
        きれいな毛虫がよじ登っていました。
        「綺麗な虫(?)には毒がある」と言うとおり、成虫はドクガです。気をつけなくちゃ。


クサギカメムシ   〃   〃 (trimming)  1/750,F8
e0070891_205167.jpg
        こちらは臭いにおいを発する虫です。
        先日のキバラヘリカメムシほどの鮮やかな色合いはありません。
        地味な模様です。
[PR]
by higirinikki | 2007-11-07 20:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)