タグ:シオヤトンボ ( 3 ) タグの人気記事

■ 春のトンボ   09.5.3   (ヤマサナエ、シオヤトンボ、シオカラトンボ)

きのうの疲れが出て、きょうは「お疲れ休み」としました。
28、29日の散策で出会ったトンボたちです。  またも「虫」ですみません。


ヤマサナエ   09.4.28   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_18515626.jpg


シオヤトンボ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_18533745.jpg


シオカラトンボ   4.29   〃   1/640,F10
e0070891_18545729.jpg


アジアイトトンボ      〃(trimming) 1/250,F10
e0070891_18571942.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-05-03 18:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

ヤマサナエ、シオカラトンボ、シオヤトンボ  07.5.30

今日は一日中、冷たい雨が降ったり止んだりで、散策に出られず。
26日の在庫写真から、トンボ 「ヤマサナエ」 を選びました。
田植えが終るまでは、この三種のトンボだけしか見られないのでしょうか。


ヤマサナエ ♂   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/90,F8
e0070891_198070.jpg
        「舞岡・小川アメニティ」と名づけられた遊歩道が舞岡谷戸に入って続く舞岡川源流沿いの道を、
        縄張りにしているらしいヤマサナエが、休憩中とみえてじっくりと撮影させてくれました。
        「里山の水辺」を生息場所とし、飛ぶ時は早いがよくとまる、と図鑑の説明。その通りでした。。
e0070891_19262277.jpg
        ビックリしないでください。目玉に接近してみました。



シオカラトンボ  ♂   5.8   1/350,F8
e0070891_19162921.jpg
        長久保で撮影しました。
        「ムギワラトンボ」と呼ばれる色合いのトンボは、成長途上の♂か成長しきった♀のどちらかです。
        この個体は、ムギワラ色からシオカラ色にかわりつつある♂です。



シオヤトンボ ♂   5.8   1/500,F8
e0070891_19231325.jpg
        小谷戸の里で撮影しました。
        胸(背中?)の紋様がシオカラトンボと違うので識別できます。
        麦藁色をするのはシオカラトンボと同じです。
[PR]
by higirinikki | 2007-05-30 19:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

ショウジョウトンボ ほか  06.6.30

舞岡公園にはトンボの幼虫ヤゴが成育するのに都合よい田んぼや池が多く、種類はおいて発生数は結構多い。
春早くから飛び始めるシオヤトンボ、ついで飛び始めるシオカラトンボやオオシオカラトンボ、そして真っ赤なショウジョウトンボ。いわゆるムギワラトンボは幼生の雄か成体の雌か、見分けは難しいです。

シオヤトンボ  06.5.25
e0070891_22144487.jpg


シオカラトンボ  06.6.28
e0070891_22342729.jpg


オオシオカラトンボ  05.6.18
e0070891_22173577.jpg


ショウジョウトンボ  06.6.23
e0070891_22191293.jpg

[PR]
by higirinikki | 2006-06-30 22:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)