タグ:シマヘビ ( 4 ) タグの人気記事

■ 生き物 3種   12.8.25   (カイツブリ、シマヘビ、ニホンアマガエル)

母方の叔母の3回忌で、また浅草に行ってきました。わが家の菩提寺とは地下鉄駅を挟んで反対側にあるお寺。ありがたい法話も聴けて、暑い日ではあったが心温まって帰宅しました。

「在庫払底」と言いながら、まだ残っていました。


カイツブリ   12.8.11   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/800,F8
e0070891_2016753.jpg
        先月末、カイツブリが抱卵 記事で紹介しましたが、
        直後「さくらなみ池」の水位が急低下して巣が壊れて、抱卵を中止してしまっていた。
        その後、再抱卵は諦めたようだが、あのツガイはこの日もそのまま池に残っていました。


シマヘビ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_20233432.jpg
        「さくらなみ池」に着いて汗をぬぐっていると、ヘビが水面をすいすいと泳ぐ姿が見えた。
        急いで近寄ると、池から上がって叢に潜り込むシマヘビを撮影できた。


ニホンアマガエル   8.18   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/340,F3.3
e0070891_20275192.jpg
        いつもの山道の柵の上で見つけたカエル。なんで、こんなところにいるのかな?
        目の前にレンズを近づけても動じません。
[PR]
by higirinikki | 2012-08-25 20:29 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(2)

■ 生きとし生けるもの   11.10.23   (シマヘビ、ネコ、タイワンリス)

夜半の雨がやんで昼間は蒸し暑い日になった。
今日の話題は、ちょっと考えさせられたことです。


シマヘビ   11.10.23   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/20,F5.1
e0070891_1984391.jpg
        園内某所で出会ったシーンです。
        シマヘビがアオガエルを呑み込んだばかりだったようで、カメラを向けると後ずさりしながら姿を消していきました。
        じきに冬眠しなければならない身でしょう。犠牲になったカエルも可哀想ですが。


野良猫の収容   〃   〃   1/340,F3
e0070891_22232328.jpg
        公園の周縁部には野良猫が10数匹いる模様です。園内の野生動物への影響も危惧されることです。
        この表示は、駐輪場にある防災倉庫に貼ってありました。
        白い子猫と親猫の姿を目撃したことがあったのですが、その子猫たちを捕えて飼い手を見つけてやり、
        親猫は去勢して放してやろう、ということのようです。
        別の場所では公然と餌をやっている人もいます。人と猫の共生はどうすれば可能なのか、考えさせられます。


タイワンリス   10.13   〃   1/220,F5.1
e0070891_1922412.jpg
        「特定外来生物」として目の敵にしているタイワンリス。人を恐れず「我物顔」で行動しています。
        彼の身にしてみれば「一生懸命に生きている」のですが。
[PR]
by higirinikki | 2011-10-23 19:25 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(2)

■ ヘビ3種   09.9.9   (アオダイショウ、シマヘビ、ヤマカガシ)

気候は一転、10月の涼し(寒)さの一日。

この Blog は「舞岡公園の自然」と謳っています。が、勿論、全分野を網羅しているわけではありません。
爬虫類や両棲類、水棲昆虫などの生物、天文・気象・地学など、まだまだふれていない分野があります。
最近、クモに目を向けたように、これからはもっと視野を広げた散策にも出たいと思います。

その手始めとして、時々は撮影していたヘビについて取り上げたいと思います。

More・・・苦手の読者は、ここまで。平気、と思う方はクリックしてください。
[PR]
by higirinikki | 2009-09-09 17:45 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(4)

ヘビ 3種  06.9.29   (アオダイショウ、ヤマカガシ、シマヘビ)

この時期、全国でスズメバチに襲われて死亡する事故がよく報道されます。散策には気をつけなければ。

舞岡公園には、スズメバチのほかに危険な生き物がいるでしょうか?
以前、「マムシに注意!」という標識が園路際に立っていましたが、実際にマムシに咬まれたとの事故は聞いたことがありません。

きのう28日の散策中、アオダイショウとヤマカガシに出会いました。もう一種、シマヘビに出会ったことがあります。とりあえず、これら3種が園内に生息していることは間違いありません。

アオダイショウ
e0070891_21373684.jpg
撮影データ 06.9.28 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8

「さくらなみ池」傍の高い石垣は、絶好のアオダイショウの冬眠場所で春先の暖かい日には何頭もの個体を見たことがあります。今日は、まだ越冬場所を探しているわけではないと思いますが、この後、石垣の隙間に入っていきました。


ヤマカガシ
e0070891_21453095.jpg
同上  1/125,F8

小谷戸の里・三角山の細い方の道の薮の中に見つけました。実は毒蛇なので注意しないといけないのですが、滅多には咬まれることはなさそうです。


シマヘビ  05.5.24撮影
e0070891_21485237.jpg
今年は出会ってはいないのですが、昨年は何度も見ました。谷戸田の山側の流れの中を泳いでいました。
[PR]
by higirinikki | 2006-09-29 21:53 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(8)