タグ:シンジュサン ( 4 ) タグの人気記事

■ シンジュサン   12.6.14

早くも「梅雨の中休み」? 暑くもなく、爽やかな風が吹く青空の一日。昼前に久しぶりに「ゆっくり散策」に出た。
今日の収穫は、自力発見ではないものの久しぶりの「シンジュサン」。羽化したばかりなのか、繭から抜け出た状態でぶら下がっていた。


シンジュサン   12.6.14   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/25,F8
e0070891_18372746.jpg
        ニガキの枝にぶら下がっている。
        ここからでは、それほど大きくは見えないが、径15cmくらいはあるだろう。

   〃   〃   1/25,F8
e0070891_1841270.jpg
        下から見上げてみると、繭から完全に離れたのかどうかはわからない。
        飛び立つ瞬間を見るには、どのくらいの時間と忍耐が必要なのかはまったくわからない。
        何人かのカメラマンが見上げていたが、みんなどうしたのかな?


        お勉強のために、過去の記事から参考になる写真を集めてみました


シンジュサンの幼虫
e0070891_18544150.jpg
        元の記事  ■ チョウの仲間   08.10.13   (ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、シンジュサン)


シンジュサンの繭
e0070891_1844495.jpg
        元の記事  ■ これはなんだ?   10.11.2


シンジュサン
e0070891_21121954.jpg
        元の記事  ネットにかかる虫・鳥  06.8.25
[PR]
by higirinikki | 2012-06-14 18:51 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ これはなんだ?   10.11.2

今日は爽やかな秋らしい天気でした。

最近の画像から 「これはなんだ?」 と思わせるもの・・虫と植物です。  答えは最下段にあります。


 (1)   10.10.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/15,F8
e0070891_1844495.jpg


 (2)   10.18   〃   1/1250,F8
e0070891_1874455.jpg


 (3)   10.27   〃   1/60,F8
e0070891_1885257.jpg


        おわかりですか?
        (1) 羽化すると巨大な蛾になる 「シンジュサン」 の繭だそうです。このまま越冬します。
        (2) 蜘蛛の卵嚢らしいのですが、親は 「ヤリグモ」 でしょうか?ご存じの方、ご教示を。

             「夏子」さんから、「オナガグモの卵のうかも」とご教示いただきました。
             「ヤリグモ」の卵のうは、本当に槍のように尖っているようです。

        (3) これは、わかります。「ガガイモ」 の実(袋果)ですね。
[PR]
by higirinikki | 2010-11-02 18:16 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ チョウの仲間   08.10.13   (ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、シンジュサン)

いやー、きのうの疲れで目覚めたのが8時半、日本晴れの一日でしたが散策はお休みしました。

9日の「虫の目」散策の成果からの画像です。


ルリタテハ   08.10.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_18464860.jpg
        ひらひら、チョン、ひらひら、チョン。せわしなく飛翔と静止を繰り返し、なかなかうまく撮らせてくれません。


ツマグロヒョウモン♀   〃   〃 ISO400 1/60,F8
e0070891_18503191.jpg
        園路の木蔭からの撮影です。吸蜜しようとしているのでしょうが、静止しているわけではないのです。


シンジュサン幼虫   〃   〃 ISO200 1/125,F8
e0070891_18544150.jpg
        谷戸田奥のクサギに、色鮮やかな芋虫が群生しています。7日に発見して観察を続けています。
        多くの幼虫がモリモリ食べるので、葉がだんだん少なくなっています。
        全部が羽化できるのでしょうか。でも、全部が羽化したら、これも凄い光景になりそうです。
[PR]
by higirinikki | 2008-10-13 19:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

ネットにかかる虫・鳥  06.8.25

舞岡公園・谷戸田のイネの穂が重みで垂れてくるとともに、稲乳を吸うスズメの群れが目につくようになってきた。ほとんどの田んぼにはスズメ除けのネットが張られているが、学習するスズメたちはネットが垂れて低くなった場所に群れとなって集まり、その重みで稲穂の上までネットが下がり稲を存分に啄むことができるようになる。住宅地に囲まれたこの舞岡谷戸の小さな田んぼは、ネットを張らなければスズメの大群に襲われて稲の収穫はほとんど見込めなくなるのだという。

前説が長くなりました。今日の散策では、このネットに絡まって命を落とす生き物もいることを知りました。発見順に紹介します。

シンジュサン
e0070891_21121954.jpg
撮影データ 06.8.25 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8

これほど大型のガが入り込むことはできないはずで、芋虫の時にネットの内側に入り、サナギになり羽化したのでしょう。


オニヤンマ
e0070891_21152688.jpg
獲物を追ってネットを潜ってしまったのでしょう。入った時と同じように、大きな翅ははずみで外に出ることもあるのでしょう。


カブトムシ
e0070891_2117495.jpg
飛んできて肢がネットに絡んでしまったのでしょうか。


カマキリ
e0070891_2118352.jpg
こちらはネットに絡む虫を狙って待っているようでした。


ゴイサギ幼鳥(ホシゴイ)
e0070891_211922100.jpg
夜行鳥ですが昼間ネットを潜って田んぼのドジョウなどを餌にしているようです。人が近づくと慌てて飛び上がってネットに脚を絡めてしまったようです。スタッフが来て、助け出してくれました。よかったね。
[PR]
by higirinikki | 2006-08-25 21:27 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(8)