タグ:ジョロウグモ ( 12 ) タグの人気記事

■ ジョロウグモ (2)   14.10.20

早朝歩きを、毎週日曜日から隔週月曜日にかわってラクになった。去年とちがって残暑期間が短かったので、もう秋の「寒い朝」です。

秋たけなわで、ジョロウグモの ♀ が目立つこと目立つこと。そんな腹の膨らんだ ♀ に、隙あらば交接を狙っている小さな ♂ も目立つ。


ジョロウグモ ♂ 3匹   14.10.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/25,F8
e0070891_18275950.jpg
        ジョロウグモの巣網は、♀ の本網、♂ の小さな網、ゴミ捨て網の3枚。
        ところが、この ♀ には3匹の ♂ が離れ離れの位置にいた。
        普通は、♂ どうしの「闘争」で1匹に淘汰されているはずだが、よほど魅力的な ♀ なのか。
        ♂ の力量が拮抗しているのか、共存しているらしい。


〃 隙を狙う ♂   10.19   〃   1/42,F8
e0070891_18332516.jpg
        大きなコガネムシが網にかかった ♀、糸を繰り出して絡め取ろうと悪戦苦闘中です。
        その傍に小さな ♂ がいました。獲物に夢中の ♀ に、隙を見て抱き付こうとしていました。
        よく交接に成功するのは、脱皮中の ♀ の油断を見澄まして懐に入るのだという。
        失敗すると ♀ に喰われてしまう、というのだが。

        この目撃シーンでは、♂ もこわごわ接近して隙を見ているようでした。
        小谷戸の里での会議に行く途中、時間に迫られて最後まで確認できなかったのが心残りでした。


〃 共食い?   10.17   〃   1/37,F8
e0070891_18391813.jpg
        大きな ♀ が同じ網に見えた。
        どう見ても右側の大きな♀が食われているとしか見えない。
        大人の ♀ どうしの争いの結果でしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2014-10-20 18:41 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ジョロウグモ   14.10.15

台風が去って秋晴れの日が続くのかと思いきや、11月中旬の寒い日に。小雨降る中、昼からの大学クラス会に出かけるので、予約投稿です。

10月に入って、腹が大きく膨らんだジョロウグモ♀の姿が目立つ。


巣網を張りなおす   14.10.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/120,F8
e0070891_10132130.jpg
e0070891_10133542.jpg
        台風で吹き飛ばされた巣網を張りなおしていた。
        お尻の先から糸を繰り出して、長い肢で張っているのが見えますか?


交接   10.10   〃   1/220,F8
e0070891_911962.jpg
        いかにも産卵間近の姿で交接していた。
e0070891_10155283.jpg
        近づきすぎて気づかれてしまい、離れてしまった。


獲物 ハラナガツチバチ   10.8   〃   1/240,F8
e0070891_10172168.jpg


獲物 ヒメジャノメ?   10.2   〃   1/160,F8
e0070891_10193342.jpg
        こんなに大きな獲物は見たことがありませんでした。
[PR]
by higirinikki | 2014-10-15 18:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 交接するジョロウグモ   14.9.18

すっかり秋になったかのような乾いた涼しい風が吹く一日。また午前中に3時間近い散策に。

とりあげたい多くの素材の中から、きょうは、日陰の藪や木陰に隙間なく張られた円網に見るジョロウグモの姿を紹介します。


ジョロウグモのペア   14.9.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/60,F8
e0070891_174584.jpg
        大きな♀と、小さな♂が別々の巣を張っています。
        もう1枚、ゴミ捨て場の網もあるのが見えますか。


交接するジョロウグモのペア 1
e0070891_19103557.jpg
e0070891_1911723.jpg
        どういうタイミングで、♂が抱き着くのでしょうか。
        タイミングを外すと♀は♂を襲って食ってしまうとのことです。


交接するジョロウグモのペア 2
e0070891_19144422.jpg
e0070891_1915977.jpg
        十分な態勢になる前に、こちらに気づいた♂が離れてしまいました。


待ち構える 2頭の♂ 
e0070891_19171342.jpg
        ♀の網の隣りに2枚の網があって、中と小の♂がタイミングを見計らっているようです。
[PR]
by higirinikki | 2014-09-18 19:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 大型クモ 3種   14.8.18   (ジョロウグモ、ナガコガネグモ、オオシロカネグモ)

青空が戻って暑さもいちだんと。早朝歩きで疲れ切ってしまい、終日在宅。
去年のような夏バテにならないように休養、栄養の摂取に気をつけよう。

最近の散策で出会った大型クモです。暑い中、大型の餌の摂取で成長がすすんでいるようです。


ジョロウグモ   14.8.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/250,F8
e0070891_1845717.jpg
e0070891_1846469.jpg
        腹側、背中側からの画像です。
        蜘蛛の糸で絡め捕られている虫は何でしょうね。


オオシロカネグモ   8.13   〃   1/40,F8
e0070891_18514150.jpg
e0070891_1852461.jpg
        背中側の腹の紋様が綺麗なクモです。
        ふつうは水平に網を張るようですが、この2枚では縦に張られていました。

ナガコガネグモ   8.17   FinePixF200 EXR 6.4-32mm ISO100 1/120,F9
e0070891_18572027.jpg
        こちらの捕まった虫はイナゴのようです。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-18 18:57 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ クモ 3種   13.10.19   (コガタコガネグモ、ジョロウグモ、クサグモ)

終日、今にも雨が落ちそうだった。所用があって千葉市のはずれまで遠征。乗り物に乗っている時間が往復で6時間、疲れました。

草木が色づいて葉が落ちそうになると、大型クモが目につく。


コガタコガネグモ   13.10.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/90,F8
e0070891_18212940.jpg
e0070891_18215325.jpg
        長久保のカラタチの垣に、アゲハの幼虫を捜していると。いきなり目の前のクモが落ちてきた。
        ひさしぶりに出会ったコガタコガネグモだった。
        シャッター音に反応したのか、裏返って肢の付け根側も見せてくれた。


ジョロウグモ   10.7   〃   1/210,F5.6
e0070891_18274833.jpg
        ジョロウグモの巣は、♀用、♂用、ゴミ捨て用の3層構造になっていることをご存じでしょうか?
        大きい体の♀、小さい体が♂ですが肢が揃っていませんね。
        ♀に喰われたのかな?
e0070891_18293586.jpg
        クサギカメムシが巣に掛かっている巣が、近くにありました。


クサグモ   9.30   〃   ISO800 1/250,F8
e0070891_18341268.jpg
        北門近くの園路際のヒイラギモクセイの垣に白い筒状のクモの巣がいっぱい張られている。
        そっと近づけば、大きなクモが巣穴の門番のように見張っている。
        人に気づくと、すぐに巣の奥に潜りこんでしまう。
[PR]
by higirinikki | 2013-10-19 18:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ジョロウグモ(女郎蜘蛛)   12.10.11

今日は「気温が上がる」という予報だったが、気持ち良い気候。ちょっと風が強めで、マクロ撮影には厳しい条件だった。

里山のどこも、太ったジョロウグモがいたるところで巣を張っている。ならば、「被写体として撮ってやろう」と探しまくってみました。


ジョロウグモ  背中   12.10.11   FUJIFILM X-S1 ISO400 1/240,F5
e0070891_1875456.jpg
        ヒガンバナを背景に背中側を見せていました。


〃  腹   〃   〃   1/550,F5
e0070891_1893057.jpg
        今日の被写体になっている、大きな腹を見せているのは全部、雌ばかりです。
        雄は近くに網を張っているはずですが、今日は意識して撮影していませんでした。

        雄の習性については、過去記事 でご覧ください。


〃  横から   〃   〃  ISO3200 1/1600,F5
e0070891_18125792.jpg
        哀れ、赤トンボがぐるぐる巻きになっていた。


〃  待ち伏せ?   〃   〃  ISO400 1/17,F8
e0070891_18464398.jpg
        カラタチの枝葉の陰で何をしているのかな?
        網を張らずに、近寄ってきた獲物に糸を吹き付ける?まさか。

        もしかすると、臨月 (?) の雌が産卵に適した場所を探していたのかもしれません。


〃  獲物自慢   〃   〃  ISO400 1/900,F8
e0070891_1814103.jpg
        古民家裏庭で見つけた。トンボやセミ?、小さな虫がいっぱい晒し者になっていた。


〃  この巣を見よ!   〃   〃   1/550,F5
e0070891_18172210.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-10-11 18:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 大型クモ3種   10.8.31   (イオウイロハシリグモ、ナガコガネグモ、ジョロウグモ)

今日も枕言葉の「暑い日でした」で始めましょう。

おとといの朝の散歩で出会った大型のクモたちです。


イオウイロハシリグモ?の脱皮?   10.8.29   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/70,F3.3
e0070891_1823224.jpg
        ロープの下で何か獲物を掴まえているのかと思い、よく確認もせずに撮影してきました。
        拡大表示してみると?獲物ではなくて脱皮した直後かもしれません。
        どなたか教えて!


ナガコガネグモ   〃   〃   1/125,F3.3
e0070891_18285816.jpg
        白い糸でグルグル巻きにされた獲物は何でしょうね?


ジョロウグモ   〃   〃   1/125,F3.3
e0070891_1831913.jpg
        けっこう大きな獲物を抱え込んでいます。何でしょう!
[PR]
by higirinikki | 2010-08-31 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■  大型クモの腹面   09.9.24   (ジョロウグモ、ナガコガネグモ、オオシロカネグモ)

連休明けの木曜日、爽やかな風のやや強めに吹く秋空。
大型クモが目立つようになりました。趣向をかえて、その姿を腹側から眺めてみました


ジョロウグモ   09.9.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/40,F8
e0070891_18191655.jpg
        腹が大きくふくらんだ♀です。


ナガコガネグモ   9.22   FinePix F230EXR 6.4-32mm ISO100 1/200,F3.3
e0070891_18224132.jpg
        こちらも大きく腹を膨らませた♀です。


オオシロカネグモ   9.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/30,F8
e0070891_18251048.jpg

   〃   〃 ISO200 1/13,F8
e0070891_1828316.jpg
        初めてじっくりと撮影しました。上が腹面、下が背面です。性別はわかりません。
[PR]
by higirinikki | 2009-09-24 18:29 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ クモ3種   09.9.3   (チュウガタシロカネクモ、ナガコガネグモ、ジョロウグモ)

今日は曇り空で涼しい。いまにも雨が落ちてきそうな午後に散策に。

大型のクモが目につくこの頃です。


チュウガタシロカネクモ   09.9.3   PENTAX K20D 100mm/macro ISO1600 1/80,F8
e0070891_18263959.jpg
        綺麗な横腹を見せているクモです。背中は名前の通り白銀色なのですが、逃げ回って見せてくれませんでした。


ナガコガネグモ   9.1   〃 ISO400 1/250,F11
e0070891_1829564.jpg
        こちらも腹の背中側には綺麗な模様が見えます。縞々模様が、図鑑写真にくらべてややまばらに見えましたが。
        獲物はシオカラトンボでしょうか。
 

ジョロウグモ   9.3   〃 ISO1600 1/125,F8
e0070891_18305831.jpg
        獲物はカナブンでしょうか。田んぼのネットの内側に網を張っていました。
[PR]
by higirinikki | 2009-09-03 18:32 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ジョロウグモ(女郎蜘蛛)   07.9.15

午前中は小谷戸の里、事務局で月一度のボランティア作業に従事。午後、30℃近い「残暑」の中を散策。
4時近くの斜めの太陽光線に輝く蜘蛛の巣を見つけました。
よく見ると「ジョロウグモの♂♀ペアとゴミ捨て場の三層構造の巣」のようでした。


ジョロウグモ   07.9.15   PENTAXistDs 100mm/macro ISO800 1/350,F5.6
e0070891_20143730.jpg
        長久保の入口にある井戸の傍に巣がありました。
        光っているのが♀、左上にいるのが♂、左上隅にゴミがあるのが見えますか?


05.8.21   谷戸学校で習ったこと   

e0070891_20172418.jpg05.8.21、谷戸学校「自然観察」授業。ジョロウグモの巣は、3層構造で本拠とゴミ捨て場と♂の張った巣から成る、と教わった。♂はうっかり近づくと♀に喰われてしまうので、♀が脱皮して動けない時に素早く交接するのだ、という説明に一同ビックリ。
後日、当日撮影した別個体の写真を点検したところ、まさに交接シーンではないかと思われる写真があることに気づいた。小さい♂らしき個体が抱きつき、そばに脱皮カスがあるように見えるのですが。いかがでしょう?
e0070891_20202333.jpg


        ジョロウグモの記事はこちらにもあります。05.10.10 ジョロウグモ
[PR]
by higirinikki | 2007-09-15 20:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)