タグ:スイカズラ ( 6 ) タグの人気記事

■ カズラ 2種   14.5.24   (スイカズラ、テイカカズラ)

初夏といっていい陽気。蒸し暑くないのがいい。

白い花がいっぱいのカズラ2種。両方が場所をとりあって咲いている光景が素敵だ。


スイカズラ   14.5.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/280,F8
e0070891_1941684.jpg


テイカカズラ   5.17   〃   1/52,F8
e0070891_19424036.jpg


スイカズラとテイカカズラ   5.23   〃   1/58,F8
e0070891_19441643.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-05-24 19:43 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 生薬になります   11.5.27   (ユキノシタ、ドクダミ、スイカズラ)

「何だかはっきりしない日が続くな」と思っていたら、なんと例年より12日も早く「梅雨入り」したとのこと。

お気づきと思いますが、毎日の記事は原則として「三点セット」になるように(こじつけ)しています。
今日の三点は最近の散策で見つけた草花ですが、胸を張って「生薬になります」とこじつけました。


ユキノシタ   11.5.27   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/5,F8
e0070891_17381135.jpg
        上側の3つの花弁にピンクの斑点があるのがユキノシタ、黄色い斑点ならハルユキノシタです。

        開花期の葉を乾燥させたものは虎耳草(こじそう)という生薬で、
        その煎液には利尿、消炎などの効果がある。
        また、葉のしぼり汁は耳だれ、かぶれ、湿疹などに効く。
        とくに子供の引きつけの特効薬とされ、生の葉の絞り汁を口に含ませて用いた。(Wikipediaより)


ドクダミ   5.24   〃   1/400,F8
e0070891_17444989.jpg
        雑草として引き抜こうとする時のいやな臭いが好きではありません。

        生薬として、開花期の地上部を乾燥させたものは生薬名十薬(じゅうやく、重薬とも書く)とされ、
        日本薬局方にも収録されている。
        十薬の煎液には利尿作用、動脈硬化の予防作用などがある。なお臭気はほとんど無い。
        また、湿疹、かぶれなどには、生葉をすり潰したものを貼り付けるとよい。(〃)


スイカズラ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_17483025.jpg
        園内のいろいろな所で白や黄や金色の花が見られます。

        蕾は、金銀花(きんぎんか)という生薬、秋から冬の間の茎葉は、忍冬(にんどう)という生薬で、
        ともに抗菌作用や解熱作用があるとされる。漢方薬としても利用される。
        忍冬の名の由来は、常緑性で冬を通して葉を落とさないから付けられた。(〃)
[PR]
by higirinikki | 2011-05-27 17:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 白い花 (7)   10.5.26   (テイカカズラ、スイカズラ、ドクダミ)

きのう、おとといは「中尊寺、角館、田沢湖、十和田湖、奥入瀬渓流」をめぐる弾丸ツアーに行ってきました。
追々、報告記事を掲載する予定です。

今日は、午後からまた天候悪化が予想されているので、急ぎ足散策にでました。狙いはゼフィルスと呼ばれる小型チョウでしたが、全くの不発におわりました。

野山には新しい白い花が咲き始めていました。


テイカカズラ   10.5.26   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F9
e0070891_18255122.jpg



スイカズラ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_18274011.jpg



ドクダミ   〃   〃   1/80,F9
e0070891_18285018.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-05-26 18:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ ツルに咲く白い花   09.5.15   (テイカカズラ、スイカズラ、コヒルガオ)

午前中は茄子の苗を植え、17日の「まい作品展」への出品作品の仕上げ。
午後、散策に出る。秋のような爽やかな風と気温、アオゲラは無事に抱卵を続けているようです。


テイカカズラ   09.5.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/200,F8
e0070891_18234817.jpg
        駐車場前の道路斜面で早咲き気味で白い花が多く咲き始めています。


スイカズラ   5.15   〃   1/60,F8
e0070891_1827960.jpg
        「上の上屋休憩所」広場の流れの縁でマユミの木に絡んで咲き始めていました。


コヒルガオ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_18341592.jpg
        狐久保の畑に入らせてもらいました。
        刈り残された「雑草」の中に、小さな花を咲かせていました。
        葉の形を見ると、切れ込みがありますから、コヒルガオのようです。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-15 18:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 駐輪場のまわりの花   08.5.21   (テイカカズラ、スイカズラ、ハコネウツギ)

いつも自転車を留める駐輪場の一方は石垣になっています。
今日はひさしぶりの散策、気持ちのよい「五月晴れ」(本来は梅雨の合間の晴れ)、花々が咲き進んでいました。


テイカカズラ   08.5.21   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/20,F8
e0070891_2021322.jpg


スイカズラ   〃   〃   1/30,F9.5
e0070891_2022331.jpg


ハコネウツギ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_20234155.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-05-21 20:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(15)

白い花たち  06.5.26

咲き始めたばかりの株から、すでに満開になって虫たちの饗宴の場になっている株まで、舞岡公園は今、ウツギの花が天下をとっています。
この写真は、きのう紹介した虫たちが集まっていた長久保前の株です。
e0070891_1794850.jpg
撮影データ PENTAXistDs 100mm/macro ISO800 1/1000,F8

園内にはほかにも白い花をつける草木も多く、虫も集まってくることに気づきます。一日一点の紹介では花期がおわってしまうので、一挙公開といきましょう。


e0070891_1715694.jpgスイカズラ

香りのよい花が2つ並んで咲き、白から黄色にかわっていきます。「上の上屋」広場でノイバラに絡んで繁る。

e0070891_1719781.jpgテイカカズラ

巴状にねじれた香りのよい花。やはり白から黄色にかわっていく。駐輪場の石垣で繁栄している。

e0070891_17253673.jpgニセアカシヤ

白い蝶形の花が集まって咲く。北米原産種で街路樹や砂防用に植えられているが、一部野生化しているため「外来生物」排除対象にもなっていると聞く。

e0070891_1730950.jpgエゴノキ

白い花が下向きに咲く。風に揺れ撮影しにくい。果皮は麻酔効果のあるエゴサポニンを含むので、すりつぶして魚とりに使われた、という。

e0070891_17333643.jpgヤマボウシ

樹上の柄の先に十字形の花をつける。公園近くの街路樹にも利用されている。赤い実は食すこともできる。

e0070891_17382575.jpgガマズミ

雄しべが長く突き出た白い小さな花が集まって咲く。赤い果実は甘く熟すと鳥が食べにくる、と図鑑にあるが、この株の実は長く残っている年が多い。

e0070891_17414962.jpgイボタノキ

枝先に筒状の花が集まって咲く。園内では咲き始めたばかりだが、満開になるとアゲハ類が樹上で乱舞する。

[PR]
by higirinikki | 2006-05-26 17:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(20)