タグ:スイバ ( 4 ) タグの人気記事

■ ロゼット   08.2.6

今日は1日中、小雪が降り続く寒い日。
午前中張れていれば久し振りに散策に出るつもりだったが、やめました。

いよいよ在庫が少なくなってきました。今日は同定が不確かなロゼット三種です。
間違っていたら、ぜひご指摘ください。


ゲンノショウコ ? アメリカフウロ   08.1.30   PENTAXistDs 28-200mm 1/350,F8
e0070891_18473696.jpg
        3番田んぼ山側の畦で見つけました。
        葉の形から「ゲンノショウコ」としましたが、正しいでしょうか?
        「はもよう」さんのご指摘とおり、「アメリカフウロ」と訂正します。

オオジシバリ ?   2.1   〃   1/90,F8
e0070891_18504620.jpg
        「堆肥場」の奥の堆肥の山の上に群生している葉です。
        たしか去年の春、オオジシバリの黄色い花がいっぱい咲いていた記憶があるのですが。


スイバ ?   〃   〃   1/90,F8
e0070891_18552220.jpg
        営農田の山側、石垣の下にはこのような赤い葉がいっぱいあります。
        葉のつけねが見えにくいのですが、スイバだと判断しましたが?
[PR]
by higirinikki | 2008-02-06 18:58 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 一年間、ご覧くださりありがとう   07.12.31

大晦日、強い北風が吹きつけています。この一年間の記事全部を見ていました。
「写真で勝負」の気概をもってやってきただけあって、いい写真がいっぱいありました。
ざっと選んだ「お気に入り」の写真をご覧ください。

一年間、ご覧くださりありがとうございました。
来年もよろしくお願いするとともに、読者みなさんのご多幸をお祈り申し上げます。


スイバ
e0070891_13571641.jpg
        草花の中から選ぶのは苦労しましたが、ありふれた「雑草」の花でも仔細にみると
        こんなに綺麗な姿をしていると驚いた思い出深い写真です。


オニグルミの冬芽・葉痕
e0070891_13573475.jpg
        名前は恐ろしいが、この冬芽・葉痕の可愛さはどうでしょうか。


ミドリシジミ
e0070891_1358093.jpg
        瓜久保のハンノキで産卵のため幹を上下するミドリシジミ、バックにハナショウブの花が見えます。


キバラヘリカメムシ
e0070891_13581889.jpg
        今年はニシキギとキバラヘリカメムシの組み合わせ写真をたくさん撮りました。
        大きく trimming していますが、赤い実と黄色いハラ、色々の肢、の組み合わせはいかがでしょう。


カワセミ
e0070891_13584110.jpg
        私の短い望遠レンズでは、鳥の姿を大きく切り取るには至近距離に来てくれることが必要です。
        その滅多にないチャンスをくれたカワセミ君です。
        園路から「小谷戸池」を覗き込んだ目の前の枝にとまってシャッターを何度も押させてくれました。


イヌセンボンタケ
e0070891_1359632.jpg
        絵になるキノコに出会う機会は少ないのですが、このイヌセンボンタケを見つけた時は嬉しかったです。
        図鑑写真としてはセンボン(千本)ないので失格ですが。
[PR]
by higirinikki | 2007-12-31 14:29 | 舞岡公園・その他 | Comments(24)

スイバ  07.5.10

今、園内でよく目にするのがスイバです。花の季節だからなのですが、花をよく見たことがありませんでした。
マクロレンズの特性を生かして、大きくして見ました。


スイバの群生   07.5.8  PENTAXistDs 100mm/macro ISO3200 1/1500,F8
e0070891_20312555.jpg
        「谷戸見の丘」の草原の周辺で群生しています。
        年間を通して、ロゼットで生育するので、刈り取りが行われる場所でのみ生育ができる、のだそうです。
        だから、そういう環境である、あぜ道や路傍、堤防の法面などに生育しているのですね。
        この草原も、撮影して翌日の9日に草刈りをされていました。

        植物体はシュウ酸を含んでいるので、かむと酸っぱい味がしてこの酸っぱさが和名となっています。


雌花   〃  5.8  ISO400 1/350,F8
e0070891_20421397.jpg
        スイバは雌雄異株です。花序の色は朱紅色から緑色で色には幅があるが、多くは朱紅色で目立ちます。
        これは真紅の雌花です。多数に分かれた柱頭が紅色を帯びています。
e0070891_20511024.jpg
        開花がすすんだ花では、薄い煎餅が重なっているように下がっていました。   5.7    ISO200 1/180,F8


雄花   〃  5.7  ISO200 1/250,F8
e0070891_20562596.jpg
        雄花には緑色のものから紅色のものまでがあります。多くの雄蘂と6枚の花弁状のものが見えます。
        開花がすすむと、花弁などは落ちて姿を消すようです。
[PR]
by higirinikki | 2007-05-10 21:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

ロゼット 2種  07.1.29 

今日は曇り、平年並みの気温に戻りました。おととい観察した「みずき広場」の草地で、赤紫色の葉を広げた草を2種見つけました。ロゼットですね。

タンポポ  07.1.27 PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/500,F5.6
e0070891_21193679.jpg
オニタビラコのロゼットもこんな葉をしているようですが、タンポポとみてよいでしょうね。
きのう紹介したように、花を咲かせているタンポポもあります。
どういう理由で2つの道に別れるのでしょうね?


スイバ   〃  1/500,F5.6
e0070891_21212150.jpg
これもスイバでよいのでしょうね。

この2種は地面にへばりつくように、でも太陽の光をいっぱい受けられるように、葉を広げていました。
[PR]
by higirinikki | 2007-01-29 21:26 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)