タグ:スジグロシロチョウ ( 12 ) タグの人気記事

■ 蝶 3種   14.6.15   (アカシジミ、トラフスジミ、モンシロチョウ)

ワールドカップサッカーが開幕した。日本チーム初戦は、日本でのTV観戦時間を配慮してか、現地時間の夜10時にキックオフ、おかげで午前10時から12時までTVの前にいた。結果は言うも愚か。

午後、妻が古民家で紙芝居を子供たちに読んでやるので、一緒に出かけた。終了後に別れて、ミドリシジミを求めて散策に。真昼間にいるわけないか。

お茶濁しの画像3枚です。


アカシジミ   14.6.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/70,F5
e0070891_17375350.jpg
        狐久保の入り口付近にいた。10cmほどに超接近しても動じない。


トラフスジミ   〃   〃   1/950,F8
e0070891_17405057.jpg
        水車小屋付近で飛んでいた。高いネムノキの葉の上、「夏型」を見たぞ!という証拠写真です。


モンシロチョウ→ スジグロシロチョウ   〃   〃   1/75,F8
e0070891_17425263.jpg
        暗い山道で、小さな小さな「ハエドクソウ」の花から吸蜜?
        シジミチョウを追いかけていると、シロチョウの仲間は巨大に見えますね。
[PR]
by higirinikki | 2014-06-15 17:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チョウ 3種   14.4.20   (ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメ、スジグロシロチョウ)

雨が上がったものの寒気が残る曇り日。寒い一日だった。

最近の散策で出会った新鮮個体の春のチョウたちです。


ベニシジミ   14.4.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/750,F8
e0070891_2116799.jpg
        ツマキチョウの観察ポイントには、こちらも大量羽化したベニシジミが飛び交っていた。
        雌雄の出会いもあるのか、追い駆けっこも見られた。

ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   1/550,F8
e0070891_21195793.jpg
        こんなに輝くような新鮮な翅の姿を初めて見た気がする。
        表翅は薄黒く見栄えがしないのだが。

スジグロシロチョウ   4/16   〃   1/680,F8
e0070891_21214327.jpg
        飛んでいる姿はモンシロチョウと、なかなか区別がつかない。
        こちらも新鮮個体でした。
[PR]
by higirinikki | 2014-04-20 21:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 吸水行動をするチョウ   13.6.1   (モンキアゲハ、ナミアゲハ、スジグロシロチョウ)

もう6月、「梅雨の中休み」?、涼しい一日に。なんとなく出そびれて、夕方「ミドリシジミ・ポイント」に行ってみると早くも卍飛びを始めていた。が、位置が高すぎて撮れず。

暑い日には、チョウも水を摂らないといけないのか、ストローで呑んですぐにお尻から出す「ポンピング?」行動をしているシーンに会う。


モンキアゲハ   13.5.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/240,F8
e0070891_17584277.jpg
e0070891_17584794.jpg
        なかなかジッとしてくれないが、いちど集中すると近くに寄って撮らせてくれる。
        こんな水の豊かな水溜りでの行為はみたことがなかった。


ナミアゲハ   5.31   〃(trimming)    ISO1600 1/1400,F8
e0070891_1825758.jpg
e0070891_1821478.jpg
        こちらは田植え目前の田んぼ。水はいくらでも吸い込めそうだ。
        お尻からの水は撮影できなかった。


スジグロシロチョウ   〃   〃   1/2000,F8
e0070891_186175.jpg
        モンシロチョウかと見誤ったが、どちらにせよ珍しいシーン。
        こんなに乾いた道でも水分があるのだろうか?
[PR]
by higirinikki | 2013-06-01 18:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 花と蝶   12.6.30   (スジグロシロチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ)

今日で今年前半もおわり、ますます月日の経つのが早くなる。
高校同窓会のHP充実を目指してWEB委員として参加して1年、今日の午後はその同窓会の総会に出席してきます。

おとといの散策で出会った「花と蝶」です。


ハエドクソウにスジグロシロチョウ   12.6.28   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_13171234.jpg


アカメガシワにヤマトシジミ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_13191617.jpg


ネジバナにベニシジミ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_13215813.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-06-30 18:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ ハルジオンと蝶の仲間   12.5.9   (アオスジアゲハ、スジグロシロチョウ、ホソオビヒゲナガ)

また、今にも雨がおちてきそうな不安定な天気に。個人でできる不動産登記の勉強、なんとかできるといいのだが。

きのうの散策は、マクロレンズによる昆虫撮影に挑戦。なかなか勘が戻らない。


アオスジアゲハ   12.5.8   PENTAX K20 100mm/macro ISO800 1/500,F8
e0070891_2036144.jpg



スジグロシロチョウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_20425517.jpg



ホソオビヒゲナガ ♂   〃   〃   1/80,F8
e0070891_20392043.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-05-09 20:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ よく似た白いチョウ   11.4.20   (モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ツマキチョウ)

風が冷たいが春の陽気に戻った一日、白いチョウを追ったのですがなかなか撮らせてくれません。
最近の収穫はこれだけ、ちょっとさみしいですがご覧ください。


モンシロチョウ   11..4.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_17413993.jpg
        幼虫で越冬して最近羽化したばかり、やや小柄な姿。
        翅の付け根一帯がやや黒っぽく見えます。「春型の雌」です。


スジグロシロチョウ   4.19   〃   1/640,F8
e0070891_17471822.jpg
        飛んでいる時は、一見モンシロチョウと区別しにくいのですが、
        よく見ると黒い筋が見えます。名前のまんまですね。
        これは「春型の雄」でしょうか。


ツマキチョウ ♀   4.14   〃   1/2000,F8
e0070891_17511188.jpg
        上の2種にくらべて小柄ですが、猛スピードで飛んでいくので見分けにくいチョウです。
        「褄が黄色」なのでツマキチョウですが、黄色いのは雄。  11.4.13
        雌はこのように黄色くありません。ので、モンシロチョウかと思ってしまいがちです。
e0070891_17541633.jpg
        翅を閉じて裏側を見せてくれると、「あらら」不思議な模様をしています。
        これで草の間に入ると紛れ込んで見えなくなってしまいます。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-20 17:58 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 春の蝶 (6)   10.5.2   (ジャコウアゲハ、ヤマトシジミ、スジグロシロチョウ)

きのうフィールドでお会いしたFuさん、「今年は蝶が少ないね」。
偶然出会ったジャコウアゲハは別として、ヤマトシジミもスジグロシロチョウもなかなか出会いませんね。


ジャコウアゲハ   10.5.1   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1821690.jpg
        ふだんから、ゆっくりと飛ぶジャコウアゲハですが、いちだんとゆっくりと飛んできて葉にとまりました。
        ジャコウアゲハの特徴である腹部の鮮やかな赤橙色がどぎつく見えます。

        強い陽射しで葉の上に黒い影ができてます。
        ?、翅の形が変です。
e0070891_18252278.jpg
        表翅側を見ると、左の後翅がもぎ取られてしまっているようです。


ヤマトシジミ ♂   〃   〃    1/800,F8
e0070891_18302047.jpg
        今年の初見です。カタバミの黄色い花にとまってくれるのですが、すぐに開翅します。
        表翅の模様で♂とわかります。裏翅を撮影できませんでした。


スジグロシロチョウ ♂   〃   〃    1/800,F8
e0070891_18332943.jpg
        ハルジオンの花にとまったスジグロシロチョウ。表翅の模様で「春型♂」と思われます。
[PR]
by higirinikki | 2010-05-02 18:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 春の蝶 (4)    10.4.9   (モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ)

11日の日曜日までは暖かさが続くという予報。とはいえ、風はまだ冷たくて虫たちが元気に飛びまわるとはいかないようだ。

6日、おおなばの丘では小柄なナミアゲハの飛翔を目撃。キアゲハの交尾もあったそうです。
8日の散策では、ツマキチョウの飛翔を目撃したが、あっという間に飛び去り撮影はできませんでした。


モンシロチョウ ♀    10.4.8   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1600,F8
e0070891_18195936.jpg


スジグロシロチョウ ♂    〃   〃   1/1250,F8
e0070891_18212781.jpg
e0070891_18215425.jpg
        読者のかたから 「雌にしては翅表が白すぎる。雄では?」 とのご指摘をいただきました。
        過去の画像を見ても、これはどう見ても雄でした。訂正いたします。


モンキチョウ 雌    〃   〃   1/1600,F8
e0070891_1823460.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-04-09 18:25 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 小さなチョウたち   09.6.12   (ミドリシジミ、ベニシジミ、スジグロシロチョウ、ほか)

きのうの午後は早くも「梅雨の中休み」。陽射しがでたので散策に。
田んぼのまわりには小さなチョウがいっぱい。

妻から、「せっかくHPに「図鑑」を纏めているのだから、読者の皆さんに紹介してご覧いただいたらどうか」
とのアドバイスをもらいました。  「舞岡公園の昆虫図鑑」  もご覧ください。


ミドリシジミ   09.6.11   PENTAX k20D 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_2102041.jpg
e0070891_2111721.jpg
        違う場所で見つけました。下は、薄いもののオレンジ色が見えるので ♀ のA型です。


モンキチョウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_2142224.jpg


キタキチョウ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_2151156.jpg


ベニシジミ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_2155897.jpg
e0070891_2162037.jpg


ツバメシジミ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_2173497.jpg


スジグロシロチョウ   〃   〃   1/60,F11
e0070891_21105146.jpg
        この腹を持ち上げた姿は、♀の♂に対する「交尾拒否姿勢」です。
        詳しくは、 「スジグロシロチョウの産卵 07.4.28」 をご覧ください。

おまけ   ルリタテハ
e0070891_23585953.jpg
        目の前を黒い物がかすめ飛びました。
        「帽子にルリタテハがとまったよ」。先輩カメラマンのNさんが撮ってくれました。
[PR]
by higirinikki | 2009-06-12 21:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

小型のチョウ4種  07.5.27

今日は、私たちの田んぼの田植えでした。絶好の田植え日和、豊作を祈りながらしっかりと苗を植え込んでいきました。

きのうの散策のもう一つの狙いはチョウでした。しかし、本命のウツギの花に大型のチョウは飛んできませんでした。
草の刈り込みに遭って、ハルジオンなどの花が少なくなってシロツメクサなどの二番成長株に、小型のチョウが吸蜜にきていました。


ヤマトシジミ   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/350,F8
e0070891_18212414.jpg
        オオイヌノフグリは大事な蜜源なのですね。ヤマトシジミの小柄な身体にふさわしい大きさの花です。
        裏翅の模様とチラッと見えるブルーで♂とわかります。


モンキチョウ   〃   1/1000,F8
e0070891_1826753.jpg
        「谷戸見の丘」の少ない花を巡って飛びまわっていました。
        タンポポの花には小さな小さな相客がいました。


スジグロシロチョウ   〃   1/500,F8
e0070891_18311054.jpg
        小谷戸の里、古民家裏庭のイボタノキの花にスジグロシロチョウがせわしなく飛んで吸蜜していました。


ダイミョウセセリ   〃   1/125,F8
e0070891_18343156.jpg
        ハルジオンにとまっているダイミョウセセリの正面に接近しました。
        懸命に吸蜜しているからでしょう、飛び立たずにいてくれました。


おまけ  アカボシゴマダラ(春型)   〃   1/180,F8
e0070891_1842423.jpg
        小谷戸の里の入口近くで、白い中型のチョウがひらひらと飛びかっていました。
        追跡していると、園路に降りて地面に管を突き立てていました。
        こんなに乾燥した地面からも吸収する何かがあるのでしょうか。
        痛ましいほどの翅の傷みよう、婚姻相手を争ったあとでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2007-05-27 18:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)