タグ:センボンヤリ ( 16 ) タグの人気記事

■ 小谷戸の里にて   14.11.8   (コウヤボウキ、センボンヤリ、ヒヨドリジョウゴ)

予報より早く天気が崩れたようだ。順延された「悠々会」ウォーキングは実施さえたのだろうか?

3日の「作品展」の合い間の時間で付近で被写体を捜した。


コウヤボウキ   14.11.3   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/120,F3.3
e0070891_202526.jpg
        今年は見ずにおわるのかなと思っていたコウヤボウキが、「あ、そうだ、ここにあったんだ」という所で咲いていました。


センボンヤリ   〃   〃   1/140,F4.5
e0070891_204466.jpg
        大名行列には、千本槍の行列もあったっけ? 閉鎖花がみんな実を結んでいました。


ヒヨドリジョウゴ   〃   〃   1/210,F3.3
e0070891_206411.jpg
        逆光線で赤い実が透けそうに輝いていました。
[PR]
by higirinikki | 2014-11-08 20:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ センボンヤリ 秋の閉鎖花   14.10.5

台風18号の先駆けの雨の一日。きのうの疲れもあって休養日に。

3日の散策、小谷戸の里の水屋裏で咲くセンボンヤリの穂が広がっていました。
「閉鎖花」と呼ばれる特殊な花と、受粉して結実した閉鎖花が大名行列で槍の穂先に被せた飾りを連想させる。


センボンヤリ   14.10.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/80,F5.6
e0070891_1745810.jpg
        「雑草」の中で花茎をひょろひょろとのばした閉鎖花が見えます。


閉鎖花と冠毛
e0070891_174847.jpg
        広がった冠毛が槍飾りに見えます。


閉鎖花
e0070891_17492122.jpg
         効率よく自家授粉して結実する、そんな戦略が閉鎖花を生み出したのでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2014-10-05 17:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 古民家裏庭にて   14.4.6   (ヒトリシズカ、セントウソウ、センボンヤリ)

一気に3月初めの寒い日に戻ってしまった。午後にはすぐ近くから雷鳴が聞こえてきた。雨が落ちてきたので散策を早々に引き揚げてきた。

2日の急ぎ散策で、古民家裏庭で撮影した小さな草花です。


ヒトリシズカ   14.4.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO200 1/56,F8
e0070891_21594285.jpg


セントウソウ   〃   〃   1/27,F8
e0070891_2205286.jpg


センボンヤリ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_2214168.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-04-06 22:02 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 秋のセンボンヤリ   13.10.20

台風27号の先駆けの雨が強く、弱く降り続いている。午後、小谷戸の里での会議に出席、まるで冬のような寒さの中スタッフが脱穀作業の後始末をしていた。とにかく寒い!

花壇のセンボンヤリが秋の閉鎖花をつけている。


センボンヤリ   13.10.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/140,F8
e0070891_1046037.jpg
        小谷戸の里、水屋裏の花壇で茎を伸ばしている。

        春型の花茎は高さ10cmくらいになり、4-6月頃、白色で裏面が紫色を帯びた径1.5cmの頭花をつける。
        春型の頭花には、縁1列に舌状花がつき、中央には筒状花がつく。
        秋型の花茎は高さ30-60cmになり、花茎には線形の小葉が多数つく。
        秋型の頭花は閉鎖花で筒状花のみからなる。総苞は筒状で長さ15mm程度。
        果実は痩果となり長さ6mm、冠毛は褐色になり、長さは11mmになる。
 (Wikipedia より引用)

        春型の頭花 は、こちら をご覧ください       

〃 秋の閉鎖花
e0070891_10473547.jpg
e0070891_10475418.jpg
        なるほど、花が咲いているのかどうか見えませんね。

〃 秋の果実
e0070891_105138.jpg
        この姿が大名行列の毛槍に似ていることから「センボンヤリ(千本槍)」と命名された、とか。
[PR]
by higirinikki | 2013-10-20 23:36 | Comments(0)

■ 小谷戸の里で (2)   13.8.30   (センボンヤリ、ケイトウ、コマツナギ)

また各地で「猛暑日」に戻ってしまったようだ。異常なくらいの大雨が降った地区もある。いやーな夏です。

きのうの続きです。


センボンヤリ   13.8.24   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/450,F3.3
e0070891_16181518.jpg
        キクに似た花がいつ咲いたか忘れていた。 おっと間違えました。
        これは夏から秋に咲く「閉鎖花」の結実した姿です。それにしては時期が早過ぎる、かも?
        大名行列の槍先の飾り(毛槍)に見えるかな?


ケイトウ   〃   〃   1/420,F3.3
e0070891_16194849.jpg
        「鶏頭」と書くからには、鶏のトサカに見えるのでしょうね。
        よく観察すると細かな花の集まりのようですね。


コマツナギ   〃   〃   ISO400 1/350,F3.3
e0070891_16203062.jpg
        穂先が揃って立ち上がっている様子が面白く再録しました。
[PR]
by higirinikki | 2013-08-30 16:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ センボンヤリ   12.4.12

今日も春らしい日和。その空をうらめしく眺めながら新居の外構の打ち合わせなどで、自由になったのは3時過ぎ。コンデジ片手に10日ぶりくらいに、園内を駆け足散策。「10日見ぬ間のなんとやら」で新しい花を次々に見つけるのだが、じっくりと撮影できず「勝負写真が撮れません。

そんな中から「センボンヤリ」をとりあげます。過去に取り上げた記事が10本あります。下の Tags をクリックしてご覧ください。


センボンヤリ   12.4.12   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/350,F3.3
e0070891_21262848.jpg
e0070891_21264824.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-04-12 21:27 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ キク科の花   11.11.11   (キク、リュウノウギク、センボンヤリ)

今日は、2011年11月11日、1が6つ続く日でした。といっても、特別な意味は感じませんが。
外は12月中旬の寒さでしたが、家の中での忙しい日々は続いています。

まだ在庫写真の中に題材が残っていました。


キク   11.11.4   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/250,F8
e0070891_2124175.jpg
        いわゆる「菊」です。今は、もう満開になっていることと思います。


リュウノウギク   〃   〃   1/25,F8
e0070891_2153138.jpg
        園内某所で咲いています。知らなければ「菊」だと思ってしまうかも。


センボンヤリ   11.1   〃   1/20,F8
e0070891_219438.jpg
        「キク科」とこじつけましたが、厳密には「キク科センボンヤリ科」に属します。
        春にはいかにもキクの仲間を思わせる花が咲くが、秋には、このような閉鎖花をつけます。
        一緒に見えている褐色の冠毛のある実は、大名行列のときの毛槍を思わせるので、
        「千本槍」と命名されたものと思われる。



        (追記)  「舞岡公園で販売された『草木灰』から放射性セシウムが」   ニュースについて
        11日夕方のTVニュースで、このニュースが報じられました。
        詳しい情報が説明されていないので、このニュースを知った読者の方たちにご心配をおかけしているかもしれません。
        この経緯については、「舞岡公園 小谷戸の里」の公式HPのブログに説明されています。
        こちら をご覧ください。
[PR]
by higirinikki | 2011-11-11 21:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 花   11.9.18   (アカバナ、ゲンノショウコ、センボンヤリ)

今日も暑い日、早朝歩きだけで休養日としました。

最近の花、クローズアップです。


アカバナ   11.9.17   FinePix F300EXR 6.4-32mm ISO400 1/450,F3.3
e0070891_18221940.jpg
        いつの間にか、アカバナの花が咲き始めていました。
        風に揺れる花を真上から撮るのは難しいです。


ゲンノショウコ   〃   〃   1/550,F3.3
e0070891_1824494.jpg
        もう、だいぶ前から咲き始めていたゲンノショウコ、白い花が基本でしょうね。

   9.16   〃   1/70,F9
e0070891_18264583.jpg
        最近、園内でも目にするようになった赤い花です。


センボンヤリ   〃   〃   1/100,F3.3
e0070891_18283244.jpg
        春には菊に似た花を咲かせていた株が、秋には「閉鎖花」をつけています。
[PR]
by higirinikki | 2011-09-18 18:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 春の花   11.4.2   (ムラサキケマン、センボンヤリ、シャク)

今日はちょっと歩いただけで汗ばんでくる陽気、桜も開花して公園には熟年男女グループや家族連れで大賑わいでした。
きのうの散策で見つけた春の花です。


ムラサキケマン   11.4.1   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_21112554.jpg
        瓜久保の「前田の丘」登り口の階段脇で一株が先駆けて開花していました。
        ツマキチョウの出現が楽しみです。


センボンヤリ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_2114642.jpg
        小谷戸の里、水屋裏の花壇で一株だけが花穂を伸ばして開花していました。
        周囲の去年の株は、どれも花穂をのばしてはいません。


ヤブニンジン  シャク   〃   〃   1/400,F8
e0070891_21164093.jpg
        古民家の裏山、タチツボスミレの群落の中で白い花を見つけました。
        以前、ヤブジラミと間違えたことがありました。
        地面から数センチもない高さで、小さな小さな花を咲かせます。

        これも間違いでした。シャクと訂正します。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-02 21:19 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の息吹 (6)   10.3.30   (センボンヤリ、ツルカノコソウ、ヤマネコノメソウ)

やっと青空が戻ってきましたが、風は冷たい。桜の花にはまだ厳しい気候のようです。

今日も、これから都心にお出かけしてきます。


センボンヤリ   10.3.30   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_16224726.jpg
        夏には「閉鎖花」で千本槍の実をつけますが、春はこのように白菊のような花が咲きます。


ツルカノコソウ   〃   〃    1/30,F11
e0070891_1625514.jpg
        3日たって、ピンク色の蕾が開いていました。


ネコノメソウ →  ヤマネコノメソウ   〃   〃    1/60,F8
e0070891_16265632.jpg
        茶色い粒々は実でしょうか。勉強不足です。
        あとで、よく見たら葉が互生していましたので、「ヤマネコノメソウ」と訂正いたします。
[PR]
by higirinikki | 2010-03-30 16:28 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)