タグ:タカサブロウ ( 5 ) タグの人気記事

■ 古民家の花   14.8.31   (キツリフネ、タカサブロウ、イシミカワ)

早いもので今日で8月もおわり。すこし青空もあったが、夏バテしないよう休養日に。(田んぼ作業と案山子作りは欠席しました)

きのうの散策から、古民家で咲いていた花たちです。


キツリフネ   14.8.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/75,F4.5
e0070891_198557.jpg
        裏の池にはツリフネソウもあるはずだが、まずキツリフネが目に入りました。


タカサブロウ   〃   〃   1/42,F8
e0070891_19105852.jpg
        いつもなら園路際で目にするのだが、今年は古民家で見つけた。
        アメリカタカサブロウというのもあるそうだが、見分ける「そう果」がまだついていないので、
        どちらかは不明です。

イシミカワ   〃   〃   1/42,F8
e0070891_19125717.jpg

e0070891_19124616.jpg
        先日紹介した蕾が「結実」していた。花の名残りで、口がちょっと開いている。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-31 19:14 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 探していた草花   13.9.22   (タカサブロウ、スズメウリ、ヤブマメ)

台風が去ったあとの晴天は今日まで、ということでキノコを中心に精一杯の探索行。200枚近くの撮影で収穫大だった。整理もたいへんなので、わかりやすいものから取り上げることにします。


アメリカタカサブロウ ?   13.9.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/3000 F8
e0070891_20481765.jpg
        去年まで各所で見られたタカサブロウが、相次ぐ草刈りなどのせいか、今年はどこにも見られなくなっていた。
        やっと、営農田んぼの畔に見つけた。正確には、アメリカタカサブロウの可能性が高い、らしい。
        タカサブロウとの区別はそう果のまわりの翼が無いこと、という。 
        ということは、実がつくまで待たないと判定ができないということか。


スズメウリ   〃   〃   ISO800 1/320 F8
e0070891_20552527.jpg
        こちらも草刈りのせいか、今年になっていくら捜しても見つからなかった。
        「燈台もとくらし」とやら、小谷戸の里の事務所前で見つかった。が、実ができていて、花が見えない。


ヤブマメ   〃   〃   ISO1600 1/900 F5.6
e0070891_2104747.jpg
        こちらは、これからが花期。最初に見つけた花です。
[PR]
by higirinikki | 2013-09-22 21:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 水田雑草   12.9.4   (ヒエ、タカサブロウ、チョウジタデ)

朝方までは雨が降っていたようだが、9時過ぎには曇り空から急激に青空がひろがって、真夏の空になった。
一週間ぶりに長時間の散策に。陽光に曝されて暑いが、さすがに木陰に入れば涼しい。

北門を出て北側には 「営農田んぼ」 が広がる。初めて雑草を引き抜くシーンを見た。稲より先に種子をつける「ヒエ」を抜いているようだった。ヒエは、種子が実ると自然落下するのだが、この田んぼで、いったんそんな事態が起こったら 「さー、たいへん」。翌年、ヒエが生えてきて 「引き抜く手間」 たるや、もう稲作はイヤになってしまうだろう。

この田んぼの畔では、もうふたつの 「水田雑草」 も見られた。


ヒエ抜き   12.9.4   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_1937754.jpg



タカサブロウ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_1938495.jpg
        おすすめ過去記事


チョウジタデ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_19385566.jpg
        おすすめ過去記事
[PR]
by higirinikki | 2012-09-04 19:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 真夏の草花 (4)   09.8.25   (タカサブロウ、ハキダメギク、ヤブマオ)

今日も休養日、乾いた空気の「秋晴れ」の日でした。

きのうの散策から、草刈りされても気づかない草たちです。


タカサブロウ   09.8.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_17354347.jpg
        なにか曰くのありそうな名前、ですね。


ハキダメギク   〃   〃   1/320,F8
e0070891_1738111.jpg
        こちらは、あの牧野富太郎博士が命名したものと承知しています。


ヤブマオ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_17401751.jpg
        「藪麻苧」と書きます。
[PR]
by higirinikki | 2009-08-25 17:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ キク科の花たち   07.9.7

台風9号は昨夜半、強風・大雨をもたらして朝には通過していきました。
舞岡公園に隣接する「舞岡ふるさと村」の営農畑の道端には、キク科の花たちが咲き始めていました。


アキノノゲシ   07.9.4   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_20534243.jpg
        高さ1~2mになる大形の1~2年草。茎の上部に淡いクリーム色の頭花が円錐状に多数つきます。
        頭花は舌状花だけできていて、太陽が出ている時だけ開いて夕方になると閉じてしまいます。


ベニバナボロギク   〃   〃   1/15,F8
e0070891_2115416.jpg
        アフリカ原産の一年草。戦後まもなく九州で気づかれてから北上し、現在は関東地方まで広がっている。
        高さ30~70cm、頭花は下向きに咲き、レンガ色のごく細い筒状花だけでできている。
        実には白い綿毛があり、風で遠くまで運ばれる。


タカサブロウ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_2175648.jpg
        おもしろい名前ですが語源は不明、とのこと。キク科のなかでは少ない葉が対生する。
        高さ20~70cm、葉は長さ3~10cmの按針形でふちには細かい鋸歯があります。
        頭花は直径1cmほどで、外側に白くて細い舌状花がほぼ2列に並び、中心部には淡黄色の筒状花が集まってつきます。
        花だけをクローズアップしましたのでご覧ください。
[PR]
by higirinikki | 2007-09-07 21:14 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)