タグ:ダイミョウセセリ ( 5 ) タグの人気記事

■ オカトラノオとセセリチョウ   12.7.20   (キマダラセセリ、コチャバネセセリ、ほか)

きのうの雨の後、急激に気温が下がって今日は4月下旬の気候になったとか。

おとといの散策では花期のおわりになったオカトラノオの花に、セセリチョウが寄ってきていた。


オカトラノオ   12.7.4   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/100,F8
e0070891_2141153.jpg
        16日も前の咲き始めの頃の画像です。アサギマダラが来ないかな、とずっと期待していたのですが、
        今シーズンは出会いはなさそうです。


キマダラセセリ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_21441770.jpg



コチャバネセセリ   7.18   〃   1/160,F8
e0070891_21461236.jpg



ダイミョウセセリ   〃   〃   1/50,F8
e0070891_21465720.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-07-20 21:48 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハルジオンに集まる虫   09.5.9   (ベッコウハナアブ、ダイミョウセセリ、ヤブキリ)

ようやく低気圧が去って暑さが戻ってきました。
野原にはハルジオンの白い花がいっぱいです。この白い花には蜜か花粉か花弁か蕊か、食料を求める虫たちが多種類やってきます。


ベッコウハナアブ   09.5.5   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_2048539.jpg



ダイミョウセセリ   〃   〃    1/125,F8
e0070891_20501121.jpg



ヤブキリ幼虫   〃   〃    1/125,F8
e0070891_20511478.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-05-09 20:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 花とセセリチョウ   08.9.15   (コチャバネセセリ、イチモンジセセリ、ダイミョウセセリ)

残暑がきついといっても秋の気配がどんどん進んでいます。
野を歩いていると、いろいろの花で吸蜜しているセセリチョウが目立ちます。


コチャバネセセリ (セリ → ニラ   08.9.11   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/350,F5.6
e0070891_20152190.jpg


〃  (ムラサキツメクサ)   〃   〃 ISO200 1/60,F6.7
e0070891_20185761.jpg


〃  (ヤブミョウガ)   9.14   〃 ISO800 1/180,F8
e0070891_20212089.jpg


イチモンジセセリ (ヒナタノイノコズチ)   〃   〃 ISO200 1/250,F8
e0070891_20235291.jpg


〃  (タムラソウ)   9.11   〃 1/90,F8
e0070891_20301188.jpg


ダイミョウセセリ (ツルボ)   〃   〃 1/60,F8
e0070891_20321866.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-09-15 20:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

■ 虫さん、こんにちは   08.5.12  (ダイミョウセセリ、ニホンミツバチ、ジンガサハムシ)

寒い日が続いています。散策もお休みしています。
9日に撮った虫たちに、正面顔を撮ったものがいくつかありました。


ダイミョウセセリ   08.5.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_2073580.jpg
        チョウ目 セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科
        大きさ (前翅長)15-21mm
        時 期 4-10月
        分 布 北海道・本州・四国・九州
        黒地に白帯のあるセセリチョウ。翅を完全に開いてとまることが多い。
        地方によって翅のもように違いがあり、東京付近には白帯がはっきりしない「関東型」が、
        大阪付近には白帯が明瞭な「関西型」が多い。写真は「関東型」。


ニホンミツバチ   〃   〃(trimming)   1/180,F8
e0070891_2075570.jpg
        ハチ目 ミツバチ科
        大きさ (働きバチ)13mm前後
        時 期 3-11月
        分 布 北海道・本州・四国・九州
        最もなじみ深いハチのひとつ。暗茶褐色で、腹部に縞模様がある。
        セイヨウミツバチより全体に黒っぽく、腹部上部はオレンジ色にならない(セイヨウミツバチはオレンジ色)。
        セイヨウミツバチは養蜂のために移入されたものだが、この種類はもともと日本にいたもの。
        木の洞や地中に巣を作る。


ジンガサハムシ   〃   〃(trimming)   1/45,F8
e0070891_2081726.jpg
        甲虫目:ハムシ科
        分 布 北海道,本州,四国,九州
        大きさ 7.2-8.2mm
        食 草 ヒルガオ(ヒルガオ科)


横顔ですが   アオスジアゲハ   〃   〃(trimming)   1/180,F8
e0070891_2132055.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-05-12 20:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ イノコヅチにきた虫たち   07.9.8

「秋」になって園路脇などにイノコヅチが伸びて花が咲き始めています。
瓜久保前の梨畑の垣の下、道に沿って小柄なイノコヅチが並んでいます。
その花に小さな虫たちが飛びまわっていました。


トックリバチ   07.9.7   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/90,F8
e0070891_20125931.jpg
        花は下無向きに咲くのでしょうか、よく見えません。
        細身の小さな黒いハチがくるくると動いていました。
        くびれた胴と黄色い帯、トックリバチでよいでしょうか。


ハナアブ   〃   〃(trimming) 1/60,F8
e0070891_20164458.jpg
        こちらはミツバチかと思いましたが、画像をみるとハナアブのようでした。


ダイミョウセセリ   〃   〃 1/60,F8
e0070891_2019292.jpg
        上の二種にくらべると大きく見えますね。
        後翅に紋様がない、東日本タイプです。
[PR]
by higirinikki | 2007-09-08 20:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)