タグ:チゴザサ ( 6 ) タグの人気記事

■ 夏の草花 (2)   11.7.12   (トウバナ、チゴザサ、フトイ)

今日も暑い日でした。風通しのよい部屋にいれば、クーラー不要の省エネ生活ができます。

8日の散策からです。


トウバナ   11.7.8   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_17314262.jpg
        なぜか今年の初見です。畦草刈りに遭わずに花をいっぱいつけていました。


チゴザサ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_17335764.jpg
        こちらも気づくのが遅すぎました。
        揺れる花を屈んで撮るのに苦労するようになりました。


フトイ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_1736227.jpg
        「宮田池」の水際で蕾が綻び始めてきました。
[PR]
by higirinikki | 2011-07-12 17:37 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 梅雨の花(7)   10.7.8   (チゴザサ、シオデ、アキノノゲシ)

今日も梅雨の晴れ間か、暑い一日でした。今回の参議院選挙「期日前投票」に出かけてくるだけで汗だくになってしまいました。

最近の散策で見た花です。


チゴザサ   10.7.2   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_20495119.jpg
        水辺でごく小さな花が咲いています。屈んでファインダーを覗きこむのが辛くなってきました。


シオデ   7.6   〃   1/40,F8
e0070891_20524928.jpg
        シオデは雌雄異株。この花は雄花。オシベでしょうか、こんなに接写したのは初めてでした。


アキノノゲシ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_20554299.jpg
        早くも、「アキ」という名前のつく花が咲き始めました。
[PR]
by higirinikki | 2010-07-08 20:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 夏の草花 (4)   09.6.25   (ネジバナ、チゴザサ、イヌタデ)

「梅雨は梅雨らしく」ですが、明け方に降って昼間は上がる、というのもいいですね。

明日からしばらく出かけます。書き溜めた記事か、できれば現地からの記事か、どちらかになります。
いただいたコメントへのお返しは遅れるかもしれませんが、ご了承ください。

20日の散策で見つけた草花です。


ネジバナ   09.6.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_15252046.jpg
        芝のある草原はよく草刈りされるので、今はまだネジバナが見つかりません。
        これは谷戸田の流れの縁の草の間でやっと見つけました。


チゴザサ   〃   〃    1/60,F13
e0070891_15284411.jpg
        傘状に花がついているのですが、足場の関係で上からの撮影になりました。
        焦点深度を稼いだのですが、ちょっと見難くなりました。


イヌタデ   〃   〃    1/640,F8
e0070891_15315715.jpg
        休耕田のはずれにイヌタデの群生がありました。
[PR]
by higirinikki | 2009-06-25 17:19 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 瓜久保の花   08.7.10  (コバノカモメヅル、クサレダマ、チゴザサ)

おとといの散策からです。
瓜久保でも新しい花が咲き始めていました。


コバノカモメヅル   08.7.8   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/90,F8
e0070891_19525985.jpg
e0070891_1953531.jpg
        「瓜久保の家」の裏手、水道栓の向うの湿地でずっと前からつるを伸ばしていました。
        オオカモメヅルに比べて大きな葉・花、「小葉」という名前はどうしてつけられたのでしょうか。


チダケサシとクサレダマ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_19593016.jpg
        数枚の田んぼの奥のアシの生えた湿地にピンクのチダケサシと黄色いクサレダマの花が群生しています。
        2~3年前から手入れして増やしてきた草花です。


チゴザサ   〃   〃   1/45,F9.5
e0070891_2035186.jpg
e0070891_2042892.jpg
        さらに奥、「かっぱ池」の畔で小さな笹が伸びて、濃紫色のごく小さな花が花火のようについていました。
[PR]
by higirinikki | 2008-07-10 20:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(14)

■ 谷戸田の水路に沿って (2)   07.6.30

きのうの続きです。
水路の際にはイネ科の草も多いのですが、それはまた別の機会に。


ナワシロイチゴ   07.6.27   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/15,F8
e0070891_20303467.jpg
        ついこの間までピンクの花をつけていたナワシロイチゴが、紅い実をつけて水路に垂れ下がっていました。
        散策する人に食べられるのか、すぐに見えなくなります。


カタバミの実   〃   1/90,F8
e0070891_2033611.jpg
        畦道の際、黄色い花をつけていたカタバミに細長い果実がいくつもついています。


アキノウナギツカミ   6.30    〃 1/350,F3.5
e0070891_20365211.jpg
        水車小屋脇の水路脇で見つけました。
        こんなに早くから花の蕾をつけているのでしょうか。


チゴザサ   〃    〃 1/180,F5.6
e0070891_20413211.jpg
        17番田んぼ付近の水路の向こう側にチゴザサの群落がありました。
        草刈りのおかげで群落がおもてに出てきたようです。
        小さい花を全部表現するには画面サイズが小さいですね。


タカトウダイ   〃    〃 1/500,F5.6
e0070891_2049980.jpg
        きのうのチダケサシの近くに群落がありました。
        花はこれから咲きだします。


オニスゲとミゾソバ   〃    〃 1/500,F5.6
e0070891_20512682.jpg
        5番田んぼ付近の東側水路に両方が群生しています。
        トゲだらけのオニスゲの実には、触ったことがありませんが痛そうです。
        ミゾソバの花はアキノウナギツカミの花によく似ています。


(おまけ)     茅の輪   〃    〃 1/250,F8
e0070891_20583491.jpg
        今日6月30日で今年の前半が経過しました。
       「夏越の祓(なごしのはらえ)」という行事が舞岡神社で行なわれる、ということで「茅の輪」が準備されていました。
       午後6時からだそうですが、雨で行くのはやめました。
[PR]
by higirinikki | 2007-06-30 21:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(15)

■ 雨に濡れた草花   07.6.26

今夜のNHK 「クローズアップ現代」 で 『昆虫に大異変・自然の回復力』 と題して、クマゼミの東京での大繁殖、アキアカネの激減、が報じられていた。前者は都市緑化のために植栽された九州原産のクスノキと一緒にセミの幼虫のいる土壌が持ち込まれたこと、後者は乾田化を採用した稲作方法の変化、が原因ということだった。
また、東京立川の「昭和記念公園」、霞ヶ浦の湖沼生物、の自然復元の成功を伝えていた。高度成長時代に破壊された自然の復元には、昭和30年代の『原風景』を目標とすべきだ、ということだった。

舞岡公園は、まさに昭和30年代の里山の原風景が残されており、またその維持・復活がボランティアの活動目標でもある。


という話題があるとは知らず、朝から降り続いた霧雨が上がった夕方、雨に濡れた草花を求めて公園散策に出ました。


ネムノキ   07.6.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/250,F5.6
e0070891_20183857.jpg
        谷戸田の周辺には自生したのでしょうか、ネムノキの幼樹が多いようです。
        これは長久保入口にある大きな樹の上の方で咲き始めたピンクの花を撮ってみました。


チゴザサ   〃   1/45,F5.6
e0070891_20233490.jpg
        「ねむのき休憩所」下の園路際にチゴザサが薄紫色の小さな花を、花火のように咲かせています。
        細かな雨のおかげか、小さな花を水玉がつつんでいました。


トモエソウ   〃   1/30,F5.6
e0070891_20271626.jpg
        小谷戸の里の庭奥の垣の斜面にいろいろな花が咲いていました。
        巴のように花弁が捩れている、はずですが時期が少し遅かったようです。
        でも水玉はたっぷり乗っていました。


ホタルブクロ   〃   1/20,F5.6
e0070891_20303070.jpg
        その隣りにはホタルブクロの花がいっぱい、こちらも水がいっぱい滴っていました。


キンシバイ   〃   1/10,F8
e0070891_20324786.jpg
         古民家の裏庭で満開です。水に乗られて重そうに垂れていました。


ムラサキツメクサ   〃   1/60,F8
e0070891_20343454.jpg
        「谷戸見の丘」の草原の端はこの紅い花でいっぱい。
        因みに真ん中はシロツメクサでいっぱいでしたが。
[PR]
by higirinikki | 2007-06-26 20:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)