タグ:チダケサシ ( 8 ) タグの人気記事

■ 夏の草花 3種 (3)   13.7.14   (チダケサシ、ワルナスビ、ウマノスズクサ)

今日も猛暑の日。そんな日にぶつかって悲運だが、今日は1A田んぼの「草取り」に出かけてきた。
田んぼの雑草コナギが大きくなって稲の栄養分を横取りされてしまう、だから「草取り」は大事な作業なのです。

まだカメラ画像の吸出し不良が直らないので、在庫写真からです。


チダケサシ   13.7.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/850,F11
e0070891_19433281.jpg


ワルナスビ   〃   〃   1/850,F11
e0070891_19453311.jpg


ウマノスズクサ   7.10   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/60,F3.3
e0070891_19474491.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-07-14 19:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 梅雨の花(8)   10.7.13   (ミソハギ、ヌマトラノオ、チダケサシ)

梅雨末期の特徴である大雨が日本各地で大きな被害を与えています。
今日も、雨がちの一日。なんだか外に出る気力が湧いてこないので「休養日」としました。

瓜久保にはかって稲作をして耕作放棄された田んぼが湿地化しています。おとといの散策で、いろいろな花が咲き始めているのに気づきました。


ミソハギ   10.7.11   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_19504541.jpg
        湿地に足を踏み入れることができないので、近接撮影ができません。
        緑をバックにした濃いピンクの花の色の組み合わせが綺麗です。


ヌマトラノオ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_19515831.jpg
        オカトラノオの花穂は枝垂れるのですが、こちらはややこぶりな花穂が直立しています。
        足元は湿っているのですが、小さなアリが花にやってきていました。


チダケサシ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_19532746.jpg
        アシ原の中で、やや白っぽい花のチダケサシと、黄色い花のクサレダマが混じっていました。
[PR]
by higirinikki | 2010-07-13 19:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 梅雨の花?(3)   10.6.30   (クサレダマ、オカトラノオ、チダケサシ)

6日ぶりにマイ・フィールドに出かけました。前回は咲き始めたばかりの花たちが、綺麗に咲いていました。


クサレダマ   10.6.30   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/200,F8
e0070891_20271029.jpg
e0070891_20273931.jpg


オカトラノオ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_20293181.jpg
e0070891_20295626.jpg


チダケサシ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_20304121.jpg
e0070891_2031520.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-06-30 20:32 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 夏の草花 (6)   09.7.13   (ヤブカンゾウ、タケニグサ、チダケサシ)

やはり今日はこれまでの疲れがドッと出て「お休み日」としました。

7日の散策、「夏の花」が盛りでした。


ヤブカンゾウ   09.7.7   PENTAX K200D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_17405885.jpg
        緑の中のオレンジ色が目に立つようになると「夏が来たな」と実感します。
       近くで見るとアブラムシで傷んでいる花が多いので、この光景がちょうどいいですね。


タケニグサ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_17463850.jpg
        こちらの白い花が空に向かって高々と伸びているいる様も「夏」らしい光景です。
        花がおわると、ややみすぼらしくなるので、このくらいの距離からがいいでしょう。


チダケサシ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_17501020.jpg
        こちらも緑の野を背景に濃い目のピンクが綺麗です。
        細かい花が咲き上がっていくので、このくらいの時期が撮り頃でしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2009-07-13 17:54 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 梅雨に似合う草花   09.6.26   (ネムノキ、チダケサシ、ウマノスズクサ)

新潟の娘のところに来ています。池袋からの高速バスで4時間半、疲れました。

24日の雨上がりの散策で、雨雫のついた花をいくつか見つけました。


ネムノキ   09.6.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_14125294.jpg
        梅雨空にいちばん似合う花です。ちょっと雫がついていると最高ですね。


チダケサシ   〃   〃   1/50,F8
e0070891_14154255.jpg
        咲き始めの花を見つけました。こちらも梅雨の時期の花です。


ウマノスズクサ   6.23   〃   1/100,F8
e0070891_1418514.jpg
        ジャコウアゲハの幼虫の食草です。園内で見るのは初めてでした。
        これは花のようですが、この先どうなるのか確認に出られないのが残念です。
[PR]
by higirinikki | 2009-06-26 18:28 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ また新しい花が   08.6.28   (ネジバナ、クサレダマ、チダケサシ)

白とは別の色の花も咲き始めています。


ネジバナ   08.6.25   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/250,F8
e0070891_18332416.jpg
        「南の丘」では草刈りをした草原にシロツメクサが群生しています。
        その中でネジバナがヒョウイと伸びて柔らかなピンク色の花を咲かせ始めていました。
        これは右巻きの花ですね。


クサレダマ   6.27   〃28-200mm ISO400 1/90,F8
e0070891_1839169.jpg
        「上の上屋休憩所」付近の流れの縁で黄色い花が咲き始めています。

        「腐れ玉」ではなく「草レダマ」という名前の希少種です。
        以前の記事も参照してね。   クサレダマ  06.6.29


チダケサシ   〃   〃1/90,F8
e0070891_18441742.jpg
        こちらは「中の上屋休憩所」前の流れの縁、ピンクの細かい花をつけたチダケサシが咲き始めています。
        この草の茎に「チダケ」という茸を刺したということです。
        以前の記事も参照してね。   チダケサシ  06.7.5

        上の二つの花の記事です。   谷戸田の水路に沿って (1)   07.6.29
[PR]
by higirinikki | 2008-06-28 18:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ 谷戸田の水路に沿って (1)   07.6.29

谷戸田は南北に伸びていて、その両側を水路が流れています。畦道側の草は刈られることが多いのですが、向こう側には蘆やミゾソバなどが生い茂っています。
おとといの夕、この水路沿いの草花を探ってみました。2回にわたり紹介しましょう。

水路を南望   07.6.27   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_17593192.jpg
        7番田んぼの西側の畦道から南の方向を見ています。右手上に園路があり、水路との間に葦原が広がっています。


クサレダマ   〃   1/180,F8
e0070891_183835.jpg
        上の風景の真ん中にある、蘆の間の黄色い花の群落です。
        『腐れ玉』ではありませんよ。マメ科の 「レダマという木に似た草」 ということからついた名前だそうです。
        去年の記事 クサレダマ  06.6.29 もご覧ください。


チダケサシ   〃   1/350,F5.6
e0070891_1811237.jpg
        この株は「中の上屋」休憩所前の水路際にあります。満開になると小さなチョウが吸蜜に集まってきます。
        去年の記事 チダケサシ  06.7.5 もご覧ください。


アオツヅラフジ   〃   (trimming) 1/250,F9.5
e0070891_18153443.jpg
        同じ水路際のヤマブキに絡んで毎年、花・実をつけます。アオツヅラフジは雌雄異株で、この花は雌花です。
        去年の記事 アオツヅラフジ ヘクソカズラ  06.7.24 もご覧ください。


オオチドメ   〃    1/15,F6.7
e0070891_18211988.jpg
        チドメグサに似ていますが、葉の切れ込みが小さい、花穂が葉よりも上に高く伸びる、という点で見分けができます。
[PR]
by higirinikki | 2007-06-29 18:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

チダケサシ  06.7.5

舞岡公園の谷戸田周辺の湿地地帯で、薄紫の花穂が目立つようになりました。
キノコのチダケ(乳茸)を取ったらこの茎に刺して持って帰ったから、この名がついたという。(本当かな?)
e0070891_21151987.jpg
撮影データ 06.7.4 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/1000,F5.6

「中の上屋休憩所」の園路・水路との境の斜面で一群れのチダケサシがチョウと散歩する人を惹きつけています。

e0070891_2119161.jpg
この日もモンシロチョウが数頭、吸蜜行動に余念がありませんでした。人も顔を近づけてよく見えるので、小さな花がいっぱいあることが観察できます。

e0070891_21214418.jpg真横から見ると位置関係がわかるでしょう。左手が広場、縄の手前は階段です。

e0070891_21301839.jpg「上の上屋休憩所」付近では水路の向う側の斜面で群生しているのですが、今年はアシやほかの「雑草」も成長しているので、これらに紛れて近くからの観察はよくできません。

[PR]
by higirinikki | 2006-07-05 21:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)