タグ:チャ ( 3 ) タグの人気記事

■ 秋の草花 (2)   11.10.25   (チャ、フジバカマ、ヤツデ)

今日一日だけのようですが、昼間の気温はいっきに27℃近くまで上がって夏の陽気になりました。

おとといの散策で「小谷戸の里」にあった草花です。


チャ   11.10.23   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/125,F9
e0070891_1893844.jpg
        「小谷戸の里」にはお茶畑があります。ハチが飛び交う季節に先だって、事務局スタッフが茶の花を摘んでいました。
        摘み残された(?)蕾が開花していました。耳の後ろで羽音がしたので、思わず首をすくめました。


フジバカマ   〃   〃    1/350,F3.3
e0070891_18134237.jpg
        古民家の裏庭で開花していました。


ヤツデ   〃   〃    1/320,F3.3
e0070891_1816862.jpg
        この時期のヤツデの蕾を撮影したことがあったかな?
        おもしろい形をしていますね。
[PR]
by higirinikki | 2011-10-25 18:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 小谷戸の里の草花 (7)    07.10.9

今日は肌寒い小雨模様の一日でした。
そこで、きのうのつづきです。

チャ   07.10.2   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F5.6
e0070891_17461575.jpg
        お茶畑で白い花が満開になっていました。ツバキ科とあって椿の花にそっくりです。
        昨年の実が熟しています。これも椿の実にそっくりです。

ヒガンバナ   〃   〃   1/125,F5.6
e0070891_17522633.jpg
        茶畑のすぐ隣りに群生しています。

コブナグサ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_17545727.jpg
        茶畑の向かいの垣の下に群生しています。
        葉を小さな鮒に見立てたものという、がよくわかりませんでした。
        イネ科の草。葉の先は尖り、基部は茎を抱いている。葉のふちや葉鞘には長い毛がある。
        茎の先に長さ3~5cmの細い穂を放射状に3~10個つけます。

ナキリスゲ   9.20   〃   1/10,F8
e0070891_1812072.jpg
        コブナグサと並んで群生しています。
        葉のふちがひどくザラザラしていて、菜っぱでも切れそうだというのでこの名がある。
        触ってみるとそれほどでも?と思うが。茎の上部で枝分かれした黄褐色の小穂は長さ1~3cm、幅4mmほどで、
        それぞれ上部に雄花、下部に雌花をつけています。
[PR]
by higirinikki | 2007-10-09 18:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

 05.10.20  チャ(茶)

e0070891_17364651.jpg
 撮影データ 05.10.19 PENTAXistDs 100mm/macro 1/20,F8

中国の南西部原産といわれる常緑低木。茶畑では1mほどに仕立てるが、手を加えないと5m以上になる。10~11月、葉のつけ根に直径2~3cmの白い花をつける。果実は直径2cmほどの偏球形で、翌年の秋から冬にかけて熟すと3つに割れる。
舞岡公園でも小谷戸の里の入り口脇に茶畑があって、花が咲く今の時期は緑の葉の中にある花の白い花弁と雄しべの黄色い葯との対比がきれいです。「自然観察会」で茶の花を初めて見た、という人が多いのに驚かされます。
[PR]
by higirinikki | 2005-10-20 17:46 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)