タグ:チョウセンカマキリ ( 3 ) タグの人気記事

■ チョウセンカマキリ   14.12.9

とびとびに続く忘年会の疲れ、そのひとつをWEBで報告するためのHtml原稿を作成する時間がかかることもあって、今日は外に出ることなく、空模様がどうだったかを書けない。

最近の散策で出会った「チョウセンカマキリ」の卵鞘です。


チョウセンカマキリ 卵鞘   14.12.2    FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/34,F5.5
e0070891_17561635.jpg
        模擬電柱の根元に、4つもの卵鞘がありました。 よほど産卵の適地なのでしょうね。


〃    12.7    〃   1/1000,F8
e0070891_17583832.jpg
        「さくらなみ池」の畔、「ヤマハゼ」?の冬芽・葉痕と並んだ姿です。 いつまで無事にいつづけられるでしょうね?


〃    〃    〃   1/1500,F8
e0070891_1824221.jpg
        模擬電柱の高い所にもあった。
        こちらも目立つ場所、シジュウカラなどの餌にならないかな?



チョウセンカマキリ → コカマキリ   14.11.30    FinePix F200EXR ISO1600 1/80,F3.3
e0070891_17505818.jpg
        「もみじ広場」にて。夕方の光線で、赤い落ち葉も一層赤く見える。
        この木で産卵しようとしているのだろうか?

        「そら」さんからご指摘をいただきました。「コカマキリ」と訂正します。

[PR]
by higirinikki | 2014-12-09 18:04 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ カマキリの卵   11.12.21   (オオカマキリ、ハラビロカマキリ、チョウセンカマキリ)

いちだんと冬らしく、寒いが風が弱く陽射しのある所では「ひなたぼっこ」もできる。
足早散歩をしながら、眼についた被写体をパチリパチリしてきた。

葉っぱの落ちた木や杭に、カマキリの卵(卵鞘)が目に付きます。


オオカマキリ   11.12.21   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/200,F8
e0070891_1532158.jpg


ハラビロカマキリ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_15343314.jpg


チョウセンカマキリ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_15353062.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-12-21 18:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(5)

■ 冬の昆虫   08.12.30   (キタキチョウ、クロスジフユエダシャク、チョウセンカマキリ)

今日も昼間は暖かな晴れの日でした。
ずっとほったらかしていた年賀状の作成と宛名書きをおえて正月を迎える体勢が整いました。
それから、肩の痛みは、整形外科の治療とPC取組み時間抑制が効を奏して、弱まってきました。もう少し続けて完治させようと思っています。

25日の散策でやっと見つけた昆虫3種です。


キタキチョウ   08.12.25   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F5.6
e0070891_20262752.jpg
         堆肥場に積み上げられた稲藁の山から黄色いチョウが飛び立ちました。
        成虫越冬なのですが、いったいどこに隠れているのでしょう。


クロスジフユエダシャク   〃   〃 ISO400  1/750,F8
e0070891_203538.jpg
        冬の林の中を歩いていると、よく出会うのがこの蛾です。
        ひらひら、どこまでも飛んでいてなかなかとまってくれません。
        実は、このガは♂で、どこかにいる♀が発する性フェロモンを求めて飛び回っているのです。
        ♀は翅が全く退化して飛べないので、フェロモンで惹きつけて♂の来訪を待っているのです。


チョウセンカマキリ卵塊   〃   〃 ISO200  1/500,F8
e0070891_20403631.jpg
        カマキリの卵の位置でその年の積雪の高さがわかる、と言われます。
        雪国での話でしょうが、この卵塊は高さ1mくらいの所にありました。
[PR]
by higirinikki | 2008-12-30 20:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)