タグ:チリイソウロウグモ ( 2 ) タグの人気記事

■ クモ 3種 (2)   14.10.3   (チリイソウロウグモ、ネコハエトリ、チュウガタシロカネグモ)

またまた大型台風の18号g接近中。明日のウォーキングはすれすれ大丈夫のようだが、日曜からは雨が続きそう。
今日は、風は強いが秋晴れの日。散策に出たが、花はきのう撮りつくしたので、自然に「虫の目」に。
(ちなみに、園内に珍しい鳥が出ているらしく、見知らぬカメラマンが大勢押しかけているようです。)

またまた、クモの姿が目に入ることに。


チリイソウロウグモ   14.10.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/75,F5.6
e0070891_16513641.jpg
        先日はヒイラギと紹介した葉ですが、ヒイラギモクセイだったようで香りの強い白い花が咲き始めていた。
        あの卵嚢を守っている♂が、手入れ(?)をしているようでした。


ネコハエトリ ♀   〃   〃   1/2000,F6.4
e0070891_16543999.jpg
        稲田に架けられたネットに枯れ葉を背にしたクモの巣を見つけました。
        袋状になった巣の奥には住民がいるようです。
e0070891_16555119.jpg
        拡大してみるとネコハエトリが、こちらを睨んでいるようでした。
        ハエトリグモは捕獲用の網を張らずに徘徊して、獲物を捕まえるとのこと。
        この巣は、居住用でしょうか、それとも産卵用でしょうか?


チュウガタシロカネグモ   〃   〃   1/2000,F6.4
e0070891_1703482.jpg
        高角度からの陽光をバックに、いつもは撮りにくい背中側を見せて巣の中心にいました。
        肢だけでなく、胸(?)も透けて見えますね。


クモの卵嚢?   〃   〃   1/180,F5.6
e0070891_1722196.jpg
        別のヒイラギモクセイの垣根の葉の間から白いボールが見えました。
        最近、気になりだした「クモの卵嚢」のように見えますが、同定できません。
        どなたかクモに詳しい形のご指導をお願いします。
[PR]
by higirinikki | 2014-10-03 17:06 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蜘蛛 3種   14.9.15   (オオトリノフンダマシ、ワキグロサツマノミダマシ、チリイソウロウ)

今日は「敬老の日」。「古希」を超えた私ですが、「老人」という意識はまったくない。70歳を越えれば「お爺さん」なのだが、孫からは別として年齢だけで他人からそう呼ばれるのはイヤです。

今日も午後、2時間ほど散策。猛暑日がなくなって元気になってきた。

きのうの散策で出会った蜘蛛たちです。


オオトリノフンダマシ   14.9.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/90,F6.4
e0070891_18321790.jpg
        実に8年ぶりの再会です。意識して捜しても見つからないのに、何げない視線の先にいました。


ワキグロサツマノミダマシ   〃   〃   1/150,F8
e0070891_1834987.jpg
e0070891_18343015.jpg
        上は超接近を許してくれ、下は円網作成途中の姿です。


チリイソウロウグモの卵嚢   〃   〃   1/100,F8
e0070891_18372426.jpg
        ヒイラギの葉にぶら下がっていました。ここにはクサグモの巣がいっぱいあります。
        親には出会ったことがないのですが、どうしてこんなふうにぶら下げるのでしょうね。
[PR]
by higirinikki | 2014-09-15 18:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)