タグ:ツマキチョウ ( 13 ) タグの人気記事

■ 春の蝶 (4)   15.3.30   (トラフシジミ、ツマキチョウ)

快晴、高温、やや風あり、桜の花見の絶好の1日だった。
昨夜、新潟からはるばる軽自動車でやってきた娘と孫3人娘と、お2階の孫2人娘とママで、お昼のお弁当を持って花見にでかけてきました。

帰り道、ネザサの葉にとまったチョウと、きのう撮った証拠写真のチョウです。


トラフシジミ 春型   15.3.30   FinePIx F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/105,F9
e0070891_17573584.jpg
        ネザサの葉にとまったチョウ。
        一瞬、見慣れぬチョウと興奮しながら、コンデジでの広角接写となりました。
        撮影途中で「トラフシジミ 春型」と思いつきました。雌雄がわかる開翅を待ちましたが、
        風に揺れる葉にしがみつくのが精いっぱいとみえて、やがて飛んで行ってしまいました。
        一瞬、青い色が見えたので、♂雄だったのかなと思います。


ツマキチョウ   3.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO200 1/100,F8
e0070891_18124649.jpg
        ツマキチョウ捜しの3日目、今日もダメかと思って通りかかった園路際。
        先着カメラマンが3~4人、チョウの動き出しを待っていました。
        「ツマキチョウが飛んできたのだが、草に紛れたまま動かない」という。
        ようやく見つけ出して撮った証拠写真です。「翅の端の黄色が見えたので♂雄のはず」という。

        だいぶ経って、飛び出したのはやっぱり♂のようだった。待っていた数人で追跡すること百メートルほど、
        ついに山の斜面で見失いました。その頃から、黒雲、怪しげな風が吹き出して「今日はこれまで」と、
        みんな帰り支度、私も帰宅しました。
        表翅を撮影できるのは、次の機会待ちとしました。


   
[PR]
by higirinikki | 2015-03-30 18:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ ツマキチョウ♀   14.4.19

雨が上がったが寒気は残っていて涼しい日に。午前に散策に出た。チョウの観察ポイントでは、近くで大量羽化したらしいツマキチョウが次々と飛んでくるが、とまってはくれない。「動態視力の鍛錬」とばかりに目をこらす。雄ばかりだ。雌を捜しているのだろう。

その雌には、おとといの散策で一頭だけだが出会って撮影できた。


ツマキチョウ ♀   14.4.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0070891_17485648.jpg
e0070891_1749635.jpg
        やはりムラサキケマンがお好みの花、蜜のようだ。

ツマキチョウ ♂   4.19   〃1/900,F8
e0070891_17511214.jpg

e0070891_17511993.jpg
e0070891_17512791.jpg
        このポイントにはムラサキケマンがない。
        タンポポはいっぱい咲いているのだが、♀探しに躍起の♂には吸蜜する時間的余裕はないのだろう。
        この個体は、腹が減っていたのか花を飛び移っていた。
[PR]
by higirinikki | 2014-04-19 17:54 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ツマキチョウ   14.4.15

今週も火曜日の今日、孫娘と一緒に公園で5時間ちかく遊んだ。田んぼでは「もみの木」の子供たちがお母さんと一緒に一生懸命に「田起こし」作業をしていた。ほんとに清々しい一日だった。

きのう、キアゲハを追い疲れて別の場所に行ったところ、ツマキチョウがムラサキケマンの花から花へと移って吸蜜しているところを撮影することができた。
先日、タンポポで撮って以来、ずっと見かけなかったツマキチョウでしたが、ようやく見かけるようになった。
やっぱり、ツマキチョウにはムラサキケマンが似合う。


ツマキチョウ   14.4.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/800,F8
e0070891_17375231.jpg

e0070891_1738070.jpg
e0070891_1738681.jpg
e0070891_17381383.jpg
e0070891_17382099.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-04-15 18:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ツマキチョウ   14.3.28

春を飛び越して一気に初夏の気温、20℃になろうかという今日、春先に見られるツマキチョウの出現を待って、狐久保の石畳道で待ち構えていました。

狙い通り、奥の方から飛んできた白いチョウ、何回か往復してやっとタンポポにとまった。
遠くても、とりあえずシャッターを切った。2回切ったところで飛び去ってしまった。この間、17秒でした。


ツマキチョウ   14.3.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/480,F8
e0070891_20354067.jpg
e0070891_20355067.jpg
        「褄が黄色い蝶」ですが、黄色の褄があるのは♂です。 褄がないのが♀。
        一番似合う花はムラサキケマンですが、まだ野にはありません。
        ということは、出現時期が早過ぎたのかな?


モンシロチョウ   〃   〃    1/480,F8
e0070891_20392684.jpg
        遠目ではツマキチョウと区別が難しいです。
        スジグロシロチョウにも見えるのですが、画像でモンシロチョウと確認しました。
[PR]
by higirinikki | 2014-03-28 20:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 雌のチョウ 3種   13.4.26   (ツマキチョウ、アオスジアゲハ、キタキチョウ)

ちょっと風は冷たいが春の日に。夕方は突風・雷も予想される日。昼前に散策に出た。

「今年は多いね」というツマキチョウ、今日は♀に出会った。

ツマキチョウ ♀   13.4.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/640,F11
e0070891_20544034.jpg



瓜久保で見た今年初見のアオスジアゲハ、北門付近でも出会った。
腹が太くて短い。雌かな?

アオスジアゲハ   〃   〃   1/250,F11
e0070891_20571953.jpg



三角山のネムノキの新芽の周囲をキタキチョウが舞っていた。「もしや産卵?」と待っていたら、産卵を開始した。

キタキチョウ   〃   〃   1/200,F11
e0070891_210851.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-04-26 21:04 | 舞岡公園の虫 | Comments(1)

■ 春の蝶 3種   13.4.22   (キアゲハ、ツマキチョウ、コムラサキ)

ようやく雨空が上がって気持ち良い青空に。また孫娘といっしょに「もみじ広場」に遊びに行った。
合い間に、遠くのタンポポにとまったチョウを見つけて、駆け足で傍に行ってパチリ。
幼虫は「瓜久保」かっぱ池の傍で。


キアゲハ   13.4.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/240,F8
e0070891_212475.jpg
        一瞬しかとまらなかったタンポポの花、蜜があったのかじっとしていた。
        近づいてアップで撮影できた。


ツマキチョウ   〃   〃   1/1700,F9
e0070891_2144884.jpg
        今年はまだ撮影できていないモンシロチョウかと思って駆けつけたら、ツマキチョウだった。
        事務所のKoさんが「今年は、ツマキチョウが多い」と言うように、よく見かける。


コムラサキ (終齢?) 幼虫   〃   〃   1/26,F8
e0070891_219270.jpg
        撮影した時は「ゴマダラチョウに似ているが、背中の角がないな」と思った。
        散策仲間のKoさんに尋ねたら、「上のヤナギの葉から落ちたのではないかな?」と、
        コムラサキの幼虫だと教えてくれた。
        成蝶は、ヤナギの樹の高いところを飛んでいるのを見たことがあるだけ。
[PR]
by higirinikki | 2013-04-22 21:12 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ツマキチョウ ♂   13.3.28

また春の陽気にもどった。昼過ぎには散策していて汗をかいていた。
また電池切れで早期撤退をやむなくされた。

モンシロチョウをじっくりと撮っていないので、探しているのだが目につかない。「やっと見つけた」と思ったら、なんと、ツマキチョウだった。
いつもの相棒「ムラサキケマン」がやっと咲き出した時期だから、「早い!」のだ。


ツマキチョウ ♂   13.3.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/300,F6.4
e0070891_20265421.jpg
        タチツボスミレにとまっている姿はめずらしいかも。 表・裏の翅の模様がわかりますね。

   〃   〃(trimming)   1/320,F6.4
e0070891_20294338.jpg
        じゅうぶんに開翅してはくれませんでした。 でも、翅の褄(ツマ)の黄色は見えますね。

        この「黄色い褄」があるのは♂です。 褄がありそうな♀にはないのです。

        おすすめ 過去記事
[PR]
by higirinikki | 2013-03-28 20:32 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ よく似た白いチョウ   11.4.20   (モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ツマキチョウ)

風が冷たいが春の陽気に戻った一日、白いチョウを追ったのですがなかなか撮らせてくれません。
最近の収穫はこれだけ、ちょっとさみしいですがご覧ください。


モンシロチョウ   11..4.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_17413993.jpg
        幼虫で越冬して最近羽化したばかり、やや小柄な姿。
        翅の付け根一帯がやや黒っぽく見えます。「春型の雌」です。


スジグロシロチョウ   4.19   〃   1/640,F8
e0070891_17471822.jpg
        飛んでいる時は、一見モンシロチョウと区別しにくいのですが、
        よく見ると黒い筋が見えます。名前のまんまですね。
        これは「春型の雄」でしょうか。


ツマキチョウ ♀   4.14   〃   1/2000,F8
e0070891_17511188.jpg
        上の2種にくらべて小柄ですが、猛スピードで飛んでいくので見分けにくいチョウです。
        「褄が黄色」なのでツマキチョウですが、黄色いのは雄。  11.4.13
        雌はこのように黄色くありません。ので、モンシロチョウかと思ってしまいがちです。
e0070891_17541633.jpg
        翅を閉じて裏側を見せてくれると、「あらら」不思議な模様をしています。
        これで草の間に入ると紛れ込んで見えなくなってしまいます。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-20 17:58 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 春のチョウ   11.4.13   (ツマキチョウ、ナミアゲハ、ルリシジミ)

本格的な春の陽気に誘われて飛び出した、春の蝶を追いかけまわしました。


ツマキチョウ   11.4.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_18344671.jpg
e0070891_1835338.jpg
        飛んでいるチョウの種類を見分ける「動体視力」は、シーズン初めは力不足なのだが、
        瓜久保の奥の草原を飛ぶ白いチョウ、「あ、ツマキチョウだ」とすぐにわかりました。
        それから追跡を始めて、歩き・走ること5分、やっと止まってくれたハコベの花。
        止まった数秒だけ開翅してくれました。


ナミアゲハ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_18402316.jpg
        こちらも営農家の麦畑の上を飛ぶナミアゲハを追うこと約100m、
        やっと止まってくれたのは畑の垣の杉の葉の上。
        贅沢を言わず、まず今シーズン初見の綺麗なアゲハの姿をゲットできました。


ルリシジミ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_18435742.jpg
        今シーズンに入って3回目くらいの追跡だったルリシジミ、
        なかなか良い所には止まってくれないものです。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-13 18:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 春の蝶・ツマキチョウ   10.4.30

春を代表する蝶は数あれど、ぜひ撮影したいのはツマキチョウです。
幼虫で越冬して早春に羽化、この翅の褄(ツマ)が黄色いチョウがモンシロチョウと交叉して飛んでいると嬉しくなります。

数日前にツマが黄色くない ♀ は撮れていたのですが、今日、ツマが黄色い ♂ を撮ることができました。


ツマキチョウ ♂   10.4.30   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/1000,F8
e0070891_229822.jpg
        カメラ仲間の先達 Fu さんが見つけて望遠で撮影している横から失礼させていただきました。
        「もうちょっと」 と近づこうとして逃げられてしまいました。Fu さん、ゴメンナサイ、でした。


〃 ♀   4.17
e0070891_22143084.jpg
        今年初めて、やっと出会った高い所ばかり飛んでいた ♀、おわりかけのミツマタの花にとまっていました。
[PR]
by higirinikki | 2010-04-30 22:19 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)