タグ:ツマグロヒョウモン ( 19 ) タグの人気記事

■ チョウ 3種   14.10.1   (ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、ツバメシジミ)

10月に入って寒い季節になった?台風18号のさきぶれかな?

最近の散策で出会ったチョウです。


ヒメアカタテハ   14.9.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/800,F8
e0070891_182602.jpg
        綺麗な姿、新鮮個体のようです。


ツマグロヒョウモン   9.29   〃   1/640,F8
e0070891_18282310.jpg
        稲刈りのおわった不耕起田んぼに咲いている、キクモの小さな花で吸蜜。
        やっと近くまで飛んできてくれた。


ツバメシジミ   〃   〃   1/210,F8
e0070891_1833951.jpg
        ウラナミシジミをやっと見つけたと思ったら、ちょっと雰囲気が違う。
        陽光に透けた紋様はツバメシジミのものでした。
[PR]
by higirinikki | 2014-10-01 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋のチョウ (3)   13.11.8   (キタキチョウ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン)

爽やかな涼しい秋空。新しい鳥に出会ったが、チョウの続きです。


キタキチョウ   13.11.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/2000,F8
e0070891_2056323.jpg
        「成虫越冬」するキタキチョウ。この個体は、どこまで生き延びることができるのでしょう。


モンキチョウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_2058269.jpg
        高い位置にあるコスモスの花にとまったモンキチョウ。
        太陽に向かっての撮影です。


ツマグロヒョウモン   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_2104663.jpg
        同じコスモスにとまったヒョウモン柄のチョウ。ツマグロヒョウモンでしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2013-11-08 21:01 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ヒヨドリバナにきたチョウ   13.10.3   (オオウラギンスジヒョウモン、ほか)

台風が通り過ぎて暑さが「戻って」きてしまったようだ。

3日ぶりの散策で、今が盛りと咲いているヒヨドリバナで珍しいチョウに出会った。


ヒメアカタテハ   13.10.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/640,F5.6
e0070891_18522028.jpg
        園路から田んぼを見下ろす斜面の下の方に咲いているヒヨドリバナ。
        いろいろのタテハチョウが吸蜜に余念がないようだった。
        上から撮ったのが、このヒメアカタテハ。遠目ではアカタテハに見えたのだが。


ツマグロヒョウモン   〃   〃   1/200,F5.6
e0070891_18561690.jpg
        田んぼの畦道におりて撮影を続けました。
        あざやかな豹の紋。ツマグロヒョウモンの ♂ です。


オオウラギンスジヒョウモン   〃   〃   1/200,F5.6
e0070891_18582254.jpg
        表翅を見たかぎりでは、ミドリヒョウモンにも見えます。
e0070891_18593572.jpg
        裏翅が見えません。
e0070891_1901570.jpg
        裏翅が見えました。
        オオウラギンスジヒョウモンでした。
        夏のチョウなのですが、この時期に見るというのは、彼らにはまだ夏ということなのでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2013-10-03 19:02 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋のチョウ   12.11.4   (テングチョウ、ツマグロヒョウモン、キタテハ)

今日は2階のパパとママのsおれぞれの自由時間を作ってやるために、孫娘を半日 (10時~16時) 預かってやった。公園で太陽の下で走り回ったおかげで、お昼を食べたあと3時間ちかくお昼寝をしてくれた。

1日の散策、暖かな光線を浴びていろいろのチョウが乱舞していた。


テングチョウ   12.11.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/750,F8
e0070891_18325173.jpg


ツマグロヒョウモン   〃   〃   1/350,F8
e0070891_1836108.jpg


キタテハ   〃   〃   1/900,F8
e0070891_18354330.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-11-04 18:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 南方系のチョウ   12.8.17   (ツマグロヒョウモン、ナガサキアゲハ)

今日の 「朝日新聞」 夕刊に、“チョウ生息地、北へ”という記事が載っています。
温暖化や都市部のヒートアイランド現象が一因とみられ、調査した 日本自然保護協会 の担当者は 「気温上昇の影響が身近な生き物にまで及んでいることの表れだ」 と指摘している。

「調査」 とは、協会が昨年夏に専門家や市民と協力して行なった 「自然しらべ2011 チョウの分布」 で、その結果はすでに4月に報告されている。

この記事では、ツマグロヒョウモンとナガサキアゲハが紹介されている。たまたま、最近出会って撮影していた。あまりに下手だったのでお蔵入りしていたもの。


ツマグロヒョウモン   12.7.23   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F9
e0070891_16394379.jpg
e0070891_16395461.jpg


ナガサキアゲハ   12.8.3   〃(trimming)   1/100,F8
e0070891_16413327.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-08-17 17:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ チョウ3種   11.7.4   (ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、キマダラセセリ)

昨日は、他の草取りの後は用事で時過ぎまでお出かけ。
その疲れもあって、今日は休養日です。

30日の散策で出会ったチョウ3種です。


ヒメアカタテハ   11.6.30   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/500,F8
e0070891_18525619.jpg
e0070891_18531744.jpg
      ムラサキツメクサがお気に入りだったようで、近接撮影を許してくれました。
        比較的きれいに撮れたと思います。


ツマグロヒョウモン   〃   〃   1/640,F8
e0070891_18521278.jpg
e0070891_18563478.jpg
        ひらひらと飛んでは、ネムノキや棒杭の上などで一瞬お休み。
        なかなか接近させてはくれませんでした。
        新鮮な♂個体でした。


キマダラセセリ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_18592123.jpg
        今年初見のキマダラセセリ、揺れるオカトラノオの白い花との組み合わせが撮れました。
[PR]
by higirinikki | 2011-07-04 19:01 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春のチョウ (2)   11.5.10   (ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ、ツバメシジミ)

明日からまた、しばらく散策に出る時間がとれそうもない。
午後から天気が崩れる、という予報なので、きのう残した南半分を1時間半ほどかけて散策した。
30℃近い気温、蒸し暑く「梅雨」のような日。


ツマグロヒョウモン ♂   11.5.10   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1845196.jpg
e0070891_18451992.jpg
        夏のチョウではないですが、ちょっと早いご対面か?


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_18481182.jpg
        コデマリを撮影しているところに偶然やってきました。


ツバメシジミ ♀   〃   〃   1/160,F8
e0070891_18495548.jpg
e0070891_18501387.jpg
        なぜか地面にとまりたがるのを、追いやり追いやりして無理やり葉にとまらせました。
        乾いた土だったので吸水ではないと思うのですが。
[PR]
by higirinikki | 2011-05-10 18:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ツマグロヒョウモン   10.9.18

今日も30℃くらいの暑さに。午前中、小谷戸の里の事務所でボランティア作業に行った帰り、谷戸田の脇でツマグロヒョウモンが産卵をしているのを観察しました。

なにしろこの夏の暑さで散策する回数が少なかったので、ツマグロヒョウモン初見の日はずっと以前でしたが、撮影したのは3日前でした。

ツマグロヒョウモン   10.9.15   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_2021998.jpg



ツマグロヒョウモン 産卵   10.9.18   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/60,F9
e0070891_2043082.jpg
e0070891_2044431.jpg
        腹を突きつけている先は大好きなスミレの葉でしょうか。でも、こんなところにあったかな?


きのうの朝日新聞・夕刊に、こんな見出しの記事がのっていました。 
「温暖化?チョウ北上  ツマグロヒョウモン 東海→関東」

「環境省が全国の市民から情報を集めた生き物調査で、オレンジ色をしたチョウの「ツマグロヒョウモン」の分布が北に広がっていることがわかった。かつては東海地方から南西諸島が生息域だったが、関東地方に大量に入り込み、定着。専門家は気温の上昇傾向が一因とみている。
環境省生物多様性センターが2008年に始めたいきものみっけ調査で確認された。」  というものです。

昆虫写真を撮影している者にとっては、すでによく知られた事実だと思いますが、一般紙でも報じられるようになったのです。
[PR]
by higirinikki | 2010-09-18 20:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 秋の蝶・蛾   09.9.21   (ツマグロヒョウモン、キタキチョウ、ユウマダラエダシャク)

今年は秋が早い?今日はまた薄ら寒い一日でした。

黒いアゲハが撮れないのですが、目の高さには冬に向かって飛び交うチョウたちが見えます。


ツマグロヒョウモン ♂   09.9.20    FinePix F230EXR 6.4-32mm ISO100 1/85,F9.0
e0070891_2004164.jpg
   〃   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_2034237.jpg
        青空の下、稲田のネットの上をツマグロヒョウモン♂が飛びまわっていました。

〃 ♀   9.17   〃    1/1000,F8
e0070891_2083392.jpg
        アザミの花にとまった♀です。


キタキチョウ ♀   9.20   〃    1/1000,F8
e0070891_20104777.jpg
        古民家の裏庭、萩の花の周りでキチョウが一心不乱に産卵を繰り返していました。

〃 卵   〃   〃 (trimming)  1/320,F8
e0070891_20134196.jpg
        蕾の先に産みつけられた卵です。白くトンデいて、よく見えませんが。


ユウマダラエダシャク ?   〃   〃    1/125,F8
e0070891_20161897.jpg
        見慣れたユウマダラエダシャクとは、紋様がすこし違います。種が違うのでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2009-09-21 20:19 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ チョウ新鮮個体   09.5.1   (ナミアゲハ、キアゲハ、ツマグロヒョウモン)

おとといの散策では多くのチョウに出会うことができました。
幼虫越冬して羽化したばかりと思われる新鮮な個体だと思います。


ナミアゲハ   09.4.29   PENTAX K20D ISO200 1/800,F11
e0070891_1842418.jpg


キアゲハ   〃   〃   ISO200 1/500,F10
e0070891_18442315.jpg
e0070891_18444072.jpg


ツマグロヒョウモン ♀   〃   〃   ISO200 1/500,F8
e0070891_18464315.jpg
〃 ♂   〃   〃   ISO200 1/400,F10
e0070891_1847443.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-05-01 18:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)