タグ:トロロアオイ ( 12 ) タグの人気記事

■ きれいに撮れました?   14.8.23   (コスモス、フヨウ、トロロアオイ)

今日は千葉市内に用のある妻に同行して、早朝出発・午後早々帰宅のお出かけをしました。
千葉駅西口改札すぐの新ビルに、高校同級のO君が新しく開店したピザ店を訪ね、お昼をいただいてきました。

おとといの散策からの続きです。


コスモス   14.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/3000,F8
e0070891_1915485.jpg
        近隣の小学校の1年生が育てているコスモスが青空にむかって咲いています。


フヨウ   〃   〃   1/3000,F8
e0070891_191744.jpg
        芙蓉の花を大写ししてみました。


トロロアオイ   〃   〃   1/3000,F8
e0070891_19181935.jpg
        和紙づくりの材料に栽培されているトロロアオイ、大きな花が咲いています。
        好きな人は、この花を食べるそうですね。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-23 19:19 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 夏の花3種   14.8.11   (ヒヨドリジョウゴ、トロロアオイ、キンカン)

台風一過の朝、孫娘を借りて妻と一緒にプールに行ってきました。2歳10カ月の子、初めてのプールなのに水を怖がらずに、妻の手に乗って浮いて手足を動かしていた。すぐに泳げるようになるのかな?

おとといの散策で出会った「夏の花」です。


ヒヨドリジョウゴ   14.8.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/220,F8
e0070891_20581141.jpg
        接写には遠めの位置で咲いていた。


トロロアオイ   〃   〃   1/350,F8
e0070891_20595710.jpg
        畠の奥で大きな花が咲き始めていた。
        手前は小学生が植えたヒマワリです。


キンカン   〃   〃   1/220,F8
e0070891_2115643.jpg
        古民家裏で毎年黄色い実をつけるキンカンの花です。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-11 21:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ トロロアオイ   13.8.13

暑いですね。

おとといの早朝散策で見つけた黄色い花です。


トロロアオイ   13.8.11   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/450,F4.6
e0070891_1995113.jpg
e0070891_1910557.jpg
        狐久保の畑の隅で栽培されているトロロアオイが、黄色い花を咲かせ始めています。

        アオイ科トロロアオイ属の植物。オクラに似た花を咲かせることから花オクラとも呼ばれる。原産地は中国。
        この植物から採取される粘液はネリと呼ばれ、和紙作りのほか、蒲鉾や蕎麦のつなぎ、漢方薬の成形などに利用される。

           (Wikipedia より引用)

        年末には小谷戸の里の行事として、参加希望者を募って「和紙づくり」が行われます。
        園内で採集された楮(こうぞ)や三椏(みつまた)の木の皮を叩いて磨り潰したドロドロの繊維の液に、
        トロロアオイの根から採集した粘液を混ぜると、粘性が出て均一の紙を抄くことができるのです。
[PR]
by higirinikki | 2013-08-13 19:17 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 朝日が当たって   12.8.26   (オミナエシ、トロロアオイ、ヘクソカズラ)

超大型台風が沖縄を襲っている。そのはるか東、関東地方は暑い日が続く。関連ある現象だろう、か。

早朝歩きにカメラを携行した。朝の太陽光の色温度は高いのだろうか、ちょっと感じが違う絵になるが、それも雰囲気を表していると思うことにする。


オミナエシ   12.8.26   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/170,F9
e0070891_2185456.jpg


トロロアオイ   〃   〃   1/90,F13
e0070891_21101383.jpg


ヘクソカズラ   〃   〃   1/125,F9
e0070891_2111339.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-08-26 21:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ こんな写真も   12.8.15   (タケニグサ、トロロアオイ、アキカラマツ)

今朝は、南房総市・旧三芳村にある仲間の別荘「楽馬荘」を9時に出発、「道の駅富楽里とみやま」で朝食をとり、「金谷港」から東京湾フェリーに乗って「久里浜港」へ、京急久里浜―上大岡―上永谷経由で12時過ぎに帰宅しました。
暑い日です。新潟の孫たちは朝に新幹線を使って帰ったあと、2階の孫娘を預かって遊びました。月齢11か月、日々めざましい成長を遂げています。

11日の散策から。図鑑写真らしくもあり、らしくもない、こんな写真も撮れました。


タケニグサ   12.8.11   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_2217157.jpg
        風が吹くと「チャラチャラ」という音がしそうな実の付き方をしています。


トロロアオイ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_22191697.jpg
        3時を過ぎていたので花は閉じていました。


アキカラマツ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_2220451.jpg
        上手に撮りにくいアキカラマツです。
        隣りで実をつけているチダケサシと、助け合って立っているように見えました。
[PR]
by higirinikki | 2012-08-15 22:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 逆光の中のトロロアオイの実   11.9.19

今日も暑い日、夕方の日陰を辿っての散策に出ました。

狐久保の畑、園路から見ると西日が眩しい。トロロアオイの実が青い。
逆光の中の姿を撮ってみました。


トロロアオイ   11.9.19   FinePix F300EXR 6.4-32mm ISO400 1/500,F9
e0070891_1825578.jpg


   〃   〃   1/350,F3.3
e0070891_1826349.jpg
        和紙を抄く時の粘着材料になるのが、トロロアオイの根です。
        この実が熟すと4つに割れて、中から黒い小さな種子がいっぱい姿を見せます。
[PR]
by higirinikki | 2011-09-19 18:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 真夏の草花 (4)   11.7.22   (カワラナデシコ、ツルニガクサ、トロロアオイ)

夜は寒いくらいに気温が低く涼しい日になりました。2週間ぶりに日中の散策に出ました。

小谷戸の里には、いつもの花が咲いていました。


カワラナデシコ   11.7.22   PENTAX K20D 100mm/macro ISO800 1/200,F8
e0070891_21234650.jpg
        「なでしこジャパン」でいちやく有名になった花です。


ツルニガクサ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_21254573.jpg
        2週間いなかった内に、盛りが過ぎてしまっていました。


トロロアオイ   〃   〃   1/1600,F8
e0070891_21281262.jpg
        事務所の前の花壇で咲いています。
        この草の根を、和紙を抄くときの「つなぎ」に使います。
[PR]
by higirinikki | 2011-07-22 21:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ トロロアオイ   10.8.19

「午後は雨、30℃を切る」という予報にしたがって、11時頃から9日ぶりの散策に出ました。予報が外れて、暑い晴れが続く。
「よろよろ」といった調子で歩き、目新しい花が咲き始めているはずと探すが疲れで目も頭もはたらかない。
それでも結構たくさんの写真が撮れました。


まず、お日様のような花から始めましょう。


トロロアオイ   10.8.19   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F9
e0070891_21595977.jpg
e0070891_2201391.jpg
        オクラに似た花を咲かせることから花オクラとも呼ばれる。
        原産地は中国。和紙作りのほか、蒲鉾や蕎麦のつなぎ、漢方薬などを成形するのにも利用される。(wikpediaより)

        ここでは「和紙作り」用に栽培されています。
        この根が砕かれて取った「ネリ」と呼ばれるとろみで、コウゾやミツマタなど製紙原料の「つなぎ」役をします。
        この大きな花は、根の「ネリ」を強くするために、不要なので取り去られます。
        その花を湯がいて三杯酢で食べることができます。
[PR]
by higirinikki | 2010-08-19 22:00 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 栽培植物   09.8.12   (落花生、トロロアオイ、イネ)

今日は「家事手伝い」も免除してもらって一日休養。
朝には平熱に戻っていましたが、夕方になって、また37度前後に上がっています。
風邪と思われる症状はまったくなく、腹も頭も痛くありません。「熱だけ」の原因が不明で気持ち悪いです。

6日の散策で見た「栽培植物」の花です。それぞれ独立紹介もできますが、「一挙掲載」します。


落花生の花   09.8.12   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_18193816.jpg
        狐久保の畑で黄色い花が目立つようになりました。

落花生の子房柄   〃   〃   1/100,F8
e0070891_18235732.jpg
        花が咲いたあと、もとにある子房柄と呼ばれる柄が地面に向かってのび、土の中に向かって伸び始めます。
        子房柄の先に実がつき始め成長すると、「さや」ができ中に実ができます。


トロロアオイの花   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_18302067.jpg
        和紙の原料が楮・三椏であることは知られていますが、紙を抄く時の粘着材料として用いられるのがトロロアオイです。
        オクラの仲間で、この花を湯掻いて食べることもあるようです。


イネの花   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_18272462.jpg
        イネの花は、花弁(花びら)が無く、もみ殻にあたる部分(エイ)が開いて、おしべとめしべが露出し、受粉します。
        開花は午前中なので、もう閉じたあとでしたが、殻の外に残されたおしべが風に吹かれていました。
[PR]
by higirinikki | 2009-08-12 18:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 炎天下の花   08.8.8   (トロロアオイ、ギボウシ、サルスベリ)

川越熱中行軍のあと、しばらくは炎天下を歩く気にならず散策はお休みしていました。
ようやく、その気になった午前中3時間、ひさしぶりの散策でした。なんと今夏最高気温を記録したとか。
そんな真夏の陽光をいっぱいに浴びて元気な花たちです。
あまりの輝きに、半絞りプラス補正をしてみました。


トロロアオイ   08.8.8   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/1500,F8
e0070891_20275835.jpg
        狐久保の畠で、正月の和紙作り用に栽培されています。
        叩き潰されたコウゾ、ミツマタの繊維がからみつくように水に粘りを与える成分として、
        トロロアオイの根が使われるのだそうです。
        トロロアオイはオクラの仲間ですから、この花は湯がいて食べる食材として膳に登るそうです。


ギボウシ   〃   〃   1/250,F9.5
e0070891_20352634.jpg
        古民家の裏庭のギボウシに強い陽が当たっていました。陽が透けそうな勢いが再現できたでしょうか。


サルスベリ   〃   〃   1/4000,F8
e0070891_20382132.jpg
        小谷戸の里のサルスベリがピンクの花を咲かせ始めていました。
        空に向かって勢いよく花穂が伸びているさまを表現したかったのですが。
[PR]
by higirinikki | 2008-08-08 20:41 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)