タグ:ナシアシブトハバチ ( 3 ) タグの人気記事

■ 真っ黄色の芋虫は?   12.6.11   (ナシアシブトハバチ)

梅雨の季節に入った。今年の梅雨は、冷たい大陸の高気圧と暖かい太平洋高気圧の力が均衡した梅雨前線がいつまでも停滞する 「典型的な梅雨」 だそうで、大雨が降るのではなく「降りみ降らずみ」の雨模様の天気が続くのだとか。今日も、「降るのか降らないのか、はっきりせい」と思わせて結局降らなかった。
結局、散策に出るチャンスを失った。

というわけで、今日も在庫写真からの話題です。


真っ黄色の芋虫は?   12.6.2   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/15,F8
e0070891_22585934.jpg
        薄暗い園路の端の下草に、異様に真っ黄色の芋虫を見つけた。
        「蝶・蛾」の仲間の幼虫かと目星をつけて、ネット図鑑を捜してみたが該当しそうな芋虫が見つからなかった。


   6.7   〃    1/250,F8
e0070891_2314924.jpg
        5日後、近くの桜の幹に同じような芋虫がいるのを見つけた。
        再度、探索を試みたが、やはり見つからない。

        今晩、あらためて「幼虫図鑑」を捜してみると、似たような画像を見つけた。
        「ナシアシブトハバチ」とあった。
        この名前には記憶があったので、過去の記事を捜してみたら見つかった。

ナシアシブトハバチ   07.4.17   PENTAX istDs 100mm/macro ISO400 1/180,F5.6
e0070891_2112827.jpg
        芋虫といえば「蝶・蛾」の仲間の幼虫、と思い込んでいたのが間違いだったのです。

        ご覧のように、このハバチは「スズメバチ」に擬態しているものでした。
        このことを記事にしています。 「スズメバチに擬態  07.4.25」
[PR]
by higirinikki | 2012-06-11 23:10 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

スズメバチに擬態  07.4.25

e0070891_2112827.jpg
        この写真は、 4.18「春の虫」  で「ヒメスズメバチ」として紹介しました。
        が、正しくはスズメバチに擬態した 「ナシアシブトハバチ」 でした。 『ちゃわんむし』さん、ありがとう。

        では、本物のスズメバチは。
e0070891_2122124.jpg
        この写真はオオスズメバチの狩り  06.6.5 で紹介した、コマルハナバチを狩りしているオオスズメバチです。
        冷静に観察すれば、顔のつくりが違いますね。


        「スズメバチに擬態」と聞いて、すぐに思い出すのは 「トラフカミキリ」 です。
e0070891_2174292.jpg
        もう一種、 「ヨツスジトラカミキリ」 も。
e0070891_219867.jpg


        このほかに 「スズメバチに擬態」 する虫の画像を持ち合わせないので、興味ある方は
        「神奈川県立生命の星・地球博物館」が発行する情報誌「自然科学のとびら」に掲載された、
        「擬態虫―ハチを見たらハチでないと思え―(3)」 をお読みください。

        いずれの虫も 「黄色と黒」 の模様をしていて、一見、スズメバチを思い起させる配色をしています。
        「黄色と黒」 で思い出すのは、鉄道の踏み切りや工事現場の黄・黒の警告マークです。
        この配色を見ると、なぜかドキッとしませんか。
        もしかすると、ヒトがサルから進化する過程で野原や森林内で採集活動をしている時に、
        しばしば襲われたであろうスズメバチへの恐怖、を思い出させるからではないでしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2007-04-25 21:23 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

春の虫 2  07.4.18

寒さがぶり返して虫の出が悪いような気がします。
とはいえ、ひょんなことで羽化直後のチョウを見たりします。


ナミアゲハ  07.4.15 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F5.6
e0070891_19195997.jpg
小谷戸の里の事務所に顔を出すと「羽化したばかりのアゲハがいますよ」と教えられました。
玄関のまん前、ヒイラギの木の地面から30cmほどの所にいました。


ツマキチョウ  4.14  1/500,F5.6
e0070891_19252182.jpg
先日キアゲハを撮影したムラサキケマンに2匹目のドジョウがいました。
めったにとまってくれないツマキチョウは、ムラサキケマンでゆっくりと吸蜜することは知られています。何頭もの個体が次々に飛んできますが、撮影できたのは10番目くらいのチョウでした。


ヒメスズメバチ → ナシアシブトハバチ  4.18  ISO400 1/180,F5.6
e0070891_19382177.jpg
雨の合間に散策、尾根道の脇のスギナ(?)に大きなスズメバチがとまっていました。恐る恐る近づいて撮影、帰宅後しらべてみるとヒメスズメバチでした。人を襲うほどではないハチですが、今の時期いるのは越冬した女王蜂で、これから巣作りをして一家を構えていくはずです。
[PR]
by higirinikki | 2007-04-18 19:39 | 舞岡公園の虫 | Comments(12)