タグ:ナナホシテントウ ( 8 ) タグの人気記事

■ 共生と天敵   13.5.18

心配していた天気は絶好の行楽日和、小谷戸の里では「舞岡公園開園20周年記念イベント ”田んぼで婚活”」が行われていた。プライバシーを尊重すべく、記事にするのはやめます。

野生の世界では、「食物連鎖」の中で天敵がいるのだが、その天敵から身を守ってやるかわりに恩恵を受ける「共生」という仕組みもある。
この関係を身近に見えるのが、ナナホシテントウ・アブラムシ・アリの三者関係だ。


アブラムシを食べるナナホシテントウ   13.5.18   FUJIFILM 24-624mm(trimming) ISO1600 1/1900,F8
e0070891_2110696.jpg
        カラスノエンドウの新鮮な茎に、アブラムシがびっしりといた。(種は同定していない)
        いたずら心を起こして、別の所にいたナナホシテントウを連れてきた。
        期待通りに、すぐにムシャムシャとやりだした。幼虫も成虫もナナホシテントウにとって、アブラムシは”ご馳走”なのだ。


アブラムシを守るアリ   5.8   〃   1/850,F8
e0070891_21163676.jpg
        こちらは別の種類のアブラムシがカラスノエンドウにびっしりとついていた。
        天敵テントウムシの姿が見えない。アリが守っているようだ。
        その”恩恵”として、アブラムシのお尻から出る甘い汁をいただく、という仕組み・これが共生だ。
[PR]
by higirinikki | 2013-05-18 21:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 季節たがえず   12.3.15   (イタドリハムシ、ナナホシテントウ)

今日も青空で気温は春。

きのうの散策で、スイバの葉が目立っていた。となれば、あの虫がいるはずと目をこらすと、「いた、いた」。
テントウムシといえば「ナナホシテントウ」のこと。それにそっくりな「イタドリハムシ」。
両方が動き回っていました。虫は季節を敏感に感じ取って出現しているのですね。


イタドリハムシ   12.3.14   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/1000,F8
e0070891_19371596.jpg



ナナホシテントウ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_19382426.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-03-15 19:39 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ヤブガラシに集まる虫   11.7.11   (ナナホシテントウ、クロウリハムシ、コアシナガバチ)

本格的な夏が到来しました。なんとなく疲れていて、暑い陽の中の散策に出る気がせず、高校同窓会HPの充実案やらに頭をめぐらせる休養日としました。

谷戸の斜面や垣にはヤブガラシが元気よくつるを伸ばして花を咲かせ始めています。
蜜たっぷりの花には、いろいろの虫がやってきています。


ナナホシテントウ   11.7.8   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_1832069.jpg
        アブラムシが「大好物」だということは知っていますが、花の蜜も吸うのですね。


クロウリハムシ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_18345449.jpg
        その名の通り「カラスウリ」の葉を食べているシーンはよく見ますが、
        この花の蜜を吸っているのは初めて見ました。


コアシナガバチ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_18384583.jpg
        スズメバチは花に集まる小さな虫を狩りに来ますが、アシナガバチは蜜を吸いに来るのでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2011-07-11 18:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春が来た (8)   11.3.25   (ナナホシテントウ、アシブトハナアブ、ナミホシヒラタアブ♂)

地震発生から2週間がたちました。ずっと前のような気がします。
考えてみると、この間に予定していた海外旅行と、飲み会を2回、中止して電車には乗っていません。

今日の午前中は青空がひろがっていた。午後になると崩れるという予報、昼前にきのうの撮り残しを捜しに散策に出た。
今日も虫さんです。


ナナホシテントウ   11.3.25   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/200,F8
e0070891_18514445.jpg
        きのう間違えたナナホシテントウを、カラスノエンドウの葉にいるところを見つけた。
        よく見るとアブラムシを「退治」しているところでした。


アシブトハナアブ ♂   〃   〃 1/800,F8
e0070891_203831.jpg
        枯れ葉にばかり止まって、見栄えのよい写真を撮らせてくれません。
        尻が尖ってみえるのが♂です。♀はふっくらした印象です。


ナミホシヒラタアブ ♂   〃   〃 1/200,F8
e0070891_18581287.jpg
        こちらは、花とのセットで撮れました。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-25 19:02 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 春の息吹 (4)   10.3.15   (イタドリハムシ、ナナホシテントウ、アシブトハナアブ)

花曇りの空、西から雨域が広がっているようです。今日は休養日としました。

このところの暖かさで春の虫たちが動き始めました。


イタドリハムシ   10.3.11   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/250,F8
e0070891_18242474.jpg
        園路際の営農畑の斜面でオレンジ色の虫が飛んでいました。早春に姿を見せるイタドリハムシでした。
        飛び立つシーンを撮りたかったのですが、シャッターチャンスを掴むことができませんでした。


ナナホシテントウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_18281383.jpg
        よく似た色の甲虫仲間です。
        こちらは枯れ葉の上で日光を浴びて温まっているようです。


アシブトハナアブ   3.14   〃   1/500,F8
e0070891_1831296.jpg
        こちらも早春から姿が目立つアブです。脚が太いのですが隠れて見えないですね、すみません。
        なお、これは♂、♀は同じ種とは思えないほど姿・形が違います。見つけられなかったです。
[PR]
by higirinikki | 2010-03-15 18:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ 小さな虫   09.2.23   (ナナホシテントウ、フタホシヒラタアブ、)

終日、小雨降る日。映画界に明るいニュースが飛び込んできた。米アカデミー賞の発表・表彰式で、「おくりびと」が「外国映画賞」、「つみきのいえ」が「短編アニメ賞」をそれぞれ受賞した。
オスカー像を手にした「つみきのいえ」の加藤監督は「重い」とひとこと。
じつは、私も30年近く前にオスカー像を手にしたことがあります。もちろん「入手」したのではなく「持った」だけですが。
物理的な重さだけでなく、受賞するまでの苦労や喜びも「重い」思いをしただろうと共感を覚えました。

「虫の季節」を前にして、「虫の眼」を取り戻す練習もしなくては。日溜りにいた小さな虫です。


ナナホシテントウ   09.2.21   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/250,F8
e0070891_18172243.jpg
        枯れ葉の山の中で真紅のナナホシテントウが忙しく見え隠れしていました。
        AFが追いつきません。


フタホシヒラタアブ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1822673.jpg
        いそうでいないナミホシヒラタアブ、ひさしぶりの再会でした。


ムシヒキアブの一種?   2.18   〃   1/250,F8
e0070891_18235693.jpg
        この頃見かける虫です。ハエなのか、アブなのか、種名不明です。
[PR]
by higirinikki | 2009-02-23 18:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ キタキチョウ初見   08.3.13   (キタキチョウ、セイヨウミツバチ、ナナホシテントウ)

晴れは今日まで、そろそろ「鳥の目」から「虫の目」への切り替えをしてみようと試みました。
生態写真としてもおもしろいシーンが撮れました。


キタキチョウ初見   08.3.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F8
e0070891_18202923.jpg
        8日に見られなかったキタキチョウです。私にとっての「今年初見」です。
        成虫で越冬するチョウです。綺麗な姿をして元気に飛んでいました。


花粉まみれのホソヒラタアブ   〃   〃   (trimming) 1/250,F8
e0070891_18234692.jpg
        「虫の目」を取り戻す恰好の練習台です。
        新鮮な花を見つけて吸蜜するのでしょうか。オシベにとまって花粉まみれになっていました。


吸水するセイヨウミツバチ   〃   〃   (trimming) 1/750,F5.6
e0070891_18264326.jpg
        谷戸田の山側の流れにミツバチが飛びこんでいきました。
        浅瀬に入って吸水しているように見えますが、そうでしょうか。


交尾するナナホシテントウ   〃   〃   (trimming) 1/180,F8
e0070891_18301341.jpg
        緑の葉の中を真っ赤な大きめの点が動いて見えました。
        大きく見えたのは交尾中の2頭だったからです。
[PR]
by higirinikki | 2008-03-13 18:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 越冬する昆虫   08..1.24

きのうの寒さが去って、今日は小春日和に近い穏やかな日中でした。誘われて散策に。
「虫の目」をこらすと、いろいろな形で越冬する昆虫たちを見つけました。


ムラサキシジミ   08.1.24   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/500,F6.7
e0070891_19132287.jpg
        「宮田池」に降りて行く山道、枯れ葉の上に鮮やかな紫色が見えました。
        後翅がだいぶ傷んでいますが、暖かな陽射しで暖をとっているようでした。


ナナホシテントウ   〃   〃   1/500,F6.7
e0070891_19165999.jpg
        営農田の山側の石垣に赤い点を見つけました。
        ナナホシテントウは木のうろなどで集団越冬するのですが、この個体は陽射しで暖まった石の上で暖をとっているようです。


クワコ繭   〃   〃   1/500,F6.7
e0070891_20101685.jpg
        1番田んぼ山側のクワの枝に繭が絡んでいました。


コカマキリ卵嚢   〃   〃   1/500,F6.7
e0070891_20121682.jpg
        「ねむのき休憩所」下の園路際の電柱にコカマキリの卵嚢がついていました。
        こんな目立つ所にあるので、すでに一部分を鳥に食われています。
[PR]
by higirinikki | 2008-01-24 20:14 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)