タグ:ナンバンギセル ( 11 ) タグの人気記事

■ 赤紫色の花   14.8.25   (ナンバンギセル、ミソハギ、コバノカモメヅル)

天気がはっきりしないが、気温は30℃を越えなかった。午後2時からの会議に出るために、早めに家を出た。風が弱く蒸し暑さはかわらないが、たしかに暑苦しさは感じなかった。

赤紫色の花の印象が残った。


ナンバンギセル   14.8.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/80,F4.5
e0070891_1874577.jpg
e0070891_1881784.jpg
        古民家・水屋裏のミョウガの群落の中で茎を伸ばしていた。
        たしかに煙管の雁首に似ています。


ミソハギ   〃   〃    1/350,F4.5
e0070891_18104850.jpg
        古民家・母屋の裏庭で満開になっている。
        黄色いキンミズヒキとの色の対比が綺麗だ。


コバノカモメヅル   〃   〃    1/380,F8
e0070891_1815549.jpg
        長久保のカラタチの垣に絡んで咲き始めていた。
        細い捻じれた花弁がおもしろいですね。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-25 18:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 小谷戸の里で (4)   13.9.5   (ゲンノショウコ、ナンバンギセル、ホウチャクソウ)

黒雲が南から北の方向に速足で流れて行き、時折り激しく雨が降りしきる。今日も散策には出られない。

31日撮影の画像からです。


ゲンノショウコ   13.8.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/170,F9
e0070891_18124990.jpg
        絵になる被写体が少ない。花のうしろには種子の出来始めが見える。


ナンバンギセル   〃   〃   ISO400 1/280,F3.3
e0070891_1817418.jpg
        そろそろ花のシーズンが終わりそうですが、いっぱい出ていたんです。


ホウチャクソウ   〃   〃   ISO400 1/280,F3.3
e0070891_18183887.jpg
        双子の黒い実、ナルコユリとはちがいますね。
[PR]
by higirinikki | 2013-09-05 18:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ナンバンギセル   13.8.12

もう同じことを言うのは「ヤメ」にします。

きのうの早朝速足散策で見つけたのがナンバンギセル。心急く撮影のため、構図などに配慮できませんでいた。


ナンバンギセル   13.8.11   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/85,F3.3
e0070891_21585287.jpg
e0070891_21592140.jpg
e0070891_21593396.jpg
        ミョウガの群れの中で赤紫色のキセルが見えます。
[PR]
by higirinikki | 2013-08-12 22:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 煙管   12.8.18   (ナンバンギセル、ガンクビソウ)

不安定な天気、真っ黒な入道雲があちこちに膨れ上がっている昼前、小谷戸の里でプチボラをした後、ざっと散策した。
1週間ぶりだったので、新しい花がいくつかあった。その中からです。


ナンバンギセル   12.8.18   FinePix F200EXR 100mm/macro ISO400 1/70,F3.3
e0070891_21191161.jpg
        毎年発生するミョウガの根元、雨に濡れたガンクビの色が綺麗だった。
        南蛮の煙管は、こんな姿・色をしていたのだろうか。


ガンクビソウ   〃   〃   1/180,F3.3
e0070891_2122373.jpg
        煙管といえば両端が金(カネ)で真ん中は竹。
        刻み煙草を詰める火皿が「ガンクビ」ですね。 アングルが悪くて、雁首に見えないか。
[PR]
by higirinikki | 2012-08-18 21:26 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 遠くの花   11.10.22   (トリカブト、ナンバンギセル、ヤマラッキョウ)

きのうから、明日の朝まで雨模様の天気。ときどき大雨になるらしい。

雨の切れ間を縫って、3時過ぎから「夕方散策」に出ました。マクロでは撮れない位置の花も撮っているのですが、150mm相当を手持ちではいい写真は撮れませんね。


トリカブト   11.10.22   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/27,F5.1
e0070891_20581861.jpg
        園路際の笹薮の上の方に紫色の花が。トリカブトの一種なのですが、近くに寄らないと判別できない。


ナンバンギセル   〃   〃   1/52,F5.1
e0070891_212375.jpg
        田んぼの流れの向こう側、刈られたススキの株の根元のあいだに見えました。
        まだ、その季節だったのですね。


ヤマラッキョウ   〃   〃   1/40,F5.1
e0070891_2155067.jpg
        その向こうに、ヤマラッキョウの蕾の姿が見えました。
[PR]
by higirinikki | 2011-10-22 21:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ キセルの仲間   11.9.5   (ガンクビソウ、ナンバンギセル)

台風一過とはいかない、時々ザーと雨が落ちてくる一日、「なでしこジャパン」が難敵オーストラリアに辛勝、ハラハラドキドキしながらTV観戦をおえたところ。

里山にはキセルの仲間の姿を見ることができます。


ガンクビソウ   11.8.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/13,F8
e0070891_18404029.jpg
       「ガンクビ」とは?
        形が雁の首に似ているところから、キセルの頭部をいう。先端にタバコを詰める火皿がある。
        キセル(煙管)を見たことがある方には、わかる説明でしょうか。

 
e0070891_18412037.jpg
        山道の傍らにあった株の全体の姿です。


ナンバンギセル   89.4   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/60,F3.3
e0070891_18483087.jpg
        こちらは「南蛮渡り」のキセル?形はよく似ていますね。

e0070891_18494836.jpg
        ススキやミョウガの足元に群生します。
        ここには宿主の姿が見えないのですが、たぶんススキが生えていたのだと思います。

        参考まで
        キセル(煙管)は、刻み煙草を詰める火皿(椀形の部分)に首のついた「雁首」(火皿の付け根から羅宇と接合する部分まで)、
        口にくわえる部分の「吸い口」、
        それらをつなぐ管の「羅宇」(らう;らおとも読む)から構成されます。

        両端が金(かね)、真ん中が竹なので、電車賃を誤魔化す手段を「キセル」と呼ぶ。(余計な話でした)
[PR]
by higirinikki | 2011-09-05 18:56 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ナンバンギセル   10.8.21

高校野球は沖縄・興南高校の春・秋連覇で閉幕しました。島袋君、ヤクルトへ来ないか?

ススキの根元に寄生するナンバンギセルを探してみました。某所で見つけました。成長途上のようです。


ナンバンギセル   10.8.19  PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F9
e0070891_18304151.jpg
e0070891_18305789.jpg
        ナンバンギセル(南蛮煙管):ハマウツボ科ナンバンギセル属
        一年生の寄生植物。ススキ、サトウキビ、ミョウガなどの根に寄生する。

        名前の由来は、この2枚目を見ればわかりますね。 「キセル」をしらない人には、ヒントにはなりませんが。
[PR]
by higirinikki | 2010-08-21 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 古民家裏庭の草花 (2)   09.8.20   (タマアジサイ、ウメモドキ、ナンバンギセル)

今日もきつい暑さの日でしたが、風はかわいた感じで日陰に入れば蒸し暑さは感じさせなかったです。

きのうの続きです。


タマアジサイ   09.8.19     PENTAX K20D 100mm/macro ISO800 1/400,F8
e0070891_18392739.jpg


ウメモドキ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18394999.jpg


ナンバンギセル   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18401495.jpg

   8.14   〃 ISO200 1/20,F8
e0070891_18402916.jpg
        上はミョウガのあいだで発生しています。
        下は園内某所のススキのあいだで見られました。
[PR]
by higirinikki | 2009-08-20 18:43 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 古民家の花(2)   08.8.27   (ツルボ、シラヤマギク、ナンバンギセル)

ひさしぶりの陽射しで暑さがすこし戻ったようです。すこし涼しい日が続いても、季節は着実にすすんでいるようです。
古民家の周囲で咲き始めていた花たちです。


ツルボ   08.8.27   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F6.7
e0070891_18235291.jpg


シラヤマギク   〃   〃   1/60,F6.7
e0070891_18263320.jpg


ナンバンギセル   〃   〃   1/60,F6.7
e0070891_1828111.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-08-27 18:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(16)

■ 小谷戸の里の草花 (4)    07.8.18

きのうの散策、8時半すぎですが門が開いていて古民家の庭に入れました。
8日ぶりともなれば、新しい花も咲いています。暑さと空腹(朝食なしではすまない)で、落ち着いて三脚を据えての撮影にリキが入りませんでした。


センボンヤリ   07.8.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/15,F8
e0070891_2143975.jpg
        ここに「千本槍」の槍先があったとは。成長(?)の早いこと。     05.10.31  センボンヤリ


タマアジサイ   〃   〃   1/10,F8
e0070891_2193932.jpg
        待ちかねていたタマアジサイの球が崩れて、アジサイの花が咲き始めていました。  タマアジサイ  06.8.24


オミナエシ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_21132919.jpg
        「秋の七草」のひとつ、野生ではあまり見られなくなりました。  オミナエシとオトコエシ  06.8.28


ナンバンギセル   〃   〃   1/10,F8
e0070891_21164061.jpg
        「水屋」裏のミョウガ畑の中で、今年も咲いていました。  ナンバンギセル  06.8.26


ウメモドキ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_21193655.jpg
        母屋の裏の垣で毎年、赤い実をつけます。今年は赤くなるのが早いのでしょうか。  05.12.10  ウメモドキ
[PR]
by higirinikki | 2007-08-18 21:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)