タグ:ニガキ ( 3 ) タグの人気記事

■ こんな木の花   11.5.26   (ニガキ、ケンポナシ、アワブキ)

梅雨間近の薄曇りの一日。高い木の上をひらひらと飛ぶアカボシゴマダラ春型を追っていると、「あれ?こんな木の花が?」と思わせるシーンに気づきます。


ニガキ   11.5.16   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/25,F8
e0070891_2004934.jpg
        瓜久保に入ってすぐの左手、雄花が咲いていました。もう2~3日早ければ、という状態でした。
e0070891_20183829.jpg
        長いおしべが目立ちます。


ケンポナシ   5.24   〃    1/800,F8
e0070891_2042273.jpg
        狐久保入口右手に高くのびている木の枝先に蕾がついています。
e0070891_19194289.jpg
        09.6.6の花です。


アワブキ   〃   〃    1/80,F8
e0070891_2082119.jpg
        前田の丘にある株、冬芽は何回か撮影していましたが、花はまだでした。
        開花するのは、もうすこし先のようです。
[PR]
by higirinikki | 2011-05-26 20:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 木の花   09.5.4   (ニガキ、ミズキ、ムクノキ)

連休中に続いた爽やかな春の好天も今日までとか。
今日は滞っていた倉庫の整理と雛人形を娘の家に送ってやる作業で一日を費やしました。
28日から1日の間に撮影した木の花です。


ニガキ   09.4.28   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_20223082.jpg
        「冬芽・葉痕」では有名な木なのですが、瓜久保にあった記憶はあったのですが、
        実際に葉が繁った状態は初めて撮影しました。
        タイミングよく蕾が膨らんでいました。どうも、この木は雄樹のようです。


ミズキ   4.29   〃   1/2000,F8
e0070891_20313811.jpg
e0070891_20315797.jpg
        谷戸の斜面を見ると「こんなにミズキが生えていたのか」と思うほど、
        あちこちにミズキの白い花がいっぱい咲いています。


ムクノキ   5.1   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/125,F5.1
e0070891_20254091.jpg
        「ばらのまるの丘」東門の前で大きな根を見せているムクノキです。
        ふと上を見ると、花が咲いていました。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-04 20:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ こんな木が   08.7.16   (ヤマナラシ、ニガキ、ゴンズイ)

「田の草取り も大事でしょうが、庭の草取りも大事にしてね」 との家人の勧めにより、大リーグ・オールスター戦の合間に暑さの中、一汗かきました。
在庫写真の中から陽の目を浴びる可能性の少なかった 「木の葉」 を取り上げることにしました。


ヤマナラシ   08.6.28   PENTAXistDs 100mm/macro 100mm/macro ISO200 1/30,F13
e0070891_15115499.jpg
        ヤナギ科ヤマナラシ属
        北海道~九州の山地に生える。樹形は卵形。
        葉柄が扁平なため風で葉が揺れやすく、カラカラと音が鳴るのでこの名がある。
        別名ハコヤナギ。葉は菱形~円形で、樹皮は菱形の模様があり独特。

        散策仲間のKoさんと瓜久保かっぱ池の畔で、その所在を教えられました。


ニガキ   〃   〃   1/15,F13
e0070891_152438.jpg
        ニガキ科ニガキ属の高木。
        日本各地の山地に点々と生える。
        葉も花も果実も目立たず、地味なことこの上ないが、葉をかじると非常に苦い。
        材は健胃薬として利用される。

        ニガキが瓜久保にあることはなんとなく知っていたが、どれとはわからなかった。これもKoさんに教えられたもの。
        冬芽の姿が非常にユニークなことも知っているので、来たるべき冬が楽しみになりました。


ゴンズイ   7.11   〃   1/60,F8
e0070891_15364573.jpg
        ミツバウツギ科ゴンズイ属の小高木。
        関東地方~沖縄の雑木林などに生える。
        樹皮は白黒のしま模様になることが特徴で、果実は秋に赤く熟し、裂けて黒い種子を出す。

        ゴンズイは園路南端付近にあって樹木観察を始めて以来見てきました。  05.10.18 ゴンズイ
        この木は東門から谷戸に降りて行く雑木林の中の小道脇にありました。
        葉の形も実もゴンズイそっくりです。まず、ゴンズイで間違いないと思うのですが。
[PR]
by higirinikki | 2008-07-16 18:04 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)