タグ:ニホンミツバチ ( 10 ) タグの人気記事

■ ネコヤナギ   12.3.26

今日も「俄か雨」が降って寒い一日、いつまで冬が続くのだろう。

谷戸にあるネコヤナギの花が咲き始めて、ミツバチが飛びまわっている。


ネコヤナギ   12.3.21   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/800,F8
e0070891_19283240.jpg
        水車小屋付近から南の谷戸田を見たところです。
        手前に生えているネコヤナギの花芽が一斉にほころび始めています。
e0070891_19253162.jpg


ネコヤナギの花   〃   〃   1/500,F11
e0070891_19301683.jpg



ニホンミツバチ   〃   〃   1/500,F11
e0070891_19311376.jpg
        どこからやって来るのだろうか。
        腹の縞々が黒っぽい、ニホンミツバチが花粉玉を肢の付け根にまとっている。
[PR]
by higirinikki | 2012-03-26 19:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 目当ては花粉かな?蜜かな?   11.10.14   (セイヨウミツバチ、ニホンミツバチ、ハナアブ)

せっかく秋晴れが続いていたのに、西から天気が崩れ始めたようだ。

それほど「花粉たっぷり、蜜たっぷり」とは思えないのだが、この季節に群生するコセンダングサの花には多くの昆虫が集まってきます。


セイヨウミツバチ   11.10.13   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/500,F3.3
e0070891_17555880.jpg
        ヒメアカタテハを狙って撮影していた写真に飛翔しているセイヨウミツバチが写っていました。
        下のニホンミツバチと比べて腹の黄色い縞の幅が大きいのがわかります。

e0070891_181367.jpg
        小さな舌状花をつけたコセンダングサ、花粉をいっぱい抱え込んだセイヨウミツバチ。
        どこで集めてきたのでしょうね。


ニホンミツバチ   〃   〃    1/500,F3.3
e0070891_1863576.jpg
         こちらは、キタテハを狙って撮影していた写真にニホンミツバチが写っていました。
        黄色い縞の幅が狭いですよね。



ハナアブ   〃   〃    1/500,F3.3
e0070891_1894480.jpg
        こちらはミツバチではなく「ハナアブ」、ハチではありません。
        ハチとアブの違いでいちばんわかりやすいのは、「ハチは4枚翅なのに対して、アブの翅は2枚」ということ。
        アブには、お尻に針がなく刺されることはありません。ただ血を吸うアブがいるので「要注意」です。
[PR]
by higirinikki | 2011-10-14 18:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春が来た (7)   11.3.24   (ウラギンシジミ、ニホンミツバチ、イタドリハムシ)

午後になってすこし青空が見えた。まだ冬の気温だが、ひさしぶりの散策に出た。   (「観察記録」 もご覧ください。)
帰宅すると「東京都は水道水の検査結果、放射線量が基準値以下になったので“乳児接種抑制”を解除」というニュースが流れていた。案の定、変動する数値に慌てふためいて行動するバカ(行政も民衆も)を露呈したのだ。明日また数値が上がったら、どうするのだろうか?

20日の散策では、春の虫の姿もとらえていました。



ウラギンシジミ ♀   11.3.20  PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1885520.jpg
        どこで越冬していたのだろうか。けっこう綺麗な姿をしています。


ニホンミツバチ   11.3.20  PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_18113649.jpg
        ネコヤナギの花から花粉を集めているのは、腹が黒いニホンミツバチでした。


イタドリハムシ   11.3.20  PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1814549.jpg
        ナナホシテントウと一瞬見違いましたが、飛び上がった姿で違うとわかりました。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-24 18:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ リョウブの花に集まる虫 (2)   09.6.20  (セイヨウミツバチ、ニホンミツバチ、コマルハナバチ)

梅雨の中休みでしょうか、蒸暑い晴れの日。3日ぶりの散策、新しい花がたくさん咲き始めていました。
お約束を果たさないと、時期遅れになってしまうので掲載します。
                                                                     「舞岡公園の昆虫図鑑」


セイヨウミツバチ   09.6.17   PENTAX K20D 28-200mm (trimming) ISO400 1/200,F8
e0070891_1838818.jpg


ニホンミツバチ   〃   〃 〃 1/320,F8
e0070891_183952100.jpg


コマルハナバチ  ♂   〃   〃 〃 1/320,F8
e0070891_1841725.jpg


クマバチ   6.20   〃 〃 1/640,F8
e0070891_1842256.jpg


アオハナムグリ   〃   〃  1/320,F8
e0070891_18432258.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-06-20 18:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春の虫たち   09.3.16   (ニホンミツバチ、アシブトハナアブ、)

10~12日の散策で出会った虫たちです。

ニホンミツバチ ?   09.3.10   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/350,F8
e0070891_16213958.jpg


アシブトハナアブ   3.12   〃(no tri)    1/750,F5.6
e0070891_16223616.jpg


ハエの一種   〃   〃    1/180,F8
e0070891_1625015.jpg
        この花はフッキソウです。雌雄異花の説明は、 こちら をご覧ください。
[PR]
by higirinikki | 2009-03-16 16:28 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 虻蜂、撮ったり!(2)   08.10.28   (ホソヒラタアブ、セグロアシナガバチ、ニホンミツバチ)

今日はひさしぶりの秋晴れでした。午前中は散策に、午後は都心での行事に参加してきました。
先週の在庫写真から、アブとハチです。

ホソヒラタアブ   08.10.21   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_21543719.jpg
        小さい綺麗なハナアブです。ことさらに綺麗に撮れて嬉しいです。


セグロアシナガバチ   〃   〃   1/90,F8
e0070891_21572832.jpg
        案山子の衣装の黒い生地に見慣れぬ大型のハチがとまっていました。
        図鑑でセグロアシナガバチと同定しました。


ニホンミツバチ   10.22   〃   1/90,F8
e0070891_2203065.jpg
        センダングサの花で吸蜜している黒っぽいハチがいました。
        先日紹介したセイヨウミツバチにくらべると、腹全体が黒いですね。
        セイヨウミツバチが養蜂用に外来導入されたのに対て、ニホンミツバチは日本在来の種です。
        どこに営巣しているのでしょうね。
[PR]
by higirinikki | 2008-10-28 22:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ 虫さん、こんにちは   08.5.12  (ダイミョウセセリ、ニホンミツバチ、ジンガサハムシ)

寒い日が続いています。散策もお休みしています。
9日に撮った虫たちに、正面顔を撮ったものがいくつかありました。


ダイミョウセセリ   08.5.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_2073580.jpg
        チョウ目 セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科
        大きさ (前翅長)15-21mm
        時 期 4-10月
        分 布 北海道・本州・四国・九州
        黒地に白帯のあるセセリチョウ。翅を完全に開いてとまることが多い。
        地方によって翅のもように違いがあり、東京付近には白帯がはっきりしない「関東型」が、
        大阪付近には白帯が明瞭な「関西型」が多い。写真は「関東型」。


ニホンミツバチ   〃   〃(trimming)   1/180,F8
e0070891_2075570.jpg
        ハチ目 ミツバチ科
        大きさ (働きバチ)13mm前後
        時 期 3-11月
        分 布 北海道・本州・四国・九州
        最もなじみ深いハチのひとつ。暗茶褐色で、腹部に縞模様がある。
        セイヨウミツバチより全体に黒っぽく、腹部上部はオレンジ色にならない(セイヨウミツバチはオレンジ色)。
        セイヨウミツバチは養蜂のために移入されたものだが、この種類はもともと日本にいたもの。
        木の洞や地中に巣を作る。


ジンガサハムシ   〃   〃(trimming)   1/45,F8
e0070891_2081726.jpg
        甲虫目:ハムシ科
        分 布 北海道,本州,四国,九州
        大きさ 7.2-8.2mm
        食 草 ヒルガオ(ヒルガオ科)


横顔ですが   アオスジアゲハ   〃   〃(trimming)   1/180,F8
e0070891_2132055.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-05-12 20:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ コアシナガバチ女王蜂の巣作り   08.4.17

きのうの散策のテーマは、「田んぼまわりの草花」と「チョウやハチなどの虫」を撮る、ことでした。
今日は、ハチ3種です。


コアシナガバチ女王蜂の巣作り   08.4.16   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_184578.jpg
        「堆肥場」奥、群生するヤエムグラの中の細い木にハチがとまっていました。
        アングルを変えて何枚も撮影している間も、じっとしています。
        帰宅後、PCで拡大し観察して「コアシナガバチ」であることを確認しました。

        ネットで勉強しました。これは女王蜂がひとりで巣をつくり、最初の卵を産もうとしているところでした。
        この小さい巣は、卵が孵って幼虫になるにつれて深くし最後は蛹になり成虫ハチになって出ていきます。
        時間をずらして、隣りに巣穴を次々に作っていくので、巣穴が横に並んだバナナのように反り返った巣になるそうです。
        先に成虫になったハチたちは、女王蜂に代わって弟妹の幼虫の世話をします。

        参考になる記事を見つけました。 珍獣様の博物誌・コアシナガバチ

        できたら、この巣が大きくなっていく過程を観察し続けられればいいのですが。


セイヨウミツバチ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_18224285.jpg
        14番田んぼに一群れのレンゲが咲いています。その花につぎつぎと飛び移って吸蜜しているミツバチを見つけました。
        尖ったレンゲの花の中に頭を突っ込んでは、すぐに次の花に移っていきます。
        頭は花粉にまみれています。花と虫の共存共栄関係を実感します。


ニホンミツバチ ?   〃   〃   1/125,F8
e0070891_18292894.jpg
        こちらは4番田んぼ畦のオオジシバリで吸蜜・花粉集めをしているミツバチです。
        腹の紋様が花粉にまみれていて、よく見えませんがニホンミツバチだとすると珍しい個体です。
[PR]
by higirinikki | 2008-04-17 18:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

イヌコリヤナギの花  07.3.6

今日は旧暦にいう「啓蟄(けいちつ)」。春が来るとともに地中の虫が這い出てくる、という日です。しかし、暖かさも夕方まで、また冬の寒さに戻りそうです。

この日までの暖かさで、小谷戸の里・古民家の裏庭にあるイヌコリヤナギの花芽がほころび始めていました。

イヌコリヤナギ  03.3.4 PENTAXistDs 100mm/macro(trimming)
                            ISO200 1/90,F8
e0070891_21221366.jpg
日当たりの良い湿地や川岸などに生える,高さ 2 ~ 3 メートルの木です。花芽は白い綿毛に包まれています。
コウリヤナギ(コリヤナギ;行李柳)に似ているが役に立たないという意味の名前です。


   2年前の春。ニホンミツバチが吸蜜に飛び交っていました。
e0070891_21254314.jpg
   05.3.19 PENTAXistDs 80-200mm 1/500,F8
[PR]
by higirinikki | 2007-03-06 21:29 | 舞岡公園の草木 | Comments(13)

 05.12.31  思い出の一枚(2) ニホンミツバチ

e0070891_21154915.jpg
撮影データ 05.3.19 PENTAXistDs 80-200mm 1/500,F8

昆虫写真を撮り始めたもっとも初期、自分にもこんな写真が撮れるんだと「うぶな」喜びを与えてくれた写真です。以後、恥も外聞もなくHPに「舞岡公園の昆虫図鑑」(http://higiridayori.web.infoseek.co.jp/zu-musi-hyousi.html)を始め、310種も掲載することができました。

9月10日からのBlog開始以来、とぎれることなく続けるこtができました。ご覧くださった皆さん、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。
[PR]
by higirinikki | 2005-12-31 21:32 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)