タグ:ノブドウ ( 6 ) タグの人気記事

■ 草の実 (2)   12.11.26   (アカネ、ノブドウ、ヘクソカズラ)

午後になって荒れ模様の天気に、気温も上がらず寒い一日だった。

蔓草の実を集めてみました。


アカネ   12.11.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/80,F8
e0070891_1838371.jpg
        今年は「蔓草刈」に遭わずに、実が黒く色づいています。
        「茜染め」は、この蔓の根から取った色素を使います。


ノブドウ   11.18   〃   1/400,F10
e0070891_18412241.jpg
        これはノブドウの実ではなく、虫こぶが色づいているのです。
        こちらも蔓草刈に遭わずに、虫こぶが色とりどりに色づいていました。

ヘクソカズラ   〃   〃   1/400,F10
e0070891_1844349.jpg
        こちらは、園内のどこも蔓草狩りに遭って姿が見えません。
        アカネの近くで残っていた実、無事に黄金色になっています。
[PR]
by higirinikki | 2012-11-26 18:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 草木の実   11.9.29   (ノブドウ、ヤブガラシ、コブシ)

昨夜は3日間の旅から帰ってきました。写真を整理して後日報告します。
今日は、そろそろ「案山子祭り」に参加する案山子が出揃った頃と、散策に出ました。40体の案山子が立っていました。こちらも、近〃報告いたします。

残り少なくなった在庫写真からです。


ノブドウ   11.9.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/25,F8
e0070891_2315813.jpg
        あまり綺麗な色づきではなかったのですが。


ヤブガラシ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_2334229.jpg
        今までに見つけたことのない場所に、またヤブガラシの実を見つけました。


コブシ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_2361450.jpg
        先日の台風の強風で落ちていた実です。
[PR]
by higirinikki | 2011-09-29 23:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ブドウの仲間   10.7.28   (ノブドウ、エビヅル、アオツヅラフジ)

今日の午後は炎天下、歯医者まで虫歯治療に歩いて行きました。暑さに「降参」です。

23日の早朝散策で出会ったブドウの仲間たちの花と実です。ヤマブドウとは出会えませんでした。


ノブドウ   10.7.23   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/30,F8
e0070891_20344720.jpg
e0070891_20351832.jpg
        この花はヤブガラシの花と似ていますね。
        花弁とオシベが落ちた後、メシベが残っています。


エビヅル   〃   〃   1/50,F8
e0070891_2037514.jpg
e0070891_20372744.jpg
        エビヅルは雌雄異花、これは雄花です。


アオツヅラフジ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_20385349.jpg
e0070891_20391059.jpg
        アオツヅラフジは雌雄異株、こらは雌株です。
[PR]
by higirinikki | 2010-07-28 20:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 色々の実 (2)   09.10.25   (ツルウメモドキ、ノブドウ、イシミカワ)

今日は田んぼ作業の締めくくり「脱穀」、雨のため室内での作業でした。収量は籾の状態で58kgでした。

23日の散策で見つけた「色々の実」つづきです。


ツルウメモドキ   09.10.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_17505128.jpg
        北門付近の大桑の木に絡んだツルウメモドキの実が色づいてきました。
        もっと引き寄せて撮影したいのですが、手近な所には蔓が下りていません。


ノブドウ   〃   〃    1/250,F8
e0070891_17535913.jpg
        どうして、こんな色々な色合いの実がなるのでしょうね。
        これは「瑠璃色」ですよね。


イシミカワ   〃   〃    1/30,F8
e0070891_17563718.jpg
        毎年生えている場所が強い草刈りに遭って、今年はみられないものとあきらめていました。
        でも、念のために行ってみたところ、虫食いだらけの小さな実が色づいていました。
        今年もあったぞ、という証拠写真であり、野生の強さを感じさせられたシーンでもあります。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-25 18:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ あおい実 (2)   07.8.6

4日の散策時、舞岡川源流の「さんぽ道」で見つけたあおい実たちです。
今日は、その後の姿も紹介しましょう。


ツルウメモドキ   07.8.4   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/20,F8
e0070891_21204797.jpg
        ツルウメモドキは雌雄別株です。この流れのふちに雌株があったのです。
        びっしりとあおい実がついていました。

e0070891_21245716.jpg05.12.12 撮影

秋になるのが楽しみですが、活け花の有力な材料ということもあり、刈り取られる虞れ大です。やめてくださいね。


ノブドウ   〃   〃    1/45,F8
e0070891_21292490.jpg
        ヤブガラシとそっくりの花をつけていたツル、今日はあおい実がびっしりとついていました。

e0070891_21305590.jpg04.10.16 撮影

秋までにノブドウミタマバエに卵を産みつけられて、色とりどりの虫こぶの実になることの多い実です。だから食べられませんよ。


ケンポナシ   7.29   〃    1/60,F8
e0070891_2135719.jpg
        狐久保の入口脇にあるケンポナシ、見上げるとあおい実がびっしりとついていました。
        今年は「豊作」のようです。

e0070891_21365284.jpg05.11.9 撮影

秋に、この実が黒く熟すと果実の柄が膨らんできます。この柄が甘く梨のような味がするのでケンポナシと名づけられた、とのことです。強い風に揺り落とされた実です。

[PR]
by higirinikki | 2007-08-06 21:41 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 夏の花 (2)   07.7.20

きのうの散策では目新しい花をいくつか見ました。


コバノカモメヅル   07.7.19   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_21172269.jpg
        先日は蕾姿だったコバノカモメヅルが開花していました。
        オオカモメヅルの花より大きく、プロペラの形に捩れていました。
        背景はじっと観察しないように、ご注意。


ノブドウ   〃     〃   1/60,F11
e0070891_2123494.jpg
        舞岡川源流の「さんぽ道」ではノブドウのツルが垂れ下がっていました。
        こうして見ると、同じブドウ科のヤブガラシの花とそっくりですね。


カワラナデシコ   〃     〃   1/30,F8
e0070891_2130193.jpg
        小谷戸の里、門前に植栽されている「秋の七草」のひとつナデシコが咲いています。
        横からの画像です。濃いピンクが鮮やかでした。


ヤブマオ   〃     〃   1/45,F5.6
e0070891_21365091.jpg
        園内どこでも見られる「雑草」のような草ですが、花穂が伸び始めたばかりの今の時期は新鮮な印象を与えます。
[PR]
by higirinikki | 2007-07-20 21:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)