タグ:ノミノフスマ ( 6 ) タグの人気記事

■ 花いっぱい (5)   12.4.26   (オニタビラコ、オオジシバリ、ノミノフスマ)

今日も雨模様、天候不順の日が続く。
新居の完成・引っ越し準備で散策に出られない。在庫写真の質がだんだん悪くなっているが、「毎日アップ」は続けるつもりです。


オニタビラコ   12.4.16   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/800,F8
e0070891_22494811.jpg



オオジシバリ   〃   〃   1/1250,F8
e0070891_22512882.jpg



ノミノフスマ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_22522673.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-04-26 22:53 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春が来たかな?   12.3.13   (タネツケバナ、ノミノフスマ、ミツマタ)

ぬけるような青空だが風が冷たい。高校同窓会のWEB委員会の会合に出席、有志の飲み会にも参加してきた。

在庫写真からのこじつけ表題です。


タネツケバナ   12.3.6   PENTAX K20D 28-200mm ISO800 1/1600,F5.6
e0070891_22143598.jpg
        名前の由来は、田植えの準備に種もみを水に漬けるころ花が咲くことから。
        田んぼや水辺、畑、道ばたなどにふつうに見られる2年草。花期は3~5月。


ノミノフスマ   12.3.12   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/350,F3.3
e0070891_2222283.jpg
        小さな葉をノミの衾(夜具)に見立ててこの名がついたという。葉は長さ1~2cmの長楕円形で柄はない。
        花期は4~10月。


ミツマタ   〃   〃   1/400,F3.3
e0070891_2224422.jpg
        枝がかならず3本に分かれるので三又。小学校時代「和紙の原料はコウゾ(楮)、ミツマタ(三椏)」と習った。
        花期は3~4月だが、蕾は秋からこの形でついていた。
[PR]
by higirinikki | 2012-03-13 22:28 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 畦の草   11.5.7   (キウリグサ、ミチタネツケバナ、ノミノフスマ)

谷戸田はそろそろ田植えの季節ですが、その前に「代掻き」と畦の整備の作業があります。

2週間前の畔は「雑草」がいっぱいでした。


キウリグサ   11.4.21   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_15374911.jpg


ミチタネツケバナ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_15393497.jpg


ノミノフスマ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_15404144.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-05-07 15:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 春の息吹 (5)   09.2.13   (オオイヌノフグリ、タネツケバナ、ノミノフスマ)

曇り空で強い南風が吹き募っている一日でした。きのう、呑みすぎたようで休養日としました。
10日の散策で見た花です。


オオイヌノフグリ   09.2.10   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/1000,F5.6
e0070891_18521687.jpg


タネツケバナ   〃   〃   1/750,F4
e0070891_18533923.jpg


ノミノフスマ   〃   〃   1/1000,F4
e0070891_18553827.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-02-13 18:56 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 春の花 (?)   08.12.20   (タネツケバナ、ノミノフスマ、ハハコグサ)

野の花がすっかり見えなくなりました。でも、よくよく探して見ると日溜りや寒風吹きすさぶ田の畦で、春の花を見つけることができます。


タネツケバナ   08.12.19   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/20,F5.6
e0070891_1865678.jpg
        タネツケバナは稲刈りの終わった水田や路傍などに10月頃に発芽し、
        ロゼットで越冬し、春に花を咲かせるが、秋にも花を付けるものがあります。
        つまり、この花は気の早い慌て者、ということになります。

ノミノフスマ   〃   〃   1/45,F5.6
e0070891_18103675.jpg
        小さな葉をノミの衾(夜具)に見立ててこの名がついたという。
        花期は4~10月だから、まだ咲き残っているということです。
        花弁は5個ですが、基部近くまで切れ込んでいるので、10弁のように見えます。


ハハコグサ   〃   〃   1/60,F5.6
e0070891_18142975.jpg
        花期は4~6月。春の七草でいうオギョウ(御形)はこのハハコグサのこと、という。
        だから、今、花が見られるのは不思議でもないのでしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2008-12-20 18:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 畦の草花 (2)   08.4.19   (ノミノフスマ、タネツケバナ、ツボスミレ、ハルジオン)

きのうの続き、白い花です。


ノミノフスマ   08.4.16   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_211244.jpg


タネツケバナ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_21135765.jpg


オランダミミナグサ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_2115749.jpg


ツボスミレ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_2116414.jpg


ハルジオン   〃   〃   1/30,F16
e0070891_21172077.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-04-19 21:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)