タグ:ハキダメギク ( 5 ) タグの人気記事

■ 畑の雑草   10.8.22   (ハキダメギク、スベリヒユ、ニシキソウ)

今日も暑い日でした。

19日、暑さをおして散策に出た目的の一つが、今日のテーマ「畑の雑草」を探すことでした。


ハキダメギク   10.8.19   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F9
e0070891_20595117.jpg
e0070891_210761.jpg
        牧野富太郎先生も気の毒な名前を付けたものです。
        花期の長さも特長です。こまめに雑草取りのされる所で生きるのも大変でしょうが。


スベリヒユ   〃   〃   1/125,F9
e0070891_214753.jpg
e0070891_214189.jpg
        無理に散策に出たのは「スベリヒユの花を見たい」からでした。
        なのに、やっぱり遅すぎました。花がおわって実がつき始めていました。


ニシキソウ   〃   〃   1/125,F9
e0070891_2173586.jpg
e0070891_2175133.jpg
        このBlogのフィールドで見られるのは此処だけかな?
        葉の真ん中に黒い部分のあるのは「コニシキソウ」ですが、ここでもあまり見られませんでした。
[PR]
by higirinikki | 2010-08-22 21:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 真夏の草花 (4)   09.8.25   (タカサブロウ、ハキダメギク、ヤブマオ)

今日も休養日、乾いた空気の「秋晴れ」の日でした。

きのうの散策から、草刈りされても気づかない草たちです。


タカサブロウ   09.8.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_17354347.jpg
        なにか曰くのありそうな名前、ですね。


ハキダメギク   〃   〃   1/320,F8
e0070891_1738111.jpg
        こちらは、あの牧野富太郎博士が命名したものと承知しています。


ヤブマオ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_17401751.jpg
        「藪麻苧」と書きます。
[PR]
by higirinikki | 2009-08-25 17:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 小さな花の仕組み (2)   08.6.12   (ハキダメギク、チドメグサ、ハエドクソウ)

おとといの散策で撮影した小さな花、PCで画像を拡大して観察してみました。
肉眼では見えない花の仕組みがわかります。


ハキダメギク   08.6.11    PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/45,F9.5
e0070891_1845787.jpg
        外側の白い舌状花と中心の黄色い頭花からなる花ですが、5mmほどの頭花を見てみようと拡大してみました。
        ピントがうまく合っていないようで、画像としてはイマイチでした。
        全体の姿は ハキダメギク  06.6.15 をご覧ください。

        この企画は 「あぶ」さんの 「横浜発! あぶの自然調査隊」 に示唆されたものです。


チドメグサ   6.10   〃    1/90,F8
e0070891_1844441.jpg
        丸い玉が上に伸びています。どれが花で、どれが実か肉眼では見えない悲しさ。
        白い小さな花が10数個かたまってついています。
        全体の姿は チドメグサ と コモチマンネングサ   07.6.3 をご覧ください。


ハエドクソウ   〃   〃    1/30,F8
e0070891_18441868.jpg
        小さな小さな花ですが、よく見ると綺麗に見えます。拡大してみました。
        全体の姿は見つかりませんでしたが、 ミズヒキとハエドクソウ  06.8.7 をご覧ください。
[PR]
by higirinikki | 2008-06-12 19:14 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 畑の「雑草」 ハキダメギクとスベリヒユ   07.8.5

きのう「花火見物」に出かける前、炎天下を3日ぶりの公園散策で歩きました。
上ばかり見ることが多かったのですが、狐久保の畑ではふと下を見ると収穫後休んでいる畑はあっという間にハキダメギクとスベリヒユに覆われていることに気づきました。


ハキダメギク   07.8.4   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/1000,F8
e0070891_2221122.jpg
        大植物学者「牧野富太郎博士」による命名だそうです。
        よく見ると可愛い花なので、名前は知らない方がおたがいに幸せですね。


スベリヒユ   〃   〃   1/750,F8
e0070891_22233790.jpg
        こちらも耕されたりして何も先住者がいなくなった地面に、いちはやくツルを伸ばし葉をつける先駆者です。
        どうやら蕾が膨らんでいるようdすので、このまま刈り取られなければ黄色い可愛い花を咲かせることでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2007-08-05 22:27 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

ハキダメギク  06.6.15

よく見れば可愛い花なのですが、なにせ名前が「掃溜め菊」。いかにも雑草という名前です。
e0070891_21221498.jpg
撮影データ 06.6.14 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F5.6

16番田んぼの流れの縁にあった株。上品に撮影しました。
頭花は直径5mmほどで、外側に白い舌状花が5個並んでいて、その先は3つに切れ込んでいます。この花弁の配置が可愛さの所以です。

e0070891_2127052.jpgしかして、その実態は?
熱帯アメリカ原産の1年草。大正年代その存在が東京で気づかれ、戦後に急激に各地に広まった「外来種」だそうです。あなたの住む周囲で見かけますか?
窒素分の多いごみ捨て場、畑のわきなどに繁茂していることが多い、とのことで写真も狐久保の畑脇で撮ったものです。(04.6.18撮影)
[PR]
by higirinikki | 2006-06-15 21:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)