タグ:ハンノキ ( 9 ) タグの人気記事

■ ハンノキ   15.1.31

北風が強いが、よく晴れた日。

谷戸の湿地や畦近くで、ハンノキの花が目立つ。


ハンノキ   15.1.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0070891_20563843.jpg

   1.31   〃   ISO400 1/750,F8
e0070891_2123175.jpg
        水車小屋の裏手、谷戸田の水路の際に数本のハンノキが生えている。
        雌雄同株・異花だが、雄花序が色づいてきた。雌花序は小さくて目立たない。

        ハンノキは、水湿のある低地に、普通に生える。
        田の畦に植えて、稲木(稲を干すための竿を掛ける木)とされた。(樹木図鑑より)

〃 花序   〃   〃   ISO400 1/280,F8
e0070891_2154225.jpg
e0070891_2155726.jpg
        枝の先端に尾状の雄花序が2~5個、下垂する。
        雌花序は、雄花序の直下の各葉腋に1個づつ、1~5個付く。(同上)

        上の雄花はまだ開いていないが、下は花粉を飛ばし始めたようだ。
        この花粉が喘息を引き起こすこともあるようだ。

        初夏に出現するゼフィルスの仲間「ミドリシジミ」は、このハンノキを食樹としている。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-31 21:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 落葉樹   13.2.24   (エノキ、ハンノキ、イヌシデ)

早朝は風がなかったが、10時頃には強い北風が吹いて寒い。散策に出たものの、不覚にもカメラの電池切れで早々に帰宅、情けない。

木々の冬芽が膨らみ始めて、かすかに色づいている。遠くから、下からの姿です。


エノキ   13.2.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/3000,F8
e0070891_2225765.jpg


ハンノキ   〃   〃   1/2900,F8
e0070891_2226060.jpg


イヌシデ   〃   〃   1/2500,F8
e0070891_22265515.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-02-24 22:27 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春はまだかな?   12.3.5   (ハンノキ、マンサク、ヒイラギナンテン)

夜中からの雨は4時過ぎには上がったようだが、「啓蟄」の日なのに虫が這い出てくる気配はまったくない。
寒い日が続く。

そろそろ在庫写真が尽きそうだが、雪の降った日の前日の画像です。


ハンノキ   12.2.28   PENTAX K20D 28-200mm ISO800 1/640,F5.6
e0070891_18454325.jpg
        成木なら見上げる高いところにある花芽が、田んぼの畦道にある幼木の目の前の鷹さにあった。
        垂れ下がった雄花序と、枝先にあるかわいい雌花序とが、わかりやすい。


マンサク   〃   〃   1/400,F5.6
e0070891_18493852.jpg
        紅橙色の花、何マンサクかわからないが綺麗でした。


ヒイラギナンテン   〃   〃   1/500,F5.6
e0070891_18514193.jpg
        いつの間にか蕾が膨らんで、かすかに黄色も見えていました。
[PR]
by higirinikki | 2012-03-05 18:54 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春待つ蕾   12.2.13   (ハンノキ、ネコヤナギ、キブシ)

今日は午後から天気が崩れるはずが、昼間は風も弱く穏やかな日だった。

10日の散策で見つけた 「春待つ蕾」 の中景です。


ハンノキ   12.2.10   PENTAX K20D 28-200mm ISO800 1/1000,F5.6
e0070891_17345925.jpg
        垂れ下がった花序に、赤みを帯びた蕾が目立つようになった。


ネコヤナギ   〃   〃   1/2500,F5.6
e0070891_17371425.jpg
        白い「綿帽子」が陽に輝いて見えます。


キブシ   〃   〃   1/4000,F5.6
e0070891_1738401.jpg
        先日、近景で紹介したキブシの中景です。
[PR]
by higirinikki | 2012-02-13 17:40 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 冬芽・葉痕 (10)   10.2.1   (カラスザンショウ、リョウブ、ハンノキ)

今夜、関東地方南部も「雪」の予報が、寒い一日。休養日としました。

花が房状につく木の冬芽・花芽です。


カラスザンショウ   10.1.26   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/200,F8
e0070891_21102488.jpg
e0070891_21104117.jpg


リョウブ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1824266.jpg


ハンノキ   1.27   〃   1/800,F5.6
e0070891_18251251.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-02-01 18:26 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 冬の木々   09.2.9   (ハンノキ、キブシ、ヌルデ)

今日も外出する用事があって散策はお休み。いよいよ在庫がなくなってきました。
31日に撮影した木々です。


ハンノキ   09.1.31   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/500,F5.6
e0070891_2013057.jpg
        稲作地帯でハンノキといえば、稲干しのハザに使われる木だと思います。
        ここ谷戸田では、その用途はないと思うのですが、所々で見られます。
        枝先にぶら下がっている長いのは雄花、よく見れば花がほころんでいるはずです。


キブシ   〃   〃 ISO400  1/2000,F5.6
e0070891_2045420.jpg
        先日もキブシの花房を紹介しましたが、ほんとはこのように沢山ぶら下がっているものです。


ヌルデ   〃   〃   1/125,F5.6
e0070891_2075052.jpg
        去年の実の名残りです。しっかりと残っているのは珍しいです。
[PR]
by higirinikki | 2009-02-09 20:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 瓜久保で見つけました   08.2.17

今日は私の所属する田んぼグループと「畑部会」の、合同での餅つき・谷戸鍋食事会がありました。
餅つきの作業手順は以前紹介しましたので、 そちら をご覧ください。

13日の散策では、瓜久保の紅梅とハンノキが目立ちました。


瓜久保の紅梅   08.2.13   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/60,F11
e0070891_18192335.jpg
        紅梅はほぼ満開近くなっていますが、隣りの白梅はまだ固い蕾のままです。


6日の月   〃   〃   1/30,F22
e0070891_18213292.jpg
        12:20 かっぱ池の手前のハンノキの枝先の間に月齢6日の月が白く光っていました。


ハンノキの雄花   〃   〃   1/125,F8
e0070891_1823418.jpg
        かっぱ池の畔のハンノキに下がった雄花が黄色く色づいています。
        遠目で開花の具合がよく見えません。
        枝先に小さな雌花があるのかもしれっませんが、これも確認不可能です。


ノミハニワゴケ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_1827528.jpg
        「きのこの林」と呼んでいる所の倒木に陽射しが当たっていました。
        よく見かけるコケですが、蒴柄がいっせいに伸びて赤褐色に輝いています。
        「コケの森」に入り込むと奥行きが深そうでやめますが、「ノミハニワゴケ」で正しいでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2008-02-17 18:32 | 舞岡公園・その他 | Comments(10)

■ 冬芽・葉痕 (14)   08.2.2

今日は月一回のハイキング、小田原駅から歩き始めて「塔の嶺」に登り、「塔ノ沢」の日帰り温泉で温まって帰ってきました。疲れました。
   (追記) この記事をアップ後、あまりに悪寒が強いので熱を測ったら、38.5℃もありました。
        慌てて解熱剤を飲んで寝床につきました。3日、13時、まだ38℃あります。

17日に撮影した 「冬芽・葉痕」 のつづきです。

サンシュユ   08.1.17   PENTAXistDs istDs 28-200mm 1/350,F8
e0070891_20413017.jpg
        4番田んぼの山側でウメやクサギなどの花木が植栽されています。
        これはサンシュユの花芽です。黄色い花の咲くのが待ち遠しいです。


ハンノキ   08.1.30   〃    1/500,F5.6
e0070891_2048171.jpg
        瓜久保、かっぱ池の畔の株の枝先で雄花が開花しているように見えました。
        高い位置なので確認はむずかしかったです。

ハンノキ 冬芽   1.17   〃    1/125,F8
e0070891_20521159.jpg
        こちらは瓜久保の園路沿いの株の枝先です。小さい枝と芽でよく見えませんが。


カラタチ   〃   〃    1/60,F8
e0070891_20562070.jpg
        「瓜久保の家」の前面の垣根はカラタチで作られています。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-02 20:58 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

ハンノキ(榛の木)  06.2.12

e0070891_16572089.jpg
撮影データ 06.2.3 FinePixS9000 28-300mm(trimming) ISO200 1/105,F7.1

舞岡公園の湿地にあたる場所にはけっこうハンノキがあることに気づいたのは最近のことでした。ことに冬には、長い雄花と去年の球果がびっしりとぶら下がっています。ずいぶん赤く見えるな、と何気なく撮っておいた写真で調べてみました。
ハンノキは雌雄同株、長い雄花序と葉芽の脇の小さな雌花序があること、雌花は受精して秋には球果になること。湿地を好むことから、昔は田の脇に植えられて稲を干すハザ(稲架)木に使われていたこと、などを知りました。

e0070891_22273415.jpg雌花序です。(06.2.13撮影)

e0070891_22293439.jpg球果です。(同上)

[PR]
by higirinikki | 2006-02-12 17:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)