タグ:ヒイラギモクセイ ( 4 ) タグの人気記事

■ 木の花   11.11.9   (十月桜、ヒイラガモクセイ、シロダモ)

今日も朝から忙しい一日、しばらく散策に出られていません。まだまだ続きそうな日々です。

そろそろ在庫切れの恐れがあって、今日もこじつけシリーズです。といって、一点豪華盛りといかないのです。


十月桜   11.11.2   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/85,F9
e0070891_19114848.jpg
        「けやき広場」の斜面の日陰に、サクラの花が咲いていました。
        まだ若い樹のようで、幹も枝も細く花もボチボチでした。


ヒイラギモクセイ   〃   〃   1/200,F3.3
e0070891_19151249.jpg
        「小谷戸の里」の垣根として植えられています。
        まだ咲き始めたところで、かすかな甘い香りが漂っていました。


シロダモ 雄花の蕾   〃   〃   1/420,F3.3
e0070891_19174138.jpg
        毎年、花を撮影しているのがこの雄花です。
        雌花は去年の赤い実といっしょに見られるのですが、さていつ撮影できるか不明です。
[PR]
by higirinikki | 2011-11-09 19:19 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 霜の朝   11.1.16   (サザンカ、ヒイラギモクセイ、ガマズミ)

まさに「この冬一番」の冷え込んだ朝、早朝散策で見つけた霜の世界です。


サザンカ   11.1.16   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/140,F3.3
e0070891_18333319.jpg
        こんなに朝早くから撮影に余念のない「舞岡のKaさん」がカメラを向けていた被写体です。
        作品の出来栄えはとうてい敵わないですが。


ヒイラギモクセイ   〃   〃   1/240,F3.3
e0070891_1837465.jpg
        北門脇の垣根の葉にも霜がいっぱいついていました。


ガマズミ   〃   〃   1/280,F3.3
e0070891_18383633.jpg
        「きざはしの谷戸」のガマズミの赤い実にも霜が。
[PR]
by higirinikki | 2011-01-16 18:41 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ モクセイの仲間   09.10.18   (ヒイラギ、ヒイラギモクセイ、キンモクセイ)

公園を歩いていると甘い匂いがただよってくる季節になりました。
トイレタリーにキンモクセイの香りが使われているので、その匂いとむすびついて変な気になりますが。
キンモクセイが見あたらない所からの香りで、きょろきょろ探すと白い花がみつかります。


ヒイラギ   09.10.18   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F5.6
e0070891_2003776.jpg
        小谷戸の里の入口はヒイラギの垣になっています。
        ヒイラギは雌雄異株、なぜかこの垣は雄株だけのようです。2本の突出したオシベが目立つ白い花です。


ヒイラギモクセイ   10.14   〃   1/50,F8
e0070891_2041126.jpg
        北門付近の園路の垣根はヒイラギモクセイ。散策途中、甘い匂いがして開花に気づきました。
        園内の垣は、小谷戸の里前以外は全部がヒイラギモクセイのようで、あちこちで気づくようになりました。
        ヒイラギモクセイは、ヒイラギとギンモクセイの雑種だそうですが、雄株だけしかなくて繁殖方法は取り木だそうです。


キンモクセイ   〃   〃   1/25,F8
e0070891_2010778.jpg
        キンモクセイも中国から雄株だけが入ってきた園芸種だそうです。
        小谷戸の里のトイレの脇に植わっているのは意味深?
        当園ではギンモクセイは見かけません。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-18 20:13 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ ヒイラギの花   07.11.5

きのう・おとといの行事参加で足腰が疲れていますが、「今晩から雨」の予報に誘われて散策に出ました。
新しい花をいくつか見つけましたが、今日は小さな白い花です。

小谷戸の里の入口の男子トイレの目の前にヒイラギが植栽されています。
目を凝らして見ると白い花が見えました。


ヒイラギ   07.11.5   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/90,F5.6
e0070891_20205324.jpg
        庭木によく植えられていますね。鋭く尖った棘で侵入を防ぐのでしょう。

        節分には、ヒイラギの枝の先にいわしの頭を付けたものを家の軒先に挿す風習があったそうです。
        これは邪鬼を払うためということで、ヒイラギはトゲのある葉が邪鬼を刺すので、その進入を防ぎ、
        いわしの頭は邪鬼がその臭気を厭うところから、追い払うのに役立つのだという。
e0070891_20251227.jpg
        小谷戸の里に入る小道の垣にも多くのヒイラギが植えられていました。
        ここでも白い花が咲き始めていました。  1/45,F8
e0070891_2027697.jpg
        今年の6.3に見つけたヒイラギの果実です。けっこう大きい実でした。  1/60,F5.6


ヒイラギモクセイ   07.10.13   〃   1/180,F8
e0070891_20343122.jpg
        こちらは、北門付近で垣根として植栽されています。
        ヒイラギとギンモクセイの雑種だそうです。
        キンモクセイの花が終わる時期に、それより強い芳香を漂わせていました。
[PR]
by higirinikki | 2007-11-05 20:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)