タグ:ヒエ ( 2 ) タグの人気記事

■ 田んぼで “ヒエ” 抜き   14.9.3

夏が戻ったといっても、さすがに30℃を越えることがないので、散策に出てもそれほど苦にならない。

きのうの散策で、営農田んぼに数人の人たちが草取りをしていた。「稲」田に雑草の「ヒエ」が交じると栄養分が吸い取られ稲の収穫率が落ちるので、農家では農薬では駆除できないため、この「草取り」が欠かせないのでしょう。

私たちが世話している谷戸田では、毎年、ヒエの実が田んぼに落ちないように、丁寧に早目のヒエ抜きを繰り返してきましたので、幸いにヒエが大発生する田んぼはありません。

なお、ここでいう「ヒエ」は田んぼの雑草で、正確には「イヌビエ」ないしは「タイヌビエ」と呼ばれるものです。
縄文時代からの栽培植物である「ヒエ」とは別物のようです。


営農田んぼ   14.9.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/800,F5.6
e0070891_18481644.jpg
e0070891_18483275.jpg
        すこし濃いめの草がヒエのようです。
        かなり大量に発生しているようで、人手をかけて一気に取り除こうとしているのでしょう。

ヒエ   9.3   〃   1/600,F8
e0070891_18505277.jpg
        今日、園路側から見た田んぼの中です。
        取り残したヒエでしょうか、稲の穂よりも高く伸びて放っておくと実が先に田んぼに落ちてしまいます。

抜いたヒエ   〃   〃   1/85,F8
e0070891_1854477.jpg
        抜いたヒエの穂がありました。まだ実は熟していないようです。
[PR]
by higirinikki | 2014-09-03 18:55 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 水田雑草   12.9.4   (ヒエ、タカサブロウ、チョウジタデ)

朝方までは雨が降っていたようだが、9時過ぎには曇り空から急激に青空がひろがって、真夏の空になった。
一週間ぶりに長時間の散策に。陽光に曝されて暑いが、さすがに木陰に入れば涼しい。

北門を出て北側には 「営農田んぼ」 が広がる。初めて雑草を引き抜くシーンを見た。稲より先に種子をつける「ヒエ」を抜いているようだった。ヒエは、種子が実ると自然落下するのだが、この田んぼで、いったんそんな事態が起こったら 「さー、たいへん」。翌年、ヒエが生えてきて 「引き抜く手間」 たるや、もう稲作はイヤになってしまうだろう。

この田んぼの畔では、もうふたつの 「水田雑草」 も見られた。


ヒエ抜き   12.9.4   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_1937754.jpg



タカサブロウ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_1938495.jpg
        おすすめ過去記事


チョウジタデ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_19385566.jpg
        おすすめ過去記事
[PR]
by higirinikki | 2012-09-04 19:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)