タグ:ヒメウラナミジャノメ ( 9 ) タグの人気記事

■ チョウたち   14.8.29   (モンキアゲハ、ナミアゲハ、ヒメウラナミジャノメ)

梅雨に戻ったように前線が南岸にあって寒く雨が降っている。
今晩は、「悠々会」Ueさんの ハッピーリタイアメント祝いが、自由が丘であるので出かけてくる。

今年は、アゲハの姿を見る機会が少なく、画像もほとんどない。数少ない画像からです。


モンキアゲハ   14.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/100,F8
e0070891_15344368.jpg
        こうして表翅を見せてとまると、名前の由来となる「黄色い紋」が隠れる。
        この画像だけを見て「モンキアゲハだ」と言えるようになりたいものだ。


ナミアゲハ   8.24   〃   ISO1600 1/400,F5.6
e0070891_1538820.jpg
        営農田んぼの上を飛びまわっては、ときどきこの黒い燃えカスに来ては、
        吸水(?) に来ていた。


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   ISO800 1/125,F9
e0070891_1539583.jpg
        今年は滅多に被写体にしなかったヒメウラナミジャノメです。
        時折り表翅を見せながら、ヒヨドリバナの薄紫色の花で吸蜜していた。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-29 17:41 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チョウ 3種   14.4.20   (ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメ、スジグロシロチョウ)

雨が上がったものの寒気が残る曇り日。寒い一日だった。

最近の散策で出会った新鮮個体の春のチョウたちです。


ベニシジミ   14.4.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/750,F8
e0070891_2116799.jpg
        ツマキチョウの観察ポイントには、こちらも大量羽化したベニシジミが飛び交っていた。
        雌雄の出会いもあるのか、追い駆けっこも見られた。

ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   1/550,F8
e0070891_21195793.jpg
        こんなに輝くような新鮮な翅の姿を初めて見た気がする。
        表翅は薄黒く見栄えがしないのだが。

スジグロシロチョウ   4/16   〃   1/680,F8
e0070891_21214327.jpg
        飛んでいる姿はモンシロチョウと、なかなか区別がつかない。
        こちらも新鮮個体でした。
[PR]
by higirinikki | 2014-04-20 21:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春の蝶   13.5.13   (コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリ)

きのうの疲れもあって、今日は休養日に。

道を歩いていて出会う小型のチョウだち。暗い所ではコジャノメ、明るい所ではハルジオンにとまったヒメウラナミジャノメやコチャバネセセリに。大型のチョウだけでなく、これらのチョウもよく見ると綺麗な紋様をしていますよ。


コジャノメ   13.5.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/250,F8
e0070891_1843578.jpg
        後翅の裏翅、大きな目玉模様の上の小さな目玉が4つ。
        3つなら「ヒメジャノメ」です。


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   1/950,F8
e0070891_18452517.jpg
        裏翅の漣模様が綺麗です。
        ジャノメチョウの表翅は単純な濃紫色で見栄えがしないのですが。


コチャバネセセリ   〃   〃   1/1600,F8
e0070891_18483567.jpg
        このチョウの裏翅の紋様も複雑、綺麗ですよ。
[PR]
by higirinikki | 2013-05-13 18:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チョウ3種   12.7.10   (オオミドリシジミ、キタキチョウ、ヒメウラナミジャノメ)

青空だが蒸し暑さが戻った一日。午前中、ひさしぶりの散策。夕方からは神宮球場でヤクルトーDeNa戦を観戦、ヤクルトが6:1と完敗。疲れて帰宅。

今日の散策で出会ったチョウです。


オオミドリシジミ   12.7.10   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_23165166.jpg
        「こんな所に、まだいたのか」と思わせる場所で。
        至近距離での撮影だが、暗くてやや手ブレしている。
        なぜか園路に入ってきた車に邪魔立てされて、追跡できずチャンスはこれきりだった。


キタキチョウ   〃   〃   1/50,F8
e0070891_23212447.jpg
        咲き始めたばかりのアキノタムラソウとの組み合わせ。
        色どりよく撮影できました。


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   1/40,F8
e0070891_23225598.jpg
        あまり写欲をそそられない表翅を見せたがるのを、じっと我慢して閉じたところをパチリ。
        今シーズンの「初撮り」だった。
[PR]
by higirinikki | 2012-07-10 23:24 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋の花と蝶   11.9.27   (モンキアゲハ、ホシホウジャク、ヒメウラナミジャノメ)

「瓜久保の家」の向かい側には、梨園と畑があります。
その境の斜面で香草「メドーセージ」が紫色の花をつけています。すこし遠めの位置でカメラマンがレンズを向けていました。
よく見ると黒いチョウと小さ目の虫が飛び交っています。


モンキアゲハ   11.9.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO1600 1/1600,F8
e0070891_17444552.jpg
        大好きなクサギの花がおわった今、大事な蜜源なのでしょうね。


ホシホウジャク   〃   〃   1/1250,F8
e0070891_17471766.jpg
        いつもながら、花から花へ移る動きが早いので写し止めにくい被写体です。


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   ISO400 1/640,F8
e0070891_17514793.jpg
        イノコヅチは小さな見栄えのしない花ですが、よく見ると虫も立ち寄っていることが多いです。
        このチョウは今年最初の撮影だったかも。
[PR]
by higirinikki | 2011-09-27 17:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 春のチョウ (2)   11.5.10   (ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ、ツバメシジミ)

明日からまた、しばらく散策に出る時間がとれそうもない。
午後から天気が崩れる、という予報なので、きのう残した南半分を1時間半ほどかけて散策した。
30℃近い気温、蒸し暑く「梅雨」のような日。


ツマグロヒョウモン ♂   11.5.10   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1845196.jpg
e0070891_18451992.jpg
        夏のチョウではないですが、ちょっと早いご対面か?


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_18481182.jpg
        コデマリを撮影しているところに偶然やってきました。


ツバメシジミ ♀   〃   〃   1/160,F8
e0070891_18495548.jpg
e0070891_18501387.jpg
        なぜか地面にとまりたがるのを、追いやり追いやりして無理やり葉にとまらせました。
        乾いた土だったので吸水ではないと思うのですが。
[PR]
by higirinikki | 2011-05-10 18:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 夏の蝶・蛾   09.6.30   (ヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリ、ホタルガ)

5日間の新潟滞在をおえて夕方5時に帰宅しました。
留守中の舞岡公園でどんな変化が起きているか、明日からまた散策に出たいと思います。

在庫写真の中から、蝶と蛾を選びました。


ヒメウラナミジャノメ   09.6.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_18202543.jpg
        大中小とりそろえた「蛇の目」がお見事です。
        こちらは裏翅ですが、表翅は地味で写欲は湧きません。


コチャバネセセリ   〃   〃   1/80,F8
e0070891_18235839.jpg
        ヒルガオの花に「頭隠して尻隠さず」状態です。


ホタルガ   6.20   〃   1/25,F8
e0070891_18264269.jpg
        薄暗いところを、ひらひら飛ぶ姿はまるでホタルのようですが、撮影は難しいですよ。
        とまった状態で超接近を許してくれました。
[PR]
by higirinikki | 2009-06-30 18:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 撮りにくいチョウ   09.5.17   (コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、サトキマダラヒカゲ)

今日は、「まい作品展」が古民家前の庭で行なわれる予定だったが、9時頃までの強雨で中止に。
せっかく出品準備していたのに!
10時からの、田んぼ作業「代掻き」は雨が降ろうが強行。こちらは、雨がやんで強風の中を参加。人数は8人と思ったより少なく、12時頃までかかって田植え・代掻きラッシュの谷戸の中で最後の引き上げ、となりました。 昨年の代掻き風景は こちら をご覧ください。

おとといの散策で出会ったチョウたち。一瞬とまったところを、サッと撮らないとすぐに飛んでしまうチョウです。


コジャノメ   09.5.15   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400,1/40,F8
e0070891_1911293.jpg
      「宮田池」へ下りて行く薄暗い山道、黒っぽいチョウがサッ、サッ、と飛び回っていました。
       贅沢はいいませんが、絵になる所にとまってくださいね。


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃ISO200 1/125,F8
e0070891_19564167.jpg
       きのうのスイカズラの絡んだマユミの木の下にアカツメクサの群落があります。
       その花を次々と飛び歩いているジャノメチョウがいました。


サトキマダラヒカゲ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_2014873.jpg
        最近、大発生しているのでしょうか、3ヶ所で出会いました。
        一番まともに撮れたチョウです。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-17 19:01 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 夏のチョウ   07.7.11

舞岡川源流の「おさんぽ道」を歩いた日は、あおい実だけでなく目新しいチョウも撮影していました。
とくにミドリシジミの産卵行動も観察できました。三脚が使用できると画質がちがいます。


ミドリシジミ   07.7.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F5.6
e0070891_20113211.jpg
        園内某所のハンノキ。目の高さにミドリシジミが3頭もいました。
        卵を産める窪みを探しているのでしょうか、逆立ちした状態で下へ下へと下がってきました。
        三脚を据えてじっくりと撮影できました。
        しかし、産卵したであろう位置はわかるのですが、足場が悪くてカメラが回りこめません。


モンキアゲハ     〃    1/90,F8
e0070891_20223149.jpg
        散策開始直後、「今年は少ないな」と思っている黒いアゲハチョウが飛んできました。
        ごく一瞬ヒメヒオウギズイセンにとまったモンキアゲハを、手持ちで素早く撮影した。
        つもりが、シャッタースピードが遅かったようです。


ヒメウラナミジャノメ     〃    1/125,F8
e0070891_20281811.jpg
        ヒメジョオンの群落の中を、縦方向にヒョイヒョイと飛んでいるチョウがいました。
        裏翅の模様を見て下さい、いっぱいの大きな目玉が脅し効果をもっているのでしょう。
        細かいさざなみ模様も綺麗です。


モンキチョウ     〃    1/350,F8
e0070891_20332891.jpg
        ムラサキツメクサの群落の上を大きな黄色いチョウが飛んでいました。
        白っぽい姿の♀はモンシロチョウに間違われやすいのですが、これは♂です。
        初めて目撃、三脚を据えての撮影ができました。


ツバメシジミ     〃    1/350,F5.6
e0070891_20371226.jpg
        三脚を使って撮影しようと構えていた一瞬、シャッター音を聞き分けたのでしょうか
        飛び去られました。
[PR]
by higirinikki | 2007-07-11 20:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)