タグ:ヒメクロホウジャク ( 11 ) タグの人気記事

■ ホウジャク 2種   14.11.1   (ヒメクロホウジャク、ホシホウジャク)

1日中、降ったりやんだりの雨模様日。「悠々会」ウォーキングは来週に順延になった。ので、休養日に。

花が少なくなったこの時期に現れるホウジャクの仲間、アザミの花は出会うチャンスが多い。


ヒメクロホウジャク   14.10.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/480,F8
e0070891_17242446.jpg
        日陰に咲いたアザミの花にホバリングしながら吸蜜している。
        感度を上げても、翅の動きを写し止められなかった。


ホシホウジャク   10.25   〃   1/220,F8
e0070891_17294451.jpg
        蜘蛛の巣にひっかからないよう上手にホバリングしています。
e0070891_1732521.jpg
        ゼンマイのようにくるくる巻きが見えました。 これは、「口吻」 でよいのでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2014-11-01 17:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハチドリ? 2種   13.10.14   (ホシホウジャク、ヒメクロホウジャク)

今日も秋晴れの爽やかな風の吹く一日。
瓜久保休憩所の前の園路際の花に、忙しく吸蜜に飛び交うハチドリ?がいた。

ホシホウジャクとヒメクロホウジャクの2種です。 どこがどう違うか、よく見てください。


ホシホウジャク   13.10.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/1800,F8
e0070891_21462576.jpg

   〃   〃   1/750,F8
e0070891_21464660.jpg



ヒメクロホウジャク   〃   〃   1/1300,F8
e0070891_21502612.jpg

   〃   〃   1/1500,F8
e0070891_21503637.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-10-14 21:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ オオスカシバ   13.5.29

油断している隙に、関東地方も例年より10日早く「梅雨入り」したそうな。「あれは早過ぎました」と言いそうなほど早いのだが、本当だろうか。

おととい、イボタノキを見つめているといろいろな虫に出会っている。その中から、8年ぶりに再会した「オオスカシバ」を撮影順に紹介しましょう。


オオスカシバ   13.5.27   FUJIFILM X-S1 ISO1600 1/320,F11
e0070891_20255478.jpg

e0070891_2026345.jpg
        拡大してみます。
e0070891_20285627.jpg
        なんとなく「海老」を思わせる姿をしています。
e0070891_2030530.jpg
e0070891_20302251.jpg

        オオスカシバ     チョウ目 スズメガ科ホウジャク亜科

           大きさ (開張)50-70mm
           時 期 6-9月
           分 布 本州・四国・九州・沖縄

           うぐいす色の太い胴体を持ち、透明の翅を素早くはばたかせて直線的に飛ぶスズメガの仲間。
           昼間に活発に活動し、ホバリングしながら いろいろな花で吸蜜する。
           その形態から、ハチに間違われることも多い。花壇にもよく飛来し、都会の公園でも普通に見られる。
           羽化した時は、翅に白い鱗粉がついているが、翅を震わせるとすぐ脱落してしまう。
           幼虫は、クチナシの葉を食べる。


        なるほど、鱗粉が取れた翅は透明になっていますね。

        (参考)  09.10.17 ■ ホシホウジャクとヒメクロホウジャク   より
        遠目では、区別がつかない 「ホシホウジャク」 と 「ヒメクロホウジャク」 の画像です。

        ホシホウジャク
e0070891_18244163.jpg


        ヒメクロホウジャク
e0070891_1828012.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-05-29 20:49 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ ヒメクロホウジャクの季節   12.10.12

薄曇りながら秋らしい1日。2時すぎの園内を歩く。横浜の「タマちゃん」発見者のAさんに会う。
「アザミの花にホウジャクの仲間が飛ぶ季節ですよ」と注意を受ける。お別れした直後、「ご対面」できた。


ヒメクロホウジャク   12.10.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO3200 1?250,F8
e0070891_18431098.jpg
e0070891_18434618.jpg
e0070891_1842467.jpg
e0070891_18451576.jpg
e0070891_18443051.jpg


        おすすめ過去記事
[PR]
by higirinikki | 2012-10-12 18:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ノハラアザミの花で吸蜜   11.10.6   (ミドリヒョウモン、ヒメクロホウジャク、)

きのうの寒さと雨がおさまって、すこし気温が上がりました。きょうも3時過ぎに散策に出ました。
野原には、その名も「ノハラアザミ」が紫色の花を咲かせています。
蜜や花粉を供給してくれるのでしょう、多くの種の昆虫が花にとまっています。


ミドリヒョウモン ♂   11.10.6   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1944283.jpg
e0070891_19444752.jpg
        表翅に4本の太い筋がありますね。♂を示す「性標」と呼ぶのだそうです。


ヒメクロホウジャク   〃   〃 ISO1600 1/250,F8
e0070891_19482638.jpg
        せわしなく飛んでいます。たった一回のシャッターで一瞬をきりとって撮影できました。


コアオハナムグリ   〃   〃 ISO400 1/250,F8
e0070891_19512760.jpg
        上と同じ花の中に隠れていました。こちらは花粉が目当てでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2011-10-06 19:53 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ みんな蛾の仲間   11.8.29   (ベニスズメ、ヒメクロホウジャク、カノコガ)

ようやく秋の気配も感じさせる乾いた空気の暑い日でした。

25日にみつけた「蛾の仲間」3種です。


ベニスズメ   11.8.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO1600 1/640,F8
e0070891_18565976.jpg
        草の間に血の色を見た気がしました。
        自分でも意外ですが「初見で名前がわからない」。夏子さんの再開されたブログ「虫散歩」で「ベニスズメ」だと判明しました。

        蛾といえば街灯の明かりの周りで粉をまき散らしているイメージがあります。その典型のような形をした蛾です。


ヒメクロホウジャク   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1923799.jpg
        おなじ「スズメガ科」に属する蛾ですが、ホバリングして吸蜜しています。
        「ハチドリ」という小さな鳥に似ていますね。


カノコガ   〃   〃ISO400 1/100,F8
e0070891_1972015.jpg
        「ヒトリガ科」に属する蛾です。
        蝶と蛾は同じ「蝶目」に属するので不思議ではないのですが、蛾というよりチョウに見えますね。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-29 19:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ この日のチョウは?   11.6.5   (アカボシゴマダラ、ヒメクロホウジャク、ルリシジミ)

きのう4日、おでかけ前の小1時間。もしやゼフに出会えるかと、ポイントを探ったが見つからず。
同じポイントで見つけたチョウの仲間です。


アカボシゴマダラ   11.6.4   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_2252549.jpg
        白い「春型♀」が高い所をフワフワと飛んでいるのだがとまってくれない。
        早くも「夏型」が姿を見せたかと一人で色めきたったが、赤斑が薄目なので「春型♂」のようです。


ヒメクロホウジャク   〃   〃   1/400,F8
e0070891_22554081.jpg
        イボタノキの花にやってきたのは「ヒメクロホウジャク」でした。


ルリシジミ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_22573578.jpg
e0070891_22575119.jpg
        やっと「ウラゴマダラシジミ」に出会えた、とおもったら「ルリシジミ」でした。
        こんなに綺麗な個体を撮影できたのだから「ヨシ」としましょう。
[PR]
by higirinikki | 2011-06-05 23:00 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ヒメクロホウジャクが産卵?   10.11.5

今年は秋が短いようで、初冬の「小春日和」を思わせる穏やかな一日でした。

あおい実をつけたアカネのつるを探しては、一瞬とまっている虫がいました。
近づいて観察すると、どうやらヒメクロホウジャクが吸蜜するためにホバリングをしているのではなく、つるに尻を押し付けていました。
もしや、産卵をしているのでしょうか。

調べてみると、ヒメクロホウジャクの幼虫の食草のひとつにアカネがありました。
目撃・撮影できたのは、「産卵シーン」に間違いないようです。どうやら「貴重な画像」を撮影したようです。


ヒメクロホウジャク   10.11.5   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/500,F8
e0070891_18275133.jpg

e0070891_18294734.jpg

e0070891_1830673.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-11-05 18:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ ハチドリ? いいえ、蛾です   10.10.25   (ホシホウジャク、ヒメクロホウジャク)

寒さが去って、薄曇りながら気温が高めに戻りました。ホウジャクの仲間を写しとめようと挑戦に出ました。

今、里ではアザミの花盛り。その花に、まるでハチドリそっくりの虫がホバリングしながら蜜を吸っています。
初めて見た人で、まさか、これが蛾の仲間だとわかる人はいないのではないでしょうか。


ホシホウジャク   10.10.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_2154875.jpg
e0070891_2155887.jpg
e0070891_216153.jpg
     


ヒメクロホウジャク   〃   〃   ISO1600 1/125,F8
e0070891_21104580.jpg
        背中の紋様が違いますね。現場では気づきませんでした。

        なお、下の2枚は「禁じ手」のストロボを使っています。翅の動きを止められるのですね。
[PR]
by higirinikki | 2010-10-25 21:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ ホシホウジャクとヒメクロホウジャク   09.10.17

今、里山で花盛りのアザミの種類はなんでしょうね?瓜久保と狐久保の間の園路には草刈りで残されたアザミが花盛りです。
その花から花へ、まるでハチドリを思わせる虫がホバリングをしながら、長いストローを伸ばして蜜を吸っています。
ここ舞岡公園ではホシホウジャクとヒメクロホウジャクの2種のようです。
なにしろ目にもとまらぬ速さで羽ばたいているのです。「目にとめ」られても、ワンショットを記憶にとどめるのは無理でしょうね。
カメラで写しとめるには1/1000でも無理のようですから。

この飛んでいる姿を見て「蛾の仲間」とはとても思えませんね。翅を閉じて静止している姿は、見たことがありません。


ホシホウジャク   09.10.15   PENTAX K20D ISO1600 1/500,F4.5
e0070891_18204552.jpg


   10.14   〃   1/640,F5.6
e0070891_18244163.jpg

   〃   〃   1/1000,F5.6
e0070891_18263027.jpg



ヒメクロホウジャク   〃   〃   1/640,F5.6
e0070891_1828012.jpg
        ホシホウジャクの背中が黒いのに対して、ヒメクロホウジャクの背中は鴬色をしていますね。
        上から写したのに翅の姿が写っていません。それほど速い動きをしているのでしょう。

   10.17   FinePixF200EXR 6.4-32mm ISO800 1/60,F5.1
e0070891_18322679.jpg
        「ストロボ一発」で翅を写しとめようとしたのに、1/60では無理ですね。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-17 18:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)