タグ:ヒメジュウジナガカメムシ ( 2 ) タグの人気記事

■ ヒメジュウジナガカメムシ   13.8.11

あいかわらず猛暑の日が続いている。やや気温が下がる夕方に、運動も兼ねて散策に出る。
日の入り時間が早まっているので、撮影条件が厳しくなり写真としては不満な画像を、少しだけ撮ってくることになる。

その中から紹介に耐える被写体を撮ってきた。


ヒメジュウジナガカメムシ   13.8.11   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/60,F3.3
e0070891_13413227.jpg
        ミズタマソウの枝先を、カメラを避けて隠れる動きをする。ストロボ一発で写したが、色がとんでいる。

        ジュウジナガカメムシよりちょっと小さ目だったが、この画像だけでは識別できない。

〃 腹部背面
e0070891_13443260.jpg
        ピンボケ画像だが、腹部背面の黒い紋様をご覧ください。
        「短く切れて円形」ならば「ジュウジナガカメムシ」、この画像のようにきれずに長く続いていれば「ヒメジュウジナガカメムシ」、だということです。

        この虫の幼虫は、4年前に食草であるガガイモの葉に群れているシーンを紹介しています。
[PR]
by higirinikki | 2013-08-11 23:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ いろいろの幼虫   09.10.28   (ナガサキアゲハ、トホシテントウ、ヒメジュウジナガカメムシ)

今日はもとの秋らしい気温に戻った晴天。

最近出会った「いろいろの幼虫」たちです。


ナガサキアゲハ   09.10.23   PENAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_1748778.jpg
        花も実もついた姿を見たことがないミカンの木ですが、アゲハの幼虫の姿はよく見ます。
        5齢幼虫だと思いますが、今年中に羽化・成虫になるのでしょうか。


トホシテントウ   〃   〃   1/30,F11
e0070891_1754912.jpg
        先日紹介したイシミカワを見つけた時、絡み合っているカラスウリの葉に食み後が。
        思いもかけずトゲトゲいっぱいのトホシテントウの幼虫がいました。
        いつもながら、どうしてこういう姿になったのでしょう。自然の妙?


ヒメジュウジナガカメムシ   10.22   〃   1/125,F8
e0070891_1802432.jpg
        ガガイモの実があったはずの場所を探していると、遠目に赤と黒の虫の群れが見えました。
        葉先を手繰り寄せて撮影しました。肉眼では細かく観察できません。
        PCでようやく確認できました。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-28 18:05 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)