タグ:フタホシヒラタアブ ( 3 ) タグの人気記事

■ ハルジオンと虫 (2)   13.4.20   (コチャバネセセリ、フタホシヒラタアブ、コアオハナムグリ)

いっそう寒さがつのり、曇り空から雨が落ちてきた。この気候では、花も虫も気に入った写真にはならない。
という理屈をつけて休養日に。ひさしぶりの読書三昧(?)。

おとといの散策で出会った虫たちです。


コチャバネセセリ   13.4.18   FUJIFILM X-S1 23-624mm ISO800 1/2500,F8
e0070891_18571433.jpg
        半年ぶりぐらいに出会うと、その場では種名が出てこない。
        隣りの花にいるのはヤブキリかな?


フタホシヒラタアブ   〃   〃   1/900,F8
e0070891_18595780.jpg
        こちらも、その場では「ヒラタアブの一種」としか思いつかない。


コアオハナムグリ   〃   〃   1/1200,F8
e0070891_1913074.jpg
        こちらは、すぐに名前を思い出した。
[PR]
by higirinikki | 2013-04-20 19:01 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 黄色い花にハナアブが   10.2.24   (ナミハナアブ、フタホシヒラタアブ

今日はきのうにまして気温が上がったようです。でも、小谷戸の里で10時から4時半近くまでお仕事。
カメラなしで園内を歩くのも辛いものがありました。

きのうの暖かさに誘われて、ハナアブが黄色い花にとまっていました。


フクジュソウ に ナミハナアブ   10.2.23   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_1936286.jpg
        蜜を出さないフクジュソウ、パラボラアンテナのように広げた花弁に当たった日光を中心部に集めて、
        そこにとまった虫を暖めてやる。
        それに惹かれた虫がとまってくれれば花粉を受け渡してくれる、そういう戦略を誰が考え出したのでしょう。
        やって来た虫は大柄なナミハナアブでした。
        複眼がくっついていますね、♂です。


タンポポ に フタホシヒラタアブ   〃   〃   1/400,F11
e0070891_19415328.jpg
        南斜面にポツリポツリと咲き始めたタンポポにやって来たのは フタホシヒラタアブです。
        これも複眼がくっついている♂です。
[PR]
by higirinikki | 2010-02-24 19:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 小さな虫   09.2.23   (ナナホシテントウ、フタホシヒラタアブ、)

終日、小雨降る日。映画界に明るいニュースが飛び込んできた。米アカデミー賞の発表・表彰式で、「おくりびと」が「外国映画賞」、「つみきのいえ」が「短編アニメ賞」をそれぞれ受賞した。
オスカー像を手にした「つみきのいえ」の加藤監督は「重い」とひとこと。
じつは、私も30年近く前にオスカー像を手にしたことがあります。もちろん「入手」したのではなく「持った」だけですが。
物理的な重さだけでなく、受賞するまでの苦労や喜びも「重い」思いをしただろうと共感を覚えました。

「虫の季節」を前にして、「虫の眼」を取り戻す練習もしなくては。日溜りにいた小さな虫です。


ナナホシテントウ   09.2.21   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/250,F8
e0070891_18172243.jpg
        枯れ葉の山の中で真紅のナナホシテントウが忙しく見え隠れしていました。
        AFが追いつきません。


フタホシヒラタアブ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1822673.jpg
        いそうでいないナミホシヒラタアブ、ひさしぶりの再会でした。


ムシヒキアブの一種?   2.18   〃   1/250,F8
e0070891_18235693.jpg
        この頃見かける虫です。ハエなのか、アブなのか、種名不明です。
[PR]
by higirinikki | 2009-02-23 18:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)