タグ:フトイ ( 2 ) タグの人気記事

■ 夏の草花 (2)   11.7.12   (トウバナ、チゴザサ、フトイ)

今日も暑い日でした。風通しのよい部屋にいれば、クーラー不要の省エネ生活ができます。

8日の散策からです。


トウバナ   11.7.8   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_17314262.jpg
        なぜか今年の初見です。畦草刈りに遭わずに花をいっぱいつけていました。


チゴザサ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_17335764.jpg
        こちらも気づくのが遅すぎました。
        揺れる花を屈んで撮るのに苦労するようになりました。


フトイ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_1736227.jpg
        「宮田池」の水際で蕾が綻び始めてきました。
[PR]
by higirinikki | 2011-07-12 17:37 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 水辺の草 (1)   08.7.17   (フトイ、シカクイ、サンカクイ)

今日の午前中は曇り空、気温が上がらないことを期待して散策に出ました。
思惑は外れ、晴れ間が出ると蒸暑さが上昇。そうそうに引き上げました。
そんな中、水辺の草を中心に撮影してきました。


フトイ   08.7.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_1932138.jpg
e0070891_1934429.jpg
        大きく、円柱形の茎。高さ1~2m、葉は退化して葉鞘だけになっていて目立ちません。
        7~10月、茎の先に4~7個の枝を出して、赤味を帯びた小穂が集まった穂を数個ずつつける。
        枝の基部には穂全体より短い苞がある。

        「宮田池」の浅瀬にアシやヒメガマと一緒に群生しています。
        ちょうど、花が咲く季節にあたっています。


シカクイ   〃   〃   1/350,F8
e0070891_1955367.jpg
e0070891_1963626.jpg
        茎の断面が四角い。高さ20~50cm、葉鞘だけが茎の下部を包んでいる。
        7~10月、茎の先に長さ1~2cmの細長い小穂を1個だけつける。
        小穂の鱗片はすこし緑がかった褐色で、多数らせん状に並んでいる。

        水車小屋奥の24番田んぼの縁に群生していました。


サンカクイ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1984125.jpg
e0070891_1991180.jpg
        茎の断面が三角形なのでこの名がついた、という。
        高さ50~120cm。7~10月、茎の先に小穂が集まった穂を2~3つけるが、
        基部から長い苞がのびているので、穂は茎の途中についているように見える。
        小穂には柄はない。

        6番田んぼ山側の流れの縁で群生していました。
[PR]
by higirinikki | 2008-07-17 19:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(12)