タグ:ヘラオモダカ ( 5 ) タグの人気記事

■ 水田雑草 (2)   11.8.4   (オモダカ、ヘラオモダカ、コナギ)

相変わらずの天候不順が続いている。青空と油断していると激しい雨が落ちてくる。うかつに散策には出られない。

おとといの散策で見つけた「水田雑草」です。きのうは「希少種」と大目に見てもらえる雑草だが、この3種は「生やしていること自体が恥」という、稲作りの害草です。


オモダカ   11.8.2   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_18381743.jpg
        花は綺麗なのですがね。花が咲く前に引き抜かなければいけません。


ヘラオモダカ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_18402364.jpg
        花が咲き進んで実もふくらんでいます。


コナギ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_18415939.jpg
        代表的な「水田雑草」です。
        この谷戸の田んぼでは、ここ由来の堆肥だけが加えられる栄養分です。
        その貴重な栄養分を横取りするコナギは、何度か行われる「田の草取り」のメインターゲットです。
        このように稲株の根元にまとわりつくように生えているのは、初期の草取りで取りそこなったものです。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-04 18:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 田んぼの雑草   10.8.7   (コナギ、オモダカ、ヘラオモダカ)

今年の夏は例年にない暑い日が続いています。この暑さで、発育遅れが懸念されていた稲も順調に成育しているようです。
きのうの散策で見つけた「田んぼの雑草」です。手入れの悪い田んぼを探すのもたいへんなほど、よく管理された田んぼが多いのが、ここ舞岡谷戸の特長なのですが。


コナギ   10.8.6   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_18333734.jpg
        これは手入れが悪すぎる例です。
       コナギの花 こちらをご覧ください。


オモダカ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_1836182.jpg
        こちらは、やっと見つけた葉です。この特徴ある葉がオモダカを見つける手立てです。


ヘラオモダカ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_18384321.jpg
        こちらはヘラ形の葉が見えずに、若い花茎と小さい蕾が見えます。

        オモダカ、ヘラオモダカの花  こちらをご覧ください
[PR]
by higirinikki | 2010-08-07 18:41 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 田んぼの雑草   09.8.16   (オモダカ、ヘラオモダカ、ミズオオバコ)

細長い谷戸に広がる田んぼに青いネットが掛けられています。
虫や鳥がネットにかかる事故もありますが、ネットを掛けない時のスズメによる食害は想像を絶するものがあります。
その被害は、「お裾分け」の範囲を大きく超えるものなので、ネットにかかる虫さん、鳥さんには「ごめんなさい」と言うしかありません。

その田んぼでは、「草取り」を免れた雑草もけっこう元気に伸びています。
その中では、綺麗な花を咲かせる仲間を見つけました。青いネット越しなので色合いがすこしおかしいかもしれません。


谷戸田   09.8.14   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1723977.jpg


オモダカ   8.15   〃   1/250,F8
e0070891_17245234.jpg


ヘラオモダカ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_1727399.jpg


ミズオオバコ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_1729229.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-08-16 17:31 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小谷戸の里の花 (2)   08.7.11   (ヘラオモダカ、ハリイ、トンボソウ)

きのうの散策で見た、小谷戸の里の花です。湿地・水辺の花たちが栽培(?)されています。


ヘラオモダカ   08.7.10   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_2151347.jpg
        事務所前の水槽で花をつけ始めていました。


ハリイ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_2184983.jpg
e0070891_2191299.jpg
        古民家の横の水槽でイグサの仲間のハリイが花をつけていました。
        「ビオトープ」としt、ミズオオバコやミゾハコベなどとともに育てられています。


トンボソウ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_21134480.jpg
e0070891_2114505.jpg
        古民家裏手の湿地で群生しています。特別の許可をもらって撮影しました。トンボの姿に見えますか?
[PR]
by higirinikki | 2008-07-11 21:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(12)

オモダカとヘラオモダカ  06.8.29

水田雑草の仲間で、手入れの行き届いた田んぼでは見られないが、雑草を抜かずにすこし手を抜いた田んぼかな?と思うような田んぼでは、オモダカが花を咲かせている。
よく見ると清楚な花に見えるので、目の敵にしない心やさしいメンバーのいる田んぼなのかもしれません。

オモダカ  06.8.25撮影
e0070891_2142080.jpg
撮影データ PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F5.6

水田や浅い沼、湿地などに生える多年草。地中に走出枝をのばし、先端に球茎をつくる。クワイはオモダカの変種で、球茎を食用にするが、オモダカの球茎は小さすぎて役に立たない。
8~10月、直径2cmほどの花が咲く。花弁は3個。
14番田んぼには心やさしいメンバーが多いようで、何本かのオモダカが花をつけていました。


ヘラオモダカ  06.8.29撮影
e0070891_21451185.jpg
葉がヘラのような形をしている(写真には入っていなかった)。花期は7~10月。花茎には3個ずつ枝が輪生し、枝にはさらに3個ずつ枝が輪生する。これを何度かくりかえして、枝の先に白い小さな花を開く。花は直径1cm、花弁は3個。

22番田んぼの園路側の流れの縁で白い花を見つけた。自生する姿を見たのは初めてです。
[PR]
by higirinikki | 2006-08-29 21:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)