タグ:ベッコウハゴロモ ( 2 ) タグの人気記事

■ ハゴロモの仲間3種   14.8.9   (ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、アミガサハゴロモ)

台風11号がゆっくり西日本を襲いつつある。8月に入ってからの雨の量がハンパないのに、さらに大雨が予想されている。何も起こらなければよいが。

台風に遠い関東ではようやく猛暑から解放されているようで、雨雲垂れ込める午前中にゆっくり散策に出た。

ハゴロモの仲間3種に出会った。幼虫の見分けがむずかしく、間違っているかもしれない。


ベッコウハゴロモ   14.8.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0070891_18134062.jpg
        クズのつるの中にベッコウハゴロモがいた。腹の側がよく見えたので撮影した。
e0070891_18135989.jpg
        拡大して見て、意外に大きな腹だったのでびっくりした。

   〃   〃   1/80,F8
e0070891_18163757.jpg
        葉が繁っていて、表翅側からの撮影がむずかしかった。


アオバハゴロモ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_18192323.jpg
e0070891_18201359.jpg
        この時期、蜘蛛の巣にかかっている個体が目立ちます。
        もっと良い写真ならかわいい目g見えるのですが。


アミガサハゴロモ 幼虫   〃   〃   1/160,F8
e0070891_18235296.jpg
        ミズヒキの小さな花を撮影していたら、隣りの枝の途中に白い花が見えた。
        カメラを向けて、花ではないことに気づいた。
        拡大して見ると、ハゴロモの幼虫には間違いないのですが、
        アミガサハゴロモなのか、ベッコウハゴロモなのか、はてはスケバハゴロモなのか?
        同定の基準がわからず、とりあえず「アミガサハゴロモ 幼虫」としました。

        おわかりの方のご指導をいただければ嬉しいです。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-09 18:28 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ セミの仲間です   08.8.2   (ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、アブラゼミ)

今日はハイキング仲間と「川越史跡めぐり」歩きをしてきました。
真夏の炎天下、こんな歩きはするものではない、という典型行為をしてきました。

というわけで、今日も在庫写真からです。だんだんと話題がなくなってきて、今日はこじつけセットです。


ベッコウハゴロモ   08.7.30   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/8,F13
e0070891_22145377.jpg
        今年初見のベッコウハゴロモです。どちらが顔か頭か、目のようなもので驚かせるのでしょうか。


アオバハゴロモ   7.26   〃   1/15,F9.5
e0070891_22183842.jpg
        オオブタクサの茎に白い粉が沢山ついているのを見たことがありませんか。
        アオバハゴロモの幼虫を見ないうちに成虫が飛び交っていました。


アブラゼミ   7.24   〃   1/15,F9.5
e0070891_22253891.jpg
        横浜南部では7月の月間雨量が例年の1/4だったとか、セミとくにアブラゼミの羽化個体数が少ないのでは。
        いつもの年なら、あのジーという強烈な音(!)がいっぱいのはずですが、静かなものです。
[PR]
by higirinikki | 2008-08-02 22:28 | 舞岡公園の虫 | Comments(10)