タグ:ベニイグチ ( 5 ) タグの人気記事

■ 梅雨のキノコ   11.7.2   (ベニイグチ、アワタケ、?)

今日は月例ハイキングの予定だったが、雨模様の予報と暑さで中止に。
雨は落ちてはこなかったものの、暑さは相変わらずで散策は控えました。

おとといの散策で見つけたキノコたちです。


ベニイグチ   11.6.30   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/25,F8
e0070891_190143.jpg
        まだ幼菌でしょうか、薄暗い草葉の陰で赤い傘が目立ちました。


アワタケ   〃   〃   1/4,F8
e0070891_1923037.jpg
        こちらも気づいたのが不思議なくらい暗い中にありました。


   〃   〃   1/10,F8
e0070891_1951243.jpg
        手前の数本は幼菌でしょうか。
        どこかで見たことのあるお菓子のような形をしています。
        背後にあるのが成菌だと思いますが同定できませんでした。
[PR]
by higirinikki | 2011-07-02 19:08 | 舞岡公園のキノコ | Comments(7)

■ キノコ3種   10.7.12   (ベニイグチ、ニオイコベニタケ、クロアシボソノボリリュウタケ)

参院選挙の結果がでました。日本の行方はどうなるのか?少なくも安心して任せることができそうにありません。

おとといの短時間散策で見つけたキノコです。悲しいかな、きのう見に行ったら、キノコ嫌いの足で踏みにじられていました。


ベニイグチ   10.7.10   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/42,F3.3
e0070891_204884.jpg


ニオイコベニタケ
e0070891_2049971.jpg


クロアシボソノボリリュウタケ
e0070891_20495821.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-07-12 20:50 | 舞岡公園のキノコ | Comments(2)

■ 小さなキノコ   08.9.8   (ベニイグチ)

瓜久保「キノコの林」に行ってみました。緑のコケに覆われた地面に、なにやら赤いものが。
しゃがみこんで見ると「ベニイグチ」の幼菌のようでした。近くには成菌らしきキノコもありました。

ベニイグチ   08.9.8   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/8,F8
e0070891_18283430.jpg
e0070891_18285759.jpg
e0070891_18291774.jpg
e0070891_18293829.jpg
        ドングリや葉っぱの大きさで、その小ささを想像してください。
[PR]
by higirinikki | 2008-09-08 18:31 | 舞岡公園のキノコ | Comments(10)

■ ノウタケ、コテングタケモドキ、ベニイグチ   07.9.16

今日も、秋の彼岸直前の真夏並みの暑い日でした。午後、小谷戸の里で2つの会合に出席、その前後に散策しましたが大汗をかきました。

きのう見つけたキノコの一日後を確認してきました。
キノコは一日たつと大きく変化していること、普通の人はキノコを見つけると何故か蹴り倒したくなる習性があって翌日は無残な姿になっていることが多い、という理由でぜひ確認したかったからです。


ノウタケ   07.9.15   PENTAXistDs 100mm/macro ISO800 1/10,F9.5
e0070891_20285745.jpg
        「古御堂谷戸」から「宮田池」に降りてくる山道際で見つけました。まるで「甘食パン」のようです。
        ホコリタケ科。梅雨~秋、林内地上、路傍などに普通に発生する。
        高さ・幅ともに10cmくらいまで。外皮は最初、淡色から濃色、トースト色に変化。
        内部断面は最初は白色、のち黄褐色。成熟すると外皮が破れて剥離し、黄色の胞子塊があらわれる。
        という説明はいらないほど、見た目も触感も甘食パンそのものでした。

        今日は、案の定、姿が見えませんでした。
        あるいは標本として持って行った人がいたのかもしれませんね。


コテングタケモドキ   〃   〃    1/45,F9.5
e0070891_20414314.jpg
        ノウタケのすぐ傍の笹薮の下蔭でたくましい幼菌を見つけました。
        テングタケ科。 夏~秋、シイ、カシなどの広葉樹林などの地上に発生。
        傘は平滑、帯褐灰色、白いつぼの膜片を付着することが多い。
        柄は白色でつばとつぼをもつ。つばは膜質で破れやすく、つぼは袋状。

        9.16   〃  1/30,F8   無事に、傘が開いていました。
e0070891_20473031.jpg



ベニイグチ   9.15   〃    1/15,F9.5
e0070891_2051432.jpg
        瓜久保のキノコの林で幼菌が立ち上がっていました。
        オニイグチ科。 夏~秋、コナラ林などの地上に発生。
        「紅イグチ」の名のとおり、傘は湿時やや粘性があり、ワイン色を帯びた赤色。
        孔口は黄色のち帯オリーブ色。柄には明瞭な網目をもち、傘とほぼ同色。

        9.16   〃   1/15,F8   こちらも無事に傘を広げていました。
e0070891_2057196.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-09-16 20:59 | 舞岡公園のキノコ | Comments(8)

■ キノコの季節   07.7.24

今日は、まるで梅雨が明けたような真夏日でした。

今日の散策で、私がひそかに「キノコの林」と名づけている所で、可愛いキノコ4種を見つけました。

散歩する人たちの目につきやすい場所に生えたキノコは、残念ながら一生を全うすることがすくないのです。可愛い幼菌がタマゴ形のツボから頭を出しているので、翌日、どのくらい成長しているかな?と見に行くと無残に蹴飛ばされて倒れていることが多いのです。
心優しいわが読者の皆さん、どうぞそういうことをなさらないようにお願いします、ね。


ダイダイガサ   07.7.24   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/3.3,F8
e0070891_202948.jpg
        「お気に入りサイト」としてリンクしているBlog「野の花語り」を主宰している海華さんのもう一つのBlog「きのこつれづれ」
        雨の後は 07.6.25 に掲載された 「ダイダイガサ」 とそっくりに見えるので、
        このキノコは 「ダイダイガサ」 ということにいたしました。


ベニイグチ  幼菌   〃   〃    1/45,F8
e0070891_2032532.jpg
        ↑でご紹介した「海華」さんから 「ベニイグチの幼菌」 とのご示唆をいただきました。
        「海華」さん、ありがとうございました。


クロアシボソノボリリュウタケ   〃   〃    1/20,F8
e0070891_2045519.jpg


ハリガネオチバタケ   〃   〃    1/15,F8
e0070891_2055595.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-07-24 20:07 | 舞岡公園のキノコ | Comments(12)