タグ:ホウチャクソウ ( 4 ) タグの人気記事

■ 小谷戸の里の草花   15.4.27   (タツナミソウ、ホウチャクソウ、アマドコロ)

前夜の「歓送迎会」で久しぶりの宿酔、休養日に。

ちょっと目を放していると、草花の開花がすすんでいてビックリする。きのうの小谷戸の里の花たちです。


タツナミソウ   15.4.26  FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/34,F9
e0070891_12433538.jpg


ホウチャクソウ   〃   〃   1/170,F9
e0070891_12444223.jpg


アマドコロ   〃   〃   1/150,F9
e0070891_12451367.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-04-27 22:37 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 小谷戸の里で (4)   13.9.5   (ゲンノショウコ、ナンバンギセル、ホウチャクソウ)

黒雲が南から北の方向に速足で流れて行き、時折り激しく雨が降りしきる。今日も散策には出られない。

31日撮影の画像からです。


ゲンノショウコ   13.8.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/170,F9
e0070891_18124990.jpg
        絵になる被写体が少ない。花のうしろには種子の出来始めが見える。


ナンバンギセル   〃   〃   ISO400 1/280,F3.3
e0070891_1817418.jpg
        そろそろ花のシーズンが終わりそうですが、いっぱい出ていたんです。


ホウチャクソウ   〃   〃   ISO400 1/280,F3.3
e0070891_18183887.jpg
        双子の黒い実、ナルコユリとはちがいますね。
[PR]
by higirinikki | 2013-09-05 18:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ あかい実、くろい実   07.9.4

せっかく秋らしい気候に移ったかと思ったら、また30℃を超える真夏日に逆戻り。
でも、世界はすでに秋に移行しています。今日の散策では収穫がいろいろありましたが、まずは秋らしい果実を三点とりあげます。


ヤブミョウガ   07.9.4   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_2082910.jpg
        散策開始場所で群生するヤブミョウガの白い花が迎えてくれました。
        よく見ると黒い実が混じっていました。やっと秋らしくなってきました。


ヤマボウシ   〃  〃   1/90,F8
e0070891_20123297.jpg
        瓜久保・かっぱ池の畔のヤマボウシ、今年は実がいっぱいついています。
        赤くなるのを待っていました。上を向いたり、下に下がったりする実がいろいろ。
        綺麗な姿をした実を、やっと見つけました。



ホウチャクソウ   〃  〃   1/45,F5.6
e0070891_20195441.jpg
        小谷戸の里・古民家の前庭の片隅。ヤマホトトギスの花を探していたら、この実を見つけました。
        
[PR]
by higirinikki | 2007-09-04 20:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

ユリの仲間  07.4.19

白い小さな花が下向きに咲くユリ科の草が目につきます。


チゴユリ  07.4.19 PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_21185237.jpg
小谷戸の里、事務所前の花壇で小さなユリが咲いていました。
下向きの花の中を覗き込もうとしましたが、無理でした。


ナルコユリ  〃  ISO200 1/350,F5.6
e0070891_21215142.jpg
おおなばの丘の斜面に群生していました。
たくさんの花がぶら下がって咲くさまを、鳥を追う鳴子に見立てた名前です。アマドコロとの違いは、茎が丸く稜がない、ことです。


ホウチャクソウ  4.18  ISO400  1/60,F5.6
e0070891_21253758.jpg
尾根道、道祖神の近くで。花の形を、寺や五重塔の軒につるす宝鐸に見立てた名前だそうです。
ナルコユリの花は6個の花弁がくっついて筒状になっているが、ホウチャクソウでは花弁が重なって筒状になっています。
[PR]
by higirinikki | 2007-04-19 21:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(12)