タグ:マガモ ( 10 ) タグの人気記事

■ 鳥 3種   15.2.28   (マガモ、ツグミ、ガビチョウ)

真冬の気候が戻ったようで、北風が冷たい。
しかし、鳥の世界では春の気配が漂っているのかも。午前中の散策でウグイスの初鳴き「ホケキョ」を聞いた。すでに1週間前くらいから鳴き始めてはいたようなのだが。

最近の鳥の画像からです。


マガモ   15.2.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/950,F8
e0070891_18402385.jpg
        エナガに出会った「さくらなみ池」では、マガモ ♂ 2羽 と ♀ 1羽が浮いていた。
        突然、雌が羽を拡げた。飛び立ちたいのかな?


ツグミ   〃   〃 ISO400 1/75,F8
e0070891_18435818.jpg
        ベニマシコと遊ぶ前、枝の上でじっとしているところをパチリ。
        そろそろ、北の地方に飛び去る時期です。


ガビチョウ   2.23   〃 ISO400 1/150,F8
e0070891_18463911.jpg
        頭の上の方からガビチョウのけたたましい鳴き声が聞こえた。
        見上げた上の枝で大きく嘴を拡げて鳴いている姿が見えました。
[PR]
by higirinikki | 2015-02-28 18:48 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ マガモ   15.1.14

南岸低気圧が接近していて午後から曇り空という予報。青空のうちに散策に。

薄く氷の張った 「さくらなみ池」 にマガモが4羽いた。氷の割れた水面が狭く、岸辺近くを行ったり来たりしている。思わぬ時に飛び上がったのでびっくり。


マガモ   15.1.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/280,F8
e0070891_17293388.jpg



〃 ♂
e0070891_17314840.jpg
        何かの拍子で飛び上がった。シャッターを押すタイミングが合わない。

e0070891_17304193.jpg
        目の前に着水、ゆったりと浮いていた。

e0070891_1731876.jpg
        伸び上がったのでシャッターを押したら、それだけだった。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-14 17:31 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥撮りの季節 (3)   14.12.16   (マガモ、シジュウカラ、?)

また爆弾低気圧が発達中だということで、夕方から強い雨風になりつつある。寒さもあって「休養日」に。高校同窓会HPの記事制作にあてた。

12日の散策で出会った鳥です。


マガモ   14.12.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/300,F8
e0070891_17184442.jpg
        「さくらなみ池」に数羽のマガモの♂が集結(?)していた。
        1羽のマガモが翼をバタバタさせて水浴びを繰り返していた。


シジュウカラ   〃   〃   1/1600,F8
e0070891_17212953.jpg
        木道の脇のヤマグワの枝にシジュウカラが飛んできた。
        レンズを真上に向けての撮影です。腹のネクタイが目立ちます。


   〃   〃 (trimming) 1/2000,F8
e0070891_17245717.jpg
        帰宅途中の上空を上昇気流に乗った鷲・鷹の仲間が飛んでいた。
        尾の長いシルエットですが、同定ができません。  ハイタカでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2014-12-16 17:25 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ カワセミ♀   13.11.28

寒い日になるかと思いきや、強い南・西の風で生暖かい。

最近の「さくらなみ池」、しばらく葦の葉を食料にしていたバンが姿を見せなくなった。マガモの♂2羽が仲良く泳いでいる。
一方、夏の間から縄張り争いを続けていた複数のカワセミの子たちが、一羽のカワセミ♀の縄張りに決したようだ。大き目の餌は、夏の間に居ついていたカイツブリが食べ尽くしたようで、小エビやメダカしかいなくなった「宮田池」では、カワセミもたった一羽しか縄張りを張れない、ということのようです。


カワセミ   13.11.27   FUJIFILM 24-624mm ISO400 1/420,F5.6
e0070891_17552831.jpg
        「宮田池」で。比較的近くの水面上に張り出した枝にとまってくれたが、
        手前の細い小枝がいっぱい。

e0070891_1758264.jpg
        水中に飛び込んで、さらに近くの枝にとまった。ピント合わせがむずかしい。

e0070891_1814863.jpg
        このとおり、「前ピン」になってしまった。 「あれ? 手前のピントが合っているのは何だ?」
e0070891_18323.jpg
        判然としないが、もしかすると、ジョロウグモの交接シーンかも。

e0070891_1843351.jpg
        これは「ピントぴったり」


マガモ♂   11.26   〃   1/300,F8
e0070891_1871855.jpg
        前日、「さくらなみ池」では二羽のマガモが仲良く羽繕いをしていた。
[PR]
by higirinikki | 2013-11-28 18:09 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 秋の鳥?   13.11.9   (ヨシゴイ、マガモ、ヤマガラ)

天気予報が外れて一日中くもり、ときには雨粒も落ちてきた。
小谷戸の里では、「舞岡公園開園20周年記念」事業“田んぼで婚活”後半の「脱穀」が行われていた。

きのうの散策で出会った鳥たちです。


ヨシゴイ   13.11.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(trimming) ISO800 1/950,F8
e0070891_20132799.jpg
        その名のとおり、葦の繁みの中にいることが多いのだが、時折り、その姿を見せてくれる。

e0070891_20162213.jpg
        目の前を、子バンが通り過ぎていった。


マガモ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_20182457.jpg
        今日は「宮田池」に2羽の♂が姿を見せていた。時々、力の強い(?)方の♂が一方を追いかけていた。

e0070891_20202285.jpg



ヤマガラ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_20212155.jpg
e0070891_20214287.jpg
        古民家裏手の池のほとり、頭上から「ニーニー」という声が聞こえてきた。
        見上げるとエゴノキの実が下がっている枝と、近くの木陰を何度も往復するヤマガラが見えた。
        木陰の枝ではエゴノキの実を突き割って中の果実を齧り出しているようだった。
[PR]
by higirinikki | 2013-11-09 20:29 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥撮り習作 (8)   12.12.11   (メジロ、カワセミ、マガモ)

4日間の新潟は「寒波襲来、大雪警報発令」の真っ最中でした。帰途、関越自動車道で関越トンネルを抜けて沼田付近を過ぎると、みるみる青空が広がってきました。関東地方の気候の特徴を、この目で確かめることができる旅でした。

6日ぶりの散策で、また「鳥撮り習作」をおこないましたが、まだまだうまくいかないものです。


メジロ   12.12.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/400,F8
e0070891_20313545.jpg
        マユミの実の中に隠れて啄む姿を撮りたかったのですが、
        うまくタイミングが合わないものです。


カワセミ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_203459.jpg
        小谷戸池で何度も飛び込んでいました。
        小魚を獲ることもあり、空振りあり、口洗いだったり、
        どこに飛び込み、どこに戻るか予測不能で、これもタイミング合わせが難しいものです。


マガモ   〃   〃   1/470,F7.1
e0070891_20381874.jpg
        頭を水の中に突っ込み、尻を突き出す。
        顔を出したら、水をガバッと吐き出すことを繰り返していた。これも「口洗い」かな?
[PR]
by higirinikki | 2012-12-11 20:41 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥撮り 習作   12.11.24   (カワセミ、マガモ、ハクセキレイ)

今日も曇り空、スカッと晴れるのは明日のようだ。「収穫祭」の疲れもあって、「休養日」に。

おととい出会った鳥たち。望遠レンズ撮影に慣れるべく、習作に励んだ。


カワセミ ♀   12.11.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/150,F8
e0070891_200594.jpg
        山道を降りてきた「さくらなみ池」、目の前にカワセミがいた。
        動けなくなって、枝被りだが最望遠で撮影してみた。


マガモ ♂   〃   〃   1/280,F8
e0070891_2073412.jpg
e0070891_2082914.jpg
        最近、姿を見せるようになったマガモの番が、「さくらなみ池」で「水浴び(?)」をしていた。
        遠くに見えるのだが、シャッタータイミングを合わせるのが難しかった。


ハクセキレイ ♀   〃   〃   1/400,F8
e0070891_20102452.jpg
        4番田んぼの水溜りを、せわしなく動き回っていた。
        構図を決めるのが難しい。ちょっと立ち止まったタイミングで。
[PR]
by higirinikki | 2012-11-24 20:12 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 「鳥撮り」シーズンに (4)   11.12.11   (マガモ)

きのうは、皆既月食を見ようと頑張って午後11時半過ぎまで起きていたのですが、横浜では流れる雲のせいで明瞭な皆既食がみられなかったのは残念でした。

まだ、鳥のシリーズが続きます。


マガモ   11.12.7   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/200,F8
e0070891_18501248.jpg
        「宮田池」の奥の方をマガモ夫婦が泳いでいました。

〃 ♂
e0070891_18514452.jpg
        遠くて暗いので、頭の緑色が明確ではないですが、
        11/2に見た「エクリプス」状態の羽の色合いは消えて、元の羽に戻って「連れ合い」を見つけたようです。

〃 ♀
e0070891_18534212.jpg
        あまりに撮影条件がわるいので、♀の地味な羽色もよくわからないです。申し訳ありません。
[PR]
by higirinikki | 2011-12-11 18:55 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ マガモの ♂? ♀?   11.11.2

大陸から伸びる大きな高気圧が今日も上空にあって、穏やかな日が続いている。

瓜久保の「かっぱ池」の水面にカモが飛び降りてきました。嘴の先だけが黄色いのはカルガモです。
飛んできたカモの嘴が見えません。

カルガモ   11.11.2   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/400,F3.3
e0070891_18392382.jpg


        飛んできたカモが目の前にやってきました。嘴全体が黄色いのはマガモのはずです。
        でも雰囲気は、明らかに♂ではありません。でも、地味は羽色の♀とも違うようです。


マガモの ♂? ♀?   〃   〃   1/210,F4.7
e0070891_18443898.jpg
        全体の雰囲気は♂なのですが、頭の羽の雰囲気が全く違います。
        よくわからない鳥だったのですが、この2枚だけしか撮影しませんでした。


        帰宅してネットで探索してみました。
        どうやら「エクリプス」という状態のようです。
        エクリプスとは、カモ類、サンショウクイ類、ハタオリドリ科などの一部の種のオスに見られる特殊な羽衣のことだそうで、
        カモ類のオスは繁殖期の後期になると羽毛を換羽し、メスと同じような地味な羽色になるとのことです。
        今日みたマガモは、夏の繁殖期をおえて、あの鮮やかな繁殖羽を捨てて地味な羽毛姿に変わる途中の姿のようです。

        どなたか、本当のところを教えていただけませんか?
[PR]
by higirinikki | 2011-11-02 18:53 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

人馴れしてきた鳥たち  07.1.16

また被写体が鳥に戻ってしまいます。
11日は、「自然観察会」でバードウォッチングを担当するAさんと、短時間でしたが一緒に散策しました。
不思議なことに、至近距離にいる鳥さんたちと出会い、200mmレンズでそこそこの大きさで撮らせてくれました。冬鳥シーズンが深まって来るとともに、野鳥も人の近くにいる方が猛禽類や猫などに襲われずにすむ、ということを学習してくるからだと思われます。
いいことなのか、悪いことなのか、痛し痒しの状態です。

カワセミ  07.1.11 PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F5.6
e0070891_21161126.jpg
「小谷戸池」を園路から覗き込もうとしたら、先客から「目の前にいますよ」と教えられました。垣根の薮から1mもない枝に姿がありました。


マガモ  1/60,F8
e0070891_21203478.jpg
一回りしてまた戻って来た「小谷戸池」に、今度はマガモの番がいました。マガモは、2年前に「宮田池」で一度だけ出会って撮影できたことがありました。こんな小さな池にどこから飛んできたのでしょうか、不思議なことです。


ウソ  1/180,F5.6
e0070891_2125999.jpg
さて引き揚げようかと通りかかったウツギの木の下、ウソの群れがいっぱいついた実を啄んでいました。彼らも長期間ここで採餌している間に、人は害しないということを学習してしまったようです。

きょうの3枚は、いずれもNo Trimmingです。
[PR]
by higirinikki | 2007-01-16 21:31 | 舞岡公園の鳥 | Comments(12)