タグ:ミズオオバコ ( 10 ) タグの人気記事

■ 田んぼの草   14.7.24   (ミズオオバコ、イチョウウキゴケ、オモダカ)

梅雨が明けて連日の蒸し暑い猛暑の日が続く。今日もお休みに。

21日の散策では出穂まじかの稲田を覗いた。草取りを免れた草がところどころにあった。


ミズオオバコ   14.7.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8
e0070891_1835871.jpg
        不耕起田んぼで見られる希少種です。


イチョウウキゴケ   〃   〃   1/75,F8
e0070891_186547.jpg
        もともと6番田んぼで繁殖していましたが、
        今年はお隣、その隣りの田んぼでも増えていました。これも希少種です。


オモダカ   〃   〃   1/480,F8
e0070891_1883952.jpg
        不耕起田んぼでは、「雑草」であるオモダカも生えてきます。
        抜かなくていいのかな?
[PR]
by higirinikki | 2014-07-24 18:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 吸水するキイロスズメバチ   13.8.31

今日も「猛暑日」になろうかという昼、1週間ぶりに小谷戸の里に用事があって行く。
暑さもものかわ、前後の1時間ほどを散策。

小谷戸の里、古民家横にある 「ミズオオバコ」 の鉢の水を求めて、キイロスズメバチが飛んでいた。
ミズオオバコの花を撮りたいのに邪魔をしてくれる。 「水が飲みたいのだ」 と思いを定めて、怖さを鎮めて 「吸水シーン」 を撮影しました。


キイロスズメバチ   13.8.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/140,F3.3
e0070891_22243824.jpg
e0070891_22245758.jpg



ミズオオバコ   〃   〃   ISO400 1/340,F3.3
e0070891_2226771.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-08-31 22:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 田んぼに咲く花   11.9.22   (ミズオオバコ、オモダカ、キクモ)

きのうの午後、息子の嫁さんが出産の大仕事を果たしました。
まだ強い風の吹く中、産院にご対面に行ってきました。台風が接近すると出産ラッシュになるとか、新生児室には24人もの赤ちゃんでいっぱいでした。

17日の撮影分から。小谷戸の里の古民家の横の水鉢に植えられた田んぼの草に花が咲いていました。


ミズオオバコ   11.9.17   FinePix F300EXR 6.4-32mm ISO400 1/500,F3.3
e0070891_1847610.jpg


オモダカ   〃   〃   1/90,F9
e0070891_18483914.jpg


キクモ   〃   〃   1/480,F3.3
e0070891_18501561.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-09-22 18:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 水田雑草   11.8.3   (ミズオオバコ、キクモ、イチョウウキゴケ)

風もなく蒸し暑い曇り空の一日。午後、クマゼミの「シャーシャー」という鳴き声が聞こえてきました。

きのうの散策で見た「水田雑草」です。雑草とはいえ希少種でもあり、どちらかといえば「今年も出てくれた」と思われる草です。


ミズオオバコ   11.8.2   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_18213139.jpg
        この田んぼは稲刈り後、稲の刈り株を残したまま冬を越し、春先のいわゆる田起こしをせずに、
        そのまま湛水して稲を植える「不耕起田」。
        だから前年の水草が翌年も生えてきます。

        今年は、この田んぼのほかにミズオオバコが出現するのはどこか楽しみです。
e0070891_18262548.jpg
        これは古民家横で水槽で栽培されている株。花が咲いていました。


キクモ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1828315.jpg
        同じ田んぼで見られます。「金魚藻」として海外から入ってきたキクモもあるのですが、
        舞岡で見られるのは「日本固有種」かもしれません。


イチョウウキゴケ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1831107.jpg
        こちらは「農薬」づけで水田ではなかなか見られなくなった「希少種」。
        田んぼが干上がって水がなくなると、根を出して土に定着するという習性をもっています。
        1番田んぼで密生していました。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-03 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 水鉢で咲く花   10.9.17   (ミズオオバコ、キクモ、ウスゲチョウジタデ)

また暑さが戻ってきました。
おとといの散策で、水屋の横にある水鉢で咲いている花を見つけました。


ミズオオバコ   10.9.15   PNTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_18325347.jpg


キクモ   〃   〃   1/80,F8
e0070891_18334622.jpg


ウスゲチョウジタデ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_1834286.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-09-17 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 田んぼの雑草 希少種   10.8.8   (ミズオオバコ、キクモ、ミズニラ)

「田んぼの雑草」といっても、最近では希少種となって自然の田んぼでは見られにくくなっている種もあります。
ここ舞岡の谷戸田では無農薬・無化学肥料ということもあって、何種かの希少種を見ることができます。


ミズオオバコ   10.8.8   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_1824292.jpg


キクモ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18255287.jpg


ミズニラ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18264618.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-08-08 18:27 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 田んぼの雑草   09.8.16   (オモダカ、ヘラオモダカ、ミズオオバコ)

細長い谷戸に広がる田んぼに青いネットが掛けられています。
虫や鳥がネットにかかる事故もありますが、ネットを掛けない時のスズメによる食害は想像を絶するものがあります。
その被害は、「お裾分け」の範囲を大きく超えるものなので、ネットにかかる虫さん、鳥さんには「ごめんなさい」と言うしかありません。

その田んぼでは、「草取り」を免れた雑草もけっこう元気に伸びています。
その中では、綺麗な花を咲かせる仲間を見つけました。青いネット越しなので色合いがすこしおかしいかもしれません。


谷戸田   09.8.14   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1723977.jpg


オモダカ   8.15   〃   1/250,F8
e0070891_17245234.jpg


ヘラオモダカ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_1727399.jpg


ミズオオバコ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_1729229.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-08-16 17:31 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ビオトープの花たち   08.8.24   (ミズオオバコ、チョウジタデ、オモダカ)

この2~3日、小雨降る日が続きすっかり涼しくなっています。
北京五輪・男子マラソンの結果を確認して、雨が上がった合間に急いで小谷戸の里中心に歩いてきました。
古民家横にある水鉢の中の小さなビオトープに、新しい花が咲いていました。

今日の三点セットは意図しなかったのですが、昨年の ■ ミズオオバコ ほか 水田まわりの草花   07.9.2 と同じ花でした。こちらもご覧くださいね。


ミズオオバコ   08.8.24   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/15,F6.7
e0070891_17343512.jpg
        毎年、ある谷戸田に発生するのですが、なにせ田起しなどで土を撹乱するので、年によって発生数にムラがでます。
        希少種ですから、ここで保護育成しているというわけです。


チョウジタデ気根   〃   〃   1/90,F4.5
e0070891_17382990.jpg
        今年も糸クズのような白い気根がたくさん出ていました。
        詳しい説明は昨年の記事 ■ チョウジタデ   07.8.25 をご覧くださいね。


オモダカ   〃   〃   1/90,F4.5
e0070891_17413176.jpg
e0070891_17421337.jpg
        オモダカは雌雄異花です。上が雄花、下は雌花がおわって実になっていました。
        田んぼの雑草ですから、放っておけば毎年同じ田んぼに発生します。
[PR]
by higirinikki | 2008-08-24 17:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ ミズオオバコ ほか 水田まわりの草花   07.9.2

27,28日の暑い日の散策では、水田の中や周辺の草花を撮影していました。
先日とりあげたビオトープに生えていた草花の、谷戸田周辺で自生する姿です。


ミズオオバコ   07.8.27   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/350,F8
e0070891_18192574.jpg
        毎年自生する田んぼで今年も花が咲いていました。
        一日花ですので、咲いている姿を撮影できるのはラッキーです。
        去年の記事でくわしく紹介していますので、ご覧ください。  ミズオオバコ ほか(水田雑草Ⅰ)  06.8.4


チョウジタデ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_18262157.jpg
        オオガハスが植栽されている24番田んぼで、チョウジタデが水中で繁殖していました。
        遠目でも「気根」が脚を伸ばしているのが見えますね。
        「あれは気根というものだよ」と、同行者に説明してあげてくださいね。
e0070891_1831288.jpg
        田んぼまわりに、チョウジタデの花が見られるようになりました。  8.28  〃  1/90,F8


オモダカ   〃   〃   1/500,F5.6
e0070891_18474837.jpg
        15番田んぼの畦は高いところ、そこからオモダカの白い花が見えました。
[PR]
by higirinikki | 2007-09-02 18:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

ミズオオバコ ほか(水田雑草Ⅰ)  06.8.4

舞岡公園・谷戸田では農薬や化学肥料を一切使用しないで稲作を行なっています。言ってみれば江戸時代の農法でしょうか。したがって、ここでの作業は水田雑草や害虫(稲作にとっての)との闘いが日常です。

昨日から当地は猛暑に見舞われていますが、今朝は早い時間の涼しい内に散策に出ました。ある田んぼで「ミズオオバコ」の花が咲いていました。これも、「水田雑草」の一つですが、毎年自生して可愛い花を咲かせるので大事にされています。

ついでに、同じ水田雑草で花をつけるのですが成長途上で「雑草」として目の敵にされ、見つけると抜かれる運命にある「コナギ」と「キクモ」の花も紹介しましょう。


ミズオオバコ
e0070891_21595861.jpg
撮影データ 06.8.4 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/350,F5.6

葉がオオバコに似ていて水中に生えるので、この名がある(まんまじゃないか)。花は一日で萎む。ということは、今日はラッキー!だったということ。抜かれることなく大事にされて、花をつけられたこの株もラッキーな株です。


コナギ  04.9.24 撮影
e0070891_2157799.jpg
田植え直後から、田の草取りの対象となるのがこの「コナギ」。なにしろアッという間に、稲苗の間に芽を出し茎を伸ばし横に広がっていく。いかにも稲の成長を妨げそうな繁殖力を持った「雑草」だ。よほどのことがない限り抜かれてしまうので、この株のように花をつけることはない。


キクモ  04.9.20 撮影
e0070891_21592227.jpg
キンギョモとも少し違うが、葉が輪生する藻。秋に葉のつけねに紅紫色の唇形の花をつける。これも取り残された株に花がついていたので撮影できたもの。
[PR]
by higirinikki | 2006-08-04 22:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)