タグ:ミツバツチグリ ( 6 ) タグの人気記事

■ 小谷戸の里の草花 3種   14.4.16   (チゴユリ、ホタルカズラ、ミツバツチグリ)

気持ち良い爽やかな青空の日がつづいている。
小谷戸の里では、日々あたらしい草花が花をつけている。


チゴユリ   14.4.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F8
e0070891_215287.jpg
        地面から10cmほどで下向きに咲く花。カメラアングルに苦労する花だ。


ホタルカズラ   〃   〃   1/420,F4.5
e0070891_217512.jpg
        マクロで背景をぼかす、忘れていた技法でした。


ミツバツチグリ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_21101798.jpg
        古民家の前庭にあることを忘れていました。
[PR]
by higirinikki | 2014-04-16 21:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 初物3種   13.4.2   (レンゲ、ミツバツチグリ、オオジシバリ)

また低気圧が覆って関東地方は寒い雨の1日に。まったく春の天気はままならない。
きのうの散策で見つけた 「初物3種」 です。花盛りの時に紹介できるかは 「保証なし」 です、ごめんね。


レンゲ   13.4.1   fujifilm x-s1 24-624mm ISO400 1/900,F3.2
e0070891_20104069.jpg
        営農田んぼではレンゲの種を蒔いて肥料として鋤きこむ伝統農法もつかっている。
        まだ種を蒔く前に去年の種から生えた株なのだろう。


ミツバツチグリ   〃   〃   1/250,F4.5
e0070891_20151356.jpg
        まさかと思う時期・場所で見つけてビックリだった。


オオジシバリ   〃   〃   1/680,F3.6
e0070891_20165286.jpg
        これも1株だけ見つけました。

        このカメラの「EXRモード」を使った。近接撮影で開放に近い f 値が使われるので、背景のボケが強くなる。
        今までのマクロ写真とは、印象が違う。
[PR]
by higirinikki | 2013-04-02 20:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 黄色い似た花   11.4.19   (キジムシロ、ミツバツチグリ、ヘビイチゴ)

明け方まで降雨、午前中は曇り空だったが、午後には明るく陽が差し始めたので散策に出ました。

畦道や山裾などに、よく似た黄色い花が咲いています。


キジムシロ   11.4.19   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_17574155.jpg
e0070891_17575894.jpg
        放射状に葉を広げた姿を、キジの座る敷物に見立ててこの名がある。
        山野の日当たりのよい所に多い多年草。茎や葉には粗い毛がある。
        根元の葉は奇数羽状複葉で、2~3対の小葉がある。
        花期は4~5月。花は黄色で直径1.5~2cm。花弁は5個。


ミツバツチグリ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1801930.jpg
        キジムシロに似ているが、小葉が3個あるところが違う。
        根元の葉には長い柄があり、小葉は長さ2~5cmの楕円形。
        花期は4~5月。花は黄色で直径1~1.5cm。花弁は5個。


ヘビイチゴ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_182973.jpg
        へびがいそうなところに生えるので、この名がついたといわれる。
        日当たりのよい湿った草地に多い多年草。
        4~5月、直径1.5~2cmの黄色の花が咲く。花弁は5個。


        気づいたら、いつの間にか先頭記事についていた広告が表示されなくなっていました。
        読みやすくなったでしょうか。

[PR]
by higirinikki | 2011-04-19 18:04 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 黄色い花   10.4.15   (ツルオドリコソウ、ノボロギク、ミツバツチグリ)

またまた(また?)冬の寒さに戻ってしまいました。なので今日も 「休養日」 でした。

暖かな13日の散策で見つけた 「黄色い花」 です。


ツルオドリコソウ   10.4.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/200,F8
e0070891_181970.jpg
        ヨーロッパ東部、アジア西部原産。ご覧のように斑の入った葉がきれいで、つるで伸びて地面を覆う。
        園芸種のはずですが、誰かが移植したのでしょうか園内某所で繁殖域を広げています。


ノボロギク   〃   〃   1/200,F8
e0070891_186890.jpg
e0070891_1862517.jpg
        ヨーロッパ原産の1年草。明治初めに帰化。葉はつやがあって柔らかく、シュンギクに似た形である。
        花は真冬にも咲き、一年中見られるが、冬から春にかけて咲いているのがよくめだつ。
        でも、今まで気にしていなかったのか、この日に初めて「発見」した気分です。


ミツバツチグリ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_18103052.jpg
        多年草。葉は三葉。花弁は5枚。 類似種のキジムシロは奇数羽状複葉。
[PR]
by higirinikki | 2010-04-15 18:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 畦の黄色い花   09.4.9   (ミツバツチグリ、タガラシ、ハハコグサ)

春全開です。夏のような陽気のもと、谷戸田の畦では黄色い花が盛りです。


ミツバツチグリ   09.4.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F8
e0070891_192593.jpg


タガラシ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1945734.jpg


ハハコグサ   〃   〃   1/350,F8
e0070891_1963233.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-04-09 19:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 青い花、黄色い花   08.5.3   (セリバヒエンソウ、コバノタツナミ、ミツバツチグリほか)

今日は「憲法記念日」ですが、改憲論議は以前ほど喧しくはなくなったようにみえます。
政局はそれどころではないからでしょう。
「閑話休題」・・あだしばなし、ではない大事なことですって?すみません。

きょうの雨はなかなか上がらず、散策はごぶさたしています。
出番を待っていた、28日の画像からです。


セリバヒエンソウ   08.4.28   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_18271815.jpg
        「古御堂谷戸」の園路際で咲いています。どうも、誰かが種子を蒔いたようです。


カラスムギ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_18331947.jpg
        「狐久保」の敷石道沿いには、毎年カラスムギが群生します。
        花が咲いていることに気づきました。イネの花が咲くのはまだ先ですね。


タツナミソウ → コバノタツナミ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_18342931.jpg
        小谷戸の里・事務所前の花壇で、ひっそりと咲き始めていました。


ミツバツチグリ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_1838566.jpg
        1番田んぼの流れの縁で黄色い花が群生していました。


「みずき休憩所」広場   〃   〃   1/45,F8
e0070891_18402793.jpg
        タンポポとスイバが群生しています。
        遠景は、向かいの丘の上のクリ畑と谷間の営農畑です。
[PR]
by higirinikki | 2008-05-03 18:54 | 舞岡公園の草木 | Comments(12)