タグ:ミツボシハマダラミバエ ( 2 ) タグの人気記事

■ 小さなハエの仲間   08.5.22   (ミツボシハマダラミバエ、ヒラヤマシマバエ、メスアカケバエ)

きのうの散策では「虫の目」が本領を発揮して、ごく小さなハエの仲間を見つけることができました。
ただ、強い風の吹く山陰の暗い葉の上にいたので、被写体ブレが見られ少しボケています。


ミツボシハマダラミバエ   08.5.22   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO800 1/8,F9.5
e0070891_1813344.jpg
        ハエ目 ミバエ科ハマダラミバエ亜科
        大きさ 6-7mm
        時 期 6-7月
        黒い明瞭な帯の入った翅を持つミバエの仲間で、翅を水平に広げて、葉の上をチョコマカ歩き回っていることが多い。

        写真の個体がハマダラミバエの一種であることは間違いないと思いますが、
        ミツボシハマダラミバエであるかどうかは自信がありません。


ヒラヤマシマバエ   〃   〃   1/4,F8
e0070891_18135237.jpg
        ハエ目 シマバエ科
        大きさ 3.5mm前後
        時 期 4-7月
        翅に黒紋のあるシマバエの仲間。


メスアカケバエ ♂   〃   〃   1/20,F8
e0070891_18141248.jpg
        ハエ目 ケバエ科
        大きさ 9-12mm
        時 期 3-5月
        黒色の翅をもつスマートなハエの仲間。
        メスの胸部は、鮮やかな朱色で光沢がある。オスの胸部は黒色。
e0070891_18143788.jpg
        これが名前の由来となっている♀です。目の形が違いますね。
[PR]
by higirinikki | 2008-05-23 18:29 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

ミツボシハマダラミバエ ほか  06.6.20

「ハエ、ハエ、カ、カ、カ、○○○○○○」の時期になった。
とはいえ、全部が人にとっての害虫ではない。草の上を虫の眼になって見ていると、5mm前後のごく小さなハエが奇妙な動きをしているのも目に入ってくる。今日は、そんな小さなハエ3種です。

ミツボシハマダラミバエ  06.5.30
e0070891_1975320.jpg
葉の上で翅を広げて片時も休まずチョコマカ動いている。

マダラアシナガバエ  06.6.4
e0070891_19113011.jpg
フラッシュを焚くと即座に反応して飛翔するのが面白くて何度も撮影するのだが、その都度どこへ行くかわからないのと、上空にいるのでピントが合いにくく、撮影は「でたとこ勝負」になる。

ヒラヤマシマバエ  06.6.6
e0070891_1916571.jpg
ひ弱そうな印象の可愛いハエです。
[PR]
by higirinikki | 2006-06-20 19:23 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)