タグ:ミヤコグサ ( 8 ) タグの人気記事

■ 作品展の合い間に (2)   12.5.23   (キリ、ウツギ、ミヤコグサ)

「きのうの3月の気温から一転して6月の蒸し暑さにかわる」という予報だったが、それほど暑くはならなかったようだ。

20日の作品展の合い間で撮った画像のつづきです。


キリ   12.5.20   FinePix F200mm 6.4-32mm ISO400 1/600,F4.6
e0070891_18442799.jpg
        もうだいぶ前から花をつけ始めている桐です。今が見頃かな?


ウツギ   〃   〃   1/320,F3.3
e0070891_18461338.jpg
        こちらは「蕾が膨らんできたな」と思っていたウツギ。
        気がついたら咲き始めている。「卯の花のにおう」季節になったということか。


ミヤコグサ   〃   〃   1/500,F3.3
e0070891_18484583.jpg
        「作品展」会場、妻の作品の裏側の花壇で咲き始めていることに気づく。
        ボタニカルアートの作者Naさんに「この花はミヤコグサですよね」と聞かれた。
[PR]
by higirinikki | 2012-05-23 18:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 黄色い花   11.5.13   (オヘビイチゴ、ミヤコグサ、ハハコグサ)

今日はまた梅雨のような陽気に。午前中は15日の「まい作品展」に出展する準備、午後は小谷戸の里のお仕事、散策する余裕はありませんでした。

10日の散策で見つけた「黄色い花」です。


オヘビイチゴ   11.5.10   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_2122949.jpg


ミヤコグサ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_21232934.jpg


ハハコグサ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_21244831.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-05-13 21:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小谷戸の里は初夏の風   10.5.27   (ミヤコグサ、ヤマハタザオ、コンニャク)

爽やかな初夏の青空が輝く午前中、野山では目新しい草花が。小谷戸の里の花々です。


ミヤコグサ   10.5.27   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/100,F8
e0070891_2161319.jpg


ヤマハタザオ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_2172725.jpg
e0070891_2173954.jpg


コンニャク   〃   〃   1/100,F8
e0070891_2184967.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-05-27 21:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 花   09.5.29   (ミヤコグサ、アカバナユウゲショウ、シャリンバイ)

今日も冷たい雨模様の一日でした。
23日に撮影した花です。 「日の丸」構図ですが、ご覧ください。


ミヤコグサ   09.5.23   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F4.5
e0070891_18155549.jpg


アカバナユウゲショウ   〃   〃    1/180,F8
e0070891_18175142.jpg


シャリンバイ   〃   〃   1/90,F8
e0070891_18192050.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-05-29 18:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 初夏の花   09.5.12   (ミヤコグサ、ユキノシタ、タツナミソウ)

午前中、大きな荷物を持って小谷戸の里に行った。手が塞がっているので、新しく求めたコンパクトデジカメをポケットに入れて。
28mmの広角接写を試みてみた。背景がボケないので、周囲の雰囲気がわかる。


ミヤコグサ   09.5.12   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/220,F3.3
e0070891_20223735.jpg
        小谷戸の里、事務所前の広庭の垣下にいつも咲く花です。


ユキノシタ   〃   〃 ISO200 1/350,F3.3
e0070891_20261516.jpg
        古民家裏の物置の横、日当たりのよくない所で咲いていました。


タツナミソウ   〃   〃   1/400,F3.3
e0070891_2028593.jpg
        小谷戸の里、炭焼き小屋の裏手の草の間に紫色の花が立ち上がっていました。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-12 20:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 新しい花   08.5.22   (ナワシロイチゴ、ミヤコグサ、ハルユキノシタ)

今日はいちだんと気温が上がり、初夏の気持ちよい一日でした。
今日の散策で見つけた「咲き始めの花」です。


ナワシロイチゴ   08.5.22   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F11
e0070891_2031373.jpg
        その名の通り、違わずこの季節に咲き始めました。
        「咲いた」と言われても、わかりにくい花の仕組みです。


ミヤコグサ   〃   〃   1/10,F8
e0070891_20363616.jpg
        小谷戸の里で毎年同じ場所で咲いています。このふたつだけが開花していました。


ハルユキノシタ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_20383325.jpg
        「上の上屋休憩所」前の流れの縁に、ハルユキノシタが群生していました。
        先日の大雨で、花が痛めつけられています。
        同じ花がわが家の裏庭で咲いているので、写真を代用します。
[PR]
by higirinikki | 2008-05-22 20:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

ミヤコグサと遺伝子研究  07.6.4

午後11時15分、帰宅。急いでアップしないと、6.4の記事が欠けてしまう。
5.28,31,6.2-3,4,とこの一週間は、楽しい会合・旅行が続いて、じっくりと「舞岡公園の自然」らしい記事が書けなかったきらいがあります。
今日は、東京都心への往復の電車内で読んでいた本と絡めての話題です。


ミヤコグサ   07.6.1   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8
e0070891_23312137.jpg
        先日とりあげたミヤコグサは、マメ科の植物です。
        ゴマのような黒い種子を莢に入れてつきます。花が2つ咲いていましたが、莢も2個、自己主張をしています。

        今、読んでいる本は、「植物の生存戦略 『じっとしているという知恵』 に学ぶ」 という標題の朝日選書の一書です。
        その一章、「根における共生のいとなみ」 で、空中窒素の固定法としての根粒バクテリアと植物との共生が紹介されています。
        そこで、ミヤコグサがマメ科のモデル植物として利用され、そのゲノムも解読が近いと期待されている、と紹介されていました。
        ゲノムのサイズが比較的小さく、世代交代が早くて実験室でも育てやすいので、
        最近はマメ科植物の遺伝子の働きや多様性を調べるかっこうのモデルとして、よく使われるようになった、とありました。

        このBlogを書くようになって、新しい植物を知るようになりました。
        この事例のように、本を読んでいて「あ、知ってる、知ってる」 と嬉しくなる経験を度々するようになりました。
        これも、公園散策の効果の一つなのでしょうね。
[PR]
by higirinikki | 2007-06-04 23:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

ドクダミとミヤコグサ、・・・  06.6.3

たくさんの虫を撮った日、花も綺麗に撮りたいものと、いつもよりレンズを開き気味に設定して撮影してみました。すこし雰囲気の違った写真になったのではないかと思います。
気に入った3点を紹介しましょう。

ドクダミ
e0070891_2063630.jpg
撮影データ 06.6.1 PENTAXistDs 100mm/macro ISO800 1/750,F5.6


ミヤコグサ
e0070891_2082935.jpg


トキワハゼ
e0070891_209144.jpg

[PR]
by higirinikki | 2006-06-03 20:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)